2016/08/12

福原愛 vs 石川佳純の中国語力を比較。英語力は?

多くの外国語学習者の方々へ見ていただきたいこれらの動画。今回は、卓球界でもとっても話題な、福原愛さんと石川佳純さんをクローズアップしていきたいと思います。



こうやって二人が並ぶと、なんだかライバル感がうかがえますね。ですが、二人はとても仲が良いのだそう。お互い対照的らしく、それを高めあっているからこそいいプレーができるのだとか。(ネット情報)

さて、まずはお二人の動画を見てみたいと思います。普通の日本人でもこのくらい中国語が上達できるのだよー。って一目でわからせてくれる動画ですね。


福原愛さん

こちらは伝説の福原愛さんの動画です!!

え!?あなた中国人!?という実力。愛さんは中国ではとっても有名人。なんでしょう?小さいころから卓球をしていますし、中国人からしてみると、親しみを感じるのかもしれません。



ナゼか、アラブの人が英語を使って、中国人がそれを日本人の愛さんに、伝えるというまた不思議な場面。愛さんはそれほど英語ができないので、このように中国語を使って英語ができる中国人に通訳してもらっている感じではないでしょうか。

私もよくこのような場面にでくわすことがあります。

中国語を話すのがそれほど上手ではない私は中国語を聴いたら理解できるので、私が英語を話して英語がわかる中国人の友達が私に中国語で返答するというようなもの。

こういうの結構面白くて・・。

なんでしょう。別世界に移動したような(笑)

やはり、いつも思うのですが、中国語にも英語のようにプロソディがある感じがしますね。私は中国語の発音しか勉強していないので、中国人から発音はきれいと言われますが、中国語っぽくないと言われたりします。

私もこれくらいの動画を作成したいものですわ…(笑)

ちょっと話変わっちゃいますが、

愛ちゃんって台湾のイケメン王子と噂になっているらしいです!!キャーッ。。ずるーい!



イケメン過ぎません?アイちゃんもお化粧頑張ってるし…。オリンピック後に結婚するなんていう噂もどこかの記事で見かけました!

幸せになってほしいですね。ちなみに、台湾人の王子は江宏傑(ジャンホンジエ)さんという名前だそうです。お互い卓球を頑張ってきたもの同士、とても気が合うのでしょう。

ちなみに、彼氏の影響でしょうか?福原愛さんの中国語が最近台湾鉛になってきているらしく、中国本土からはブーイングが飛び交っているそうです。

もう帰ってくるな!!

そもそも福原愛さんのコーチは中国東北地方の出身で、愛さん自身もその東北訛りの中国語を話していたので中国大陸ではその田舎っぽさというか素朴さがピュアに映るらしく、人気の理由だったようです。

東北の人たちって素朴な感じしますもんね・・。なんていうかシンプル大好きみたいな。

さてさて、次は、この方。

石川佳純

以下は、石川佳純さん。

なにやら、中国語がかなり流ちょうな模様。



この人、いったい何者!?

とやはり思わせる中国語力。どうやら覚える秘訣は、私も同じだったのですが、日々中国人の友達とチャットすることだそうです。

しかも、こちらでは英語のインタビューに対して中国語で答えている。。。さっきの愛さんの動画のように。中国人の英中翻訳者を通じて、英語で言われたことに対して中国語で返している!やはり中国語が堪能なのであえて英語を話そうとしないのかもしれませんね。

また、卓球の世界で生きていこうと思ったら中国と自然と仲良くなっていくのかもしれません。それにしても、卓球の世界って、奥が深いですな!

一部、中国語が流ちょうな人から石川さんの英語より愛さんのほうが流暢!という声も聴きましたが、私はそのレベルまで到達していなく、そこまではわかりません。



スポーツできる人は語学も堪能は本当?

よくスポーツができる人は語学ができるって言いますけど、やはり私もそうだと思うんです。1日8時間ずっと机に向かって英語を勉強している人と、1日1時間だけ英語を勉強してあとは友達と話したり、スポーツしたりして脳を活性化させて記憶を定着させている人を毎日続けている人、ぜったいに後者のほうが伸びると思います。またスポーツは一種のコミュニケーションでもあるので、そういう瞬発力がスポーツ選手の言語運用能力を高めているのでしょう。

よく1日30分だけでも英語が伸びる!っていう本が出回っていますが、つまりそういうことなのでしょう。栄養もそうですが、外国語ももバランスよく勉強するのがよさそうですね。

中国語を覚えるのに最短の方法は?良書などある?

私はビジネスで中国語を使用した経験が2箇所であります。1つ目は日本の企業で働いていた時に中国に工場があったので現地の工場とのメールのやり取りをしていました。2つ目も日本の企業などですが、クライアントの80%が台湾だったので、その日本の会社に台湾専用の部署があり、そこのチームの半分くらいが台湾人だったので、現地の台湾工場とやり取りする場合にも台湾式中国語を使わなければならないという状態。

もちろん、中国に行くことで日本語を使わない期間を確保することができれば頭にどんどん入れていくことができます。ですが、恋人が中国人になると感情的にいろいろ言いたくなるので中国語が伸びたりもします。また本当に中国語が好きな場合、日本にいても友達はみんな中国人!っていう人もいたりして、そういう人は中国人しかやらないSNSとか、ブログ、またチャットアプリなどを楽しんで、完全に中国人になりきっている場合が多いです!

本当にやる気次第。気持ちの持ちよう次第で、福原愛さんや石川佳純さんのように流暢になれるはずです。

中国語は発音が難しいのですが、英語とは違い1つ1つを発音する言語でもあり、また大部分の日本語と中国語は同じ単語を使用しているので、頭に入りやすいです。実際に、中国語は日本人からすると、英語よりも覚える速度が速い言語ということは言うまでもありません。(日本が義務教育で英語をやっていない場合)

以下の画像をクリックするとアマゾンの詳細ページでレビューがご覧になれます



この中国語単語の本は、アマゾンでレビューが最も高い単語帳です。私はこの単語帳を2009年の上海就職前に1年間勉強していました。これはHSK(漢語水平試験)にも対応しています。また、この中にある単語が理解できると、90パーセント以上の中国語会話はできるようになります。

というのも、中国語会話に必要は単語数は1000単語とも言われていますから。(日常的な会話のことに限定して)

英語と同様、さまざまな民族が使っている言語でもあるので、共通語としての中国語を話す場合、たくさんの単語を使わなくてもいいのです。


二人の姿勢を見習うことの重要さ

このようにスポーツだけでなく、語学を磨くことにも熱心な二人を見習っていこうということで、今回この記事を作ってみました。私たちも語学もスポーツも堪能な福原愛さんや石川佳純の姿勢を見習っていきたいですね!

私も頑張らなきゃ・・(;´・ω・)

関連記事
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「フェイスブック会長兼CEO、マーク・ザッカーバーグは英語と中国語のバイリンガル?」

0 件のコメント: