2016/08/03

政界で知らない人はいない。突出した「緒方貞子」先生の英語力

近年、女性の力が求められていますが、その中でも私が印象的だった女性のひとりでもある緒方貞子先生とはどのような人なのか?とうことをシェアさせていただきたいと思います。

1927年うまれの緒方貞子先生は、あの世界の大富豪デイヴィッドロックフェラーよりも、10歳ほど若く、2016年現在88歳だそうです。



私は高校卒業したあたりから、ずっと海外青年協力隊員としてボランティア活動することに憧れをもっており、そのJICA理事長であった緒方貞子先生の存在は昔から知っていました。

緒方貞子先生の簡単な経歴

外交官・元フィンランド特命全権公使の中村豊一・恒子夫妻の長女として生まれる。

父の転勤で幼少期をアメリカ・サンフランシスコ、中国・広東省、香港などで過ごす。

聖心女子大学文学部英文科(現:英語英文学科英語英文学専攻)を卒業。

ジョージタウン大学およびカリフォルニア大学バークレー校の大学院で学び、政治学の博士号を取得

国際基督教大学准教授教授を歴任

国連公使
国際連合児童基金(UNICEF)執行理事会議長
国連人権委員会日本政府代表
第8代国連難民高等弁務官

アフガニスタン支援政府特別代表

国際協力機構(JICA)理事長

2002年、外務大臣田中真紀子の更迭時にはその後任に推す声もあったが、本人が固辞

2007年11月のデイヴィッド・ロックフェラー来日時には、回顧録出版記念パーティーの発起人を務めた。→あのロックフェラーともつながりがあるということですね。

これだけいろいろ経験されたのちに、個人的には、外務大臣を固辞しているだけですごいと思いますが、もし外務大臣をやっていたら、首相になっていたりして!?と想像してしまいました…。

政界では知らない人はいないほど、有名な人。まさに鉄の女?(笑)

こちらは、2012年の映像。4年前ですね。とても元気。



そもそも、緒方貞子先生の曾祖父は犬養毅氏

やはり誰が父なのか誰が祖父なのか?というのはその人の人生をも左右するものですね。
曾祖父(そうそふ)は、犬養毅。歴代内閣総理大臣でもあります。ひいじいさんが首相だったのですね。




緒方貞子先生の英語力はかなりのもの。

1994年の緒方貞子先生。今これだけ英語で外国の人たちに話しかけられる人がどれだけるのだろうか。最近、このような強い日本人女性を見ることが少なくなったのは気のせいか?それとも私が知らないだけなのかもしれない。



ますます世界で必要とされる日本人女性

この記事を書いていて思ったのは、やはり日本人女性が今後ますます活躍していく必要があるのだということ。今でも世界の平和や発展のために活躍している日本人は多いのですが、もっと多くの人がこの分野に耳を傾けていってもいいのかなと思います。

英語を学ぶということは、いろいろなことにつながっていくと思うので、決して無駄にはならない。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

「英語の上達方法」に戻る

0 件のコメント: