2016/10/09

オマーンのタイムール国王と結婚していた日本人女性、大山清子とは?



あまりというか、ほとんど知られていない情報を書いてみたいと思います。

この方は、オマーンの王族。と言うか、オマーンの国王だった人。しかも、日本人女性と結婚しているという情報を入手いたしました(笑)っていっても、ネットサーフィンしていたら、たまたま見かけただけなんだけどね?…

でも、このウィキペディアの情報をよくみると、

https://en.wikipedia.org/wiki/Taimur_bin_Feisal

spouse のところに、 6 wives と書いていあるので、6人の妻がいたということですね。そのうちの一人が日本人ってことか・・・。と今やっと頷けました(笑)


(ウィキペディアでのアラビア語版の記述)

この縁でタイムール国王は退位後の昭和10(1935)年に来日し、翌年再來日して日本人の大山清子さんと結婚して4年間を神戸で過ごした。

という記述が、

オマーンと日本-知られざる友好の歴史

に記載されていますが、

一国の王族が神戸で4年も過ごしていたなんてびっくりですね。



タイムール国王は見ての通り堀が深い。

大山清子さんは、堀すらないようなお顔。

是非、お子さんを見てみたいものです。(笑)

あまり長々と書けませんでしたが、レア情報だったので、すぐに記事にしたく、書いてみました!

こんな文献も英語でみつけました。オマーン大使館のHPからです。
http://www.oman.emb-japan.go.jp/public_diplomacy/141113%2015%20Reasons%20Why%20I%20love%20Oman%20from%20the%20Ambassador%20of%20Japan.pdf

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

0 件のコメント: