2016/08/20

ECサイト / アプリ / テストケース翻訳にでてきた、苦手な英語表現

以前働いていた職場でノートにまとめてあったことを記事化。

enter the amount
金額を入力する

私が最初この日本語をみたときに、まずはやぱり price とかがでてきました。でも、 amount が自然ですね。為替の金額とかになると price  になるのでややこしい・・。


支払元。。
この表現、帰国子女の同僚でもできていませんでした・・・。結局私がアマゾンなどの英語表現から探して訂正することに!!(笑)

payment method です。
元と書いているので、 source 的な表現を入れなければならないと思ったのですが、英語表現では method でいいようです。

進捗表
(test) progress schedule

iOS developer library というようなサイトを参考にしたりしていました。
https://developer.apple.com/library/content/navigation/

ここならネイティブが議論しているので、ネイティブ表現を真似したりできます。

再現手順
reproduction steps ●
reproduce steps ×

編集の競合
edit conflict

~のタイミングで
この表現では、 timing という単語は使いません。
when ~のとき
right time ~適切な時期
などに置き換える必要があると思いました。

提出予定日
これは、日本語では予定という言葉が入っているのですが、英語表現では予定を含めた言い回しがあまり見つからず、見つかったとしても日本人が書いた英語が多かったように思います。

submission date →ネイティブ表現
schedule date of submission →日本人英語に多く見られたもの

予定よりも早く終わる
finished ahead of schedule

思ったより早く
as early as expected
いざ翻訳すると、こういう表現がパッと出てこないのよね・・・。

切り替える
switch back to online
この表現はいつも思うのですが、この back を使えないのが非ネイティブの英語だと思います。 switch to online だけにする人が多いと思う。

true の反義語は false だと改めて実感。



権限という言い回しについて。

権限と聞くと、やはり私の中には権威を意味する authority が先行してしまう。けれども、権限にはいくつかの意味がある。

以下は国語辞書から抜粋

1 国家や公共団体が、法令の規定に基づいて職権を行うことのできる範囲。
2 代理人や法人の機関が、法律または契約に基づいてなしうる権能の範囲。
3 個人がその立場でもつ権利・権力の範囲。「君にはその―はない」「―を越える」

おそらく③でしょうか。こちらが permission と思われます。

アプリ権限と言いたい場合、
permissions となります。しかも複数形。これはスマホを英語表示に切り替えるとわかるのです…。日本語と英語の翻訳は高度だということがおわかりいただけますよね?

帰国子女でも間違うくらいなのですから・・・。

権利。これは rights です。 s がついています。そういう意味でも permissions には がつくのです。許可されたもの達=権限です。

またアクセス許可も access permission になります。こちらは一つの言葉としてなので s はいらない・・。

デグレ。という表現がよく出てきましたが、
これは日本人英語らしいのです。
正しくは regression test

例にとると、
taking it as an example,

権限を付与する
grant

付与する
って割り当てるだから、 allocate とかでもいいのかなと思ったら全然検索にでてこない。。
grant は子音を見てもらっても分かると思うのですが、 credo と同じ、信用という意味からきています。つまり付与する=信用を与えるというような感覚です。ラテン語が分かるとこれだけ理解力が深まる・・・。

文法でコロケーションとは何か?
コロケーションといえば、連語を意味します。
文法など決まりなく、ひとつの塊として存在するフレーズと覚えたらいいかもしれません。

out of 
other than
except (for)
apart from
besides

など、決まっちゃっているカタマリが連語ですw

なかなか覚えられなかった API という概念。
これをわかりやすく言うなら、発電所と家のコンセントをつなぐイメージらしいのです。発電所ってどこにある??

発電所  = power station 

空白を入れる
leave the field blank
これが分かりづらかったのですよね・・・。 enter blank space としてしまう人が多いと思います。

leave the space blank

遷移する
navigate 
これは進路をある方向に進めるという船を操縦しているようなイメージ。
proceed でもOKかな。。。?
私はただ go を使っていました。 go to the page みたいな。

1行に収まるように表示
displayed in one line
これ結構衝撃的な表現でした・・・。(笑)簡単なので意外とできなかったので。

任意の個所をタップする。
箇所???
spot, place, a part?
Tap on the spot??

こういうのはアイフォンなどの英語版マニュアルを読むしかないですね・・・。

thousand separatorいうものもあるそう・・・。1,000円の区切りコンマ事態意識したことなかったわ・・・。

日付表現が苦手。
By Friday, April 1st, 2016 at 1 pm...
これ難しいでしょ・・。

画面を表示したままにする
leave the page up
これもまた思いつかない表現だね。
up にはそのままにするという意味があるということ!これは思い出しづらい!

a set of test cases 一組の・・。これって日本語でもあまりつかないのだけど英語ではでてくるようですね。

元にもどす的な表現
restore the system to its original state
この its は苦手・・

それは実行されている
that's has been carried out.

優先順位に表示するのような言い方をしたい場合、
in order of priority 

~という条件で
under what conditions

~の時と同じだ。
the same as when ___

each wording → each of the wording 

in the latter half of the period
その期間の後半に、という表現・・難しすぎやん!

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

0 件のコメント: