2016/10/17

日本とヨーロッパの恋愛観や人生観が全く違う件

私は最近思うことがある。ヨーロッパなどに比べると、東アジアの国々、つまり中国、韓国、日本などは同じようなものだと思う時がある。

韓国に住んでいた時に感じたこと。また、韓国人も口をそろえて言うこと。それは韓国人は恋人を探すとき、身長や外見をとても大切にするということ。もちろんすべての韓国人がそういうわけではないのですが、社会の風潮みたいなものとして、そういう風に言われている。

それは韓国語の歌詞にも出てくる。

たとえば、男性歌手の歌詞に、お前の背が低くても気にしない。

日本なら、こんなセリフはでてこないだろう。

私が韓国で暮らしていた時、日本のほうがもっと個人を尊重するのではないか?と思った。それは芸能人という小さな集団をみていてもわかるように、

不釣り合いのようなカップルが誕生することがあるからだ。

韓国は小さい。北海道とあまり変わらない面積に5000万人も住んでいる。そして、一部の大企業が国のGDPの何割を稼いでいるような国。つまり、関東甲信越と韓国を同じようなものだと考えると一番いいかもしれない。スタンダードが一つしかなく、

また、狭い社会なのです。

この記事で私が書きたかったことはここからです。

つまり、一言でいうと、


(パリの公園でのカップル。パリって、東京のようにごちゃごちゃにビルが乱立していなく、同じ高さのビルが計画的にまっすぐ。しかも、その間には公園がたくさんある。憧れます・・・)


公園で何時間過ごしても飽きないような人と付き合いなさい。ってこと。

って、あんた自分に言ってるの?

はい、そうです。

私はこれからはこの基準で恋人を探すことにします!

最近、ニュース記事を読み漁っていたら、フランス人の価値観について書かれているコラムをみつけて、そのコラムの中に、

さっきの文言が書かれていたんです。私は、あ、この感覚忘れてた!とついうれしくなりました。

カナダに住んだこともある私は、フランス人の感覚がわからないでもない。たとえば、日本人のようにフランス人の学生は街を出歩くときにお金をたくさん持って歩かない。とか、

洋服を日本人のようにたくさん買わない。自分に似合ったものだけを身に着ける。

日本では高層マンションにあこがれ、パリでは古いアパートをリフォームしたものに価値がある。など。ま、日本で高層マンションが人気なのは地震のときに安全という面もありますが!

日本に住んでいると、日本の常識が当たり前になってくる。私はこれが一番怖いのです。なぜなら、日本には国際都市がない。

ロンドンやニューヨーク、パリなどのように、外国人の数が多いような都市は日本には存在しない。これが日本に住んでいて居心地が悪い原因かもしれない。

想像してみるといいです。たとえば六本木ってヨーロッパ系の人たちが多いと思いますが、東京に六本木があと10くらい点在していたら…。

かなり人々の価値観は多様した不思議な東京になっていることでしょう。

パリには旅行にしか行ったことがない私ですが、パリやベルリンなどの外国人の比率が多い都市って、小さいころからいろいろな人種を見てきているせいか、

男性だからこうするべき。女性だからこうするべき。みたいな日本人にいまだに残っている古い感覚がないのだと思うのです。

日本って韓国人を、見下したりしているけれども、実際は日本もそういう古い体質に関しては他の国から見下されているのではないかな?とまで思う。(これは日本にずっと住んでいるとわからない感覚かもしれないですが・・・)

日本って科学技術などが進歩しても、国民のメンタリティは全く変わっていない。これはまた面白いですよね。

いつからか日本は経済だけよければ素晴らしい。と思うようになってしまったのではないかと思う。

人生は経済だけではない。ということを日本よりも先に産業革命がおこったヨーロッパ人は知っている。なので経済よりも生活の質に関する改革をヨーロッパは現在進行中。けれども日本はまだ出遅れている感がある。

働きすぎということもそれが原因。お客様は神様だから、残業をせざるを得ないという風潮。またそれを誇らしげに思っている日本。日本のおもてなし精神が世界で一番素晴らしいと思っている。

けれどもそのおもてなし精神のすべてが本当のおもてなしとも限らない。ドイツはこの点で全く違う、

ドイツなら、お客様さまも提供する側も対等。だから残業なんてしなく、ドイツ人のほうが年間労働時間も日本人に比べて少ないのにも関わらずドイツ人のほうが稼いでる。

日本では残業したら頑張っているみたいな風潮がある。

その間にドイツ人は残業はせず決められた時間にパフォーマンスを発揮してきっちり働いて休むときは休む。また有給休暇などもきっちりすべて取る!海外旅行に行って、家族と過ごす!

ライフワークバランスというのをドイツは40年前ほどから国をあげて築き上げたそうです。
https://de.wikipedia.org/wiki/Work-Life-Balance

話は戻って、やはり恋人を探す基準は、一緒に公園で何時間過ごしても飽きない人でしょう。(笑)
私が書きたかったのはこの部分なのですが、いろいろと脱線してしまいました。

なんとなく、私が思っていることを書いてみましたが・・・。

確か、この本の著者が、公園についてのことを書いていたような気がします。画像をクリックすると、アマゾンのレビューなども見れますので、確認する価値はあるかもしれません。

  

なんか、年をとっても、美しい人って、男女ともにやはり外見も、精神的な部分でも努力していて、自立している感がありますね。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

0 件のコメント: