新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

マルチリンガール(よこいりょうこ)のプロフィール





①MULTILINGIRL♪ ってどんなブログ?

得意な外国語を生かしつつ、世界の情報をかき集めて自分の知識にしていきたいという気持ちからこのブログは始まりました。

2015年くらいから書き始めたこのブログ。最初は、違うブログなどをいくつか作っていたのですが、管理が大変になったため、いくつかのブログを統合。多趣味なため、なんでも書きたいのが本音なので・・。結果、いろんなものがごちゃ混ぜのなんでも書きます!ブログになりました。( ´艸`)

特に私は世界情勢について調べるのが好きなので、海外の情報を記事にしているものが多いです。王室系、人種系など、人のことを調べるのが好きです。また生活、起業のノウハウなども収集しています。

また私が好きなユーチューバーや、ブロガーなどの情報もどんどん積極的に発信して連携していきたいと思っています。

以下の記事も参考になります。

②マルチリンガールの簡単な経歴


北海道出身。実家の裏には牧場が広がっています。( ´艸`)

高校生のとき、
韓国
オーストラリア
グアム
に行ったことがキッカケに世界観が広がる。

高校卒業後、上京。

当時の私には海外青年協力隊員になって発展途上国で、何かしらの貢献がしたいという気持ちがあり、当時まったく持ち合わせていなかった英語力を鍛えるために、英語の本場イギリスに行きたいと思っていました。

そのため上京後も様々なアルバイトを経験しながらお金を貯める。

結局、私は英語圏で英語を学ぶ前に、中国へ何度も足を運ぶことになります。それは、言語学習という名目でしたが、実際のところ中国に対する強い好奇心と、知らない世界を発見するという楽しさからでした。当時2008年北京オリンピックの2年前だったこともあり、中国上海の活気はものすごかった。

20歳だったあの頃の私は、日本で同年代と話すよりも、中国で私と同年代の人と話すほうが楽しくて仕方がなかった。また、将来、東京に代わる私の新しい居場所がほしいと思って何度も上海に足を運んだのです。

「恋と喧嘩、トラブル、そして中国語。私を変えた "中国(上海)"」

その後、イギリスでのワーキングホリデーを諦め、ニューヨークに1週間ほど滞在しました。私が見たかったもの、それは大都会ニューヨークでの人々のライフスタイルだった。

その後、妥協したカナダでのワーキングホリデーを過ごすために、トロントへ移動。そこで数ヵ月すごす。

当時、英語ができない私にとってトロントで働ける職場といえば、日本料理店くらいでした。これでは、英語を学びながら過ごすのは難しいと判断し、帰国することを決意。

その際、バスでアメリカ大陸を横断。(トロントーロサンゼルス)

カナダから日本(東京)に戻ってきた私は、今まで海外に住むということが夢だったため、目標というものが全く分からなくなり、先のことがみえなくなってしまったのです。

そんな中、数年間働くだけの生活。また、日本語教師になるための通信講座を受講していました。

私には世界の大都市を回ってみるという夢もあり、アルバイトをしながら、今度はロンドン・パリへ行くことになります。

日本でのアルバイト生活も続くはずがなく、上海に住んでいる友達に、来ないか?と誘われ日本大学の通信教育をとりながら、上海に移住するが、仕事がみつからず、またもや帰国。

「上海に移住を試みるが、就職できず帰国。その後、神戸に滞在」

日本に帰国後、今度はアメリカ人女性の友達に一緒に住もうと誘われ、その気になってニューヨークにまた行ってしまったこともある。

結局、自分自身が変わらないと何も変わらないことに気づいたため、何か続けられるものの一つとしてペスクタリアンになることを決意。

「お魚も食べれるベジタリアン?私が【ペスクタリアン】に拘る理由」

その後、中国と韓国で日本語教師としての経験を積む。

しかし大学に入りたいという夢があったため、日本に一旦帰国。国からの給付金を頼りに、数ヵ月ほど横浜の職業訓練校に通いながら貿易やマーケティングや簿記、また自分自身の進学のために朝鮮語を猛勉強する。

「高麗大学校(韓国語学堂)に入学」

その後、ソウルにある高麗大学校の語学堂で朝鮮語を学ぶ。そのまま韓国の地方都市にある国立大学で英語英文科に入学。

「韓国、大田(テジョン)の忠南大学校で過ごした約1年間」

その後、経済的な理由から、学業を続けることが困難になり今持っている英語力を生かして日本で働くことを決意。そして派遣社員として数多くの現場で英語を使用することになります。

医療
IT
証券
貿易
と、
いろいろな現場で働いてきたのですが、その中でも私が関わっていきたい分野が医療だということに気づくことができ、この医療業界、特に医薬品翻訳のほうの分野で活躍していきたいという気持ちが強くなりました。

が、現在はブログや英語のメンターなどで生計を立てているため、翻訳はたまにする程度になっています。現在、いくつかの収入の水路を構築中。


③で、あんた本当に多言語話者のマルチリンガルなの!?
こちらの動画は、アミューズのオーディションに提出するために、練習中の動画です。5言語を操っています。→改良して8言語くらいにしたい・・



「アミューズのマルチリンガル・オーディションに向けて練習中」

以下は私の外国語に対する理解度を表にしたものです。

日本語 →母語
英語→仕事で翻訳ができる程度
中国語→文章を読むことができ、発音を理解している。旅行やチャットで困らない程度。
韓国語→日常会話で、中国語より劣るが韓国人と交流できる程度。
アラビア語→読める、辞書があれば解読できる。スピーチを覚えて話すことができる。

なぜ、フランス語、スペイン語、ドイツ語のような人気言語は話せないの?

というのも、私は言語における語源が好きなので、どうしてもフランス語やスペイン語、ドイツ語のような英語と同じ言語系統であるインド・ヨーロッパ語族の外国語を勉強すると、あまり続かないっていうのがあります。面白みを感じないというか・・。

そのため私がメインで学習しているほとんどの言語は、言語系統が違います。

日本語=日本語族
英語=インド・ヨーロッパ語族
アラビア語=アフロ・アジア語族
中国語=シナ・チベット語族
朝鮮語=朝鮮語族




フランス語・スペイン語・ドイツ語も読める程度、または発音などができる程度に勉強はしていますが、

フランス語のありがとう= Merci
スペイン語のありがとう= Gracias
ドイツ語のありがとう= Danke

からみてもわかるように、すべて実はこの単語は英語の中にはあります。

merci = mercy慈悲,情け,容赦の意味。聖書に出てくるような言葉です)
gracias = grace (神の恩寵。やはりこれも聖書に出てくるような言葉)
danke = thank (ドイツ語はフランス語よりも日常会話において英語に似ているといわれている)

やはり、面白みを感じないのです。。。

④性別不詳ってどういうことですか!?
フェイスブックで私と繋がっている人の中にも、私が女性だと思い込んでいる人も多いようです。

詳しくは以下に書いているのですが、
「性別不詳!?マルチリンガール(よこいりょうこ)は男ですか?」

簡単に言ってしまうと、私が自分自身のことを女性だと気づいたのは、25歳を超えてからでした。今までは男性のまま男性を愛していましたが、その男性のまま男性を愛するということに疑問を感じ始めたのです。

また過去のことを色々振り返る時間を20代に持つことによって感じたのは、性別は男性であっても、ジェンダーは女性なのだと自分で認識し始めたことです。

その気づきによって、今までよりも自分自身に素直になることもでき、このブログのコンセプトも自分に素直になったことによって得ることができました。

⑤東南アジア人疑惑とか、在日韓国人疑惑がありますが・・・!?
最近、フェイスブックでたまに中傷も受ける私。それだけ顔を覚えてもらっているということで感謝はしているのです( ´艸`)

特に、この人いつも、日本ディスるようなネタかいてるけど、在日韓国人じゃないわよね?とか、そういう類のものですが…。(笑)

ま、小学生のころってよくそういう、人のことをバカにするじゃないけど、からかうようなことってよくあったので、昔を思い出すくらいにしか私は思わないんですけどね・・。

で、そのことについては以下の記事に詳しく書いてありますので、ご興味があれば、読んでみてください。

「よこいりょうこは、在日朝鮮人ですか?なぜ、韓国語を流暢に話せる?」


好奇心の強さが私の人生を変えた


日本から出たい。

と今まで何度も思ってきた私。そういう気持ちが私を海外へ連れていってくれました。もし私が高校卒業後に大学へ進学していたら…。この人生はなかった。

自分でお金を貯めて自分で知らない国に行く。そんなことができる日本で私は生まれ育った。

もし私が北朝鮮人だったら…。
もし私が戒律が厳しい一部のイスラム国家で生まれていたのなら…。
もしインターネットがこの世になかったのなら…。

これは不可能だったはずです。

20代前半はとにかくあまり何も考えずに海外へ旅行に行ったり、海外で仕事してみたり、時には海外で恋愛したり…。

そんなは私はこれといって自慢できるものも、特技も何もありませんでした。ただ唯一、可能性のあるものとすれば、20歳から何度も中断したけれども続いてきた英語。

私には英語しかなかったのです。もし英語がなかったら、したくもない仕事をずっと続けていたと思う。そして自分らしく生きていくことはできなかったのではないか?

そんな英語を韓国で数年間、貧乏生活に耐えながら頑張ってきました。

そして韓国留学を終え日本で本格的に仕事をしようと思ったころ、NCC綜合英語学院というカリスマ英語講師の面接に通過し、採用されたが辞退。その後、私はますます自分の英語に対する自信を持つようになりました。

で、英語を使用した業務をなんでもやってみたいという気持ちになります。そして、私は英語だけではなく、さまざまな分野に興味を持ち始めました。

たとえば、英語の語源を勉強してからは、世界史、特にあらゆる宗教を勉強してみたり、金融、医薬、貿易、コンピュータ。今まで仕事でかかわってきたすべてのことに興味を持ち、また勉強の楽しさを知り、今はプログラミングの勉強を通して、1番苦手だった数学にチャレンジ。

高校の時は数学が全然わからなくて、いつも白紙だったレベルです。(笑)

私は今後もこのブログを通じていろいろなことを学習していきたい。

そんな気持でいつもブログを書いています。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」

マルチリンガール(よこいりょうこ)のプロフィール マルチリンガール(よこいりょうこ)のプロフィール Reviewed by よこいりょうこ on 5月 27, 2017 Rating: 5
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.