2016/08/10

金融翻訳者(英語)になるためのメリット・需要・時給

金融翻訳者になるには、強い英語力があることはもちろん金融機関で働いていたり、その業界に詳しくないとなかなか入れないようです。ですが、証券外務員の資格(外務員資格試験)などを取得していれば、基礎がわかるので、とても入りやすい翻訳だと思います。


みずほ銀行本社 https://en.wikipedia.org/wiki/Otemachi_Tower

どんな仕事!?
日々変化するマーケットの最新情報をリアルタイムで翻訳!!


まず、何を訳すの?

①投資家向けのファンドレポート
②財務諸表
③決算報告書
④IR関連文書(アニュアルレポート、四半期レポート、事業報告書、有価証券報告書など)
⑤インベスターズ・ガイド
⑥CSRレポート
⑦目論見書
⑧契約書
⑨社内規定・コンプライアンス資料
⑩プレスリリース
⑪プレゼンテーション用資料
⑫社内マニュアル
⑬WEBコンテンツ など



三井住友銀行本店(丸の内)

クライアントは?

銀行、証券会社、投資会社、監査法人など、結構あるんですね。

財務諸表やアニュアルレポートなどの文書翻訳はあらゆる業種の企業でも発生するもの。

決算月に集中する!

9月、12月、3月はチャンスあり!!いろいろな一般企業から財務諸表やアニュアルレポートなどの翻訳依頼が発生する可能性は高いです!

なかなか金融翻訳の参考書ってないのですが、この本はアマゾンのレビューで6人とも5つ星をつけており、私は購入してしまいました。また、かなりのめりこんでいます!(主に電車の中で)



どんな人が向いている?

やはりこの金融業界に興味がなければ続けられる仕事ではないと思います。ですが、専門的にこの分野を理解している人も多くはないので、かなり重宝される仕事でもありそうです。

また、何かありましたら情報追加いたします…。

0 件のコメント: