2016/08/23

宇宙(空間)を意味する space / universe の違いと語源の解説

よく、英文を読んでいると space という言葉がたびたび登場する。英語を学んだことのある誰もがスペースと聞けば、空間だと思うはずだ。

ウィキペディアで空間と検索してみて、英語表示に切り替えてもきちんと space というページに移動する。

また宇宙というウィキペディアのページをみても、英語に切り替えたらきちんと universe という英語のページに切り替わる。

宇宙 = universe
空間 = space

これは誰もが知っているセットではないでしょうか?


http://ancientexplorers.com/blog/discovery-of-the-largest-structure-in-the-universe/

まず、漢字で表記した宇宙というのは、日本語、中国語、韓国語で使われています。中国語では yuzhou 韓国語でも、日本語や中国語と同じ宇宙の韓国語読み。

まず、英語の前にこの漢字の成り立ちを私は漢字源で調べてみました。

簡単に解説しますと、宇宙。という二つの漢字は宇は丸い屋根を表し、宙は船の屋根との説明がありました。一説によると、空間の屋根と時間の屋根との解説もあるらしいのですが根拠はありません。

一方、英語の universe とは、 uni がすべてに共通する verse は曲がったりするという意味なので、すべてに共通するということは、地球も宇宙空間も、ほかの惑星も、この私たちが生きる空間、時間もひっくるめたものを universe というわけです。誰もが知っている言葉でいえば、ユニフォームではないでしょうか?ユニフォームはみんなが着る同じものというので共通の概念があると思います。

一方、 space というのは、 outer spaceinner space にわけることができます。

inner space が大気圏(内)、精神世界という意味になり、
outer space が私たちが暮らしている地球やほかの惑星の空間以外の空間。つまり、地球の大気圏を出たところにある宇宙空間のことです。簡単に言うと、宇宙空間と覚えたほうがいいかもしれません。

inner space outer space も 時間も全部ビックバンで誕生したこの世のものをひっくるめたものを universe といいます。この中にはもちろん肉眼では見られない菌などもすべてひっくるめたこの世に存在するという意味です。



university とか universal studio japan とか色々なところにユニバースって使われていますよね。日本語でかっこよく言えば万国共通みたいなイメージかもしれません。すべてに通ずるみたいな。

私の勘ですが、 university は大学です、なぜ universe が大学に使用されているのかというと、すべてのことを学べるという意味ではないでしょうか?いろいろな学科でいろいろなお勉強をできるからとか?(笑)

こんな記事もオススメです。
「entire / whole / all 意味の違い」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

0 件のコメント: