多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

フランス語単語増強ノート①

mauvaise (mɔvɛ, ɛz) → bad の意味だそうです。

mine (min) →顔色などを意味する。英語で言えば、 looks の look というような感じだろうか?どうしても、最初みたときに、英語の "mine" だと認識してしまいました・・。

trop (tʀo) →英語では too (too much の意味での) と同じようなニュアンスです。

hier (jɛʀ) →通常、フランス語では h の音は発音されない。そして、 i の音が、 j イェのような音になることが多い。このフランス語の読み方に慣れていれば、これがイェルのような発音になるということが分かる。 "yesterday" の yester の同源ではないか?と推察。

gueule œl) 英語では、 mouth の意味。なかなか英語と単語が違いますね!?(笑) こういうところを克服するのが楽しい・・。

動詞の変化形は置いといて、私はまずフランス語の単語力を増強するところから始めようと思います。

avoir l'air →この形で looks (動詞) ~のように見えるという意味を表すことができる。そもそもフランス語でも英語でも、空気は同じ air です。ということはこの空気という概念が、~のように見える。という意味を作っているということか・・。

rédiger → draft up のような意味。語源はラテン語。


(写真はマルセイユの景色。。)

alors  then とかの意味。フランス語によくでてくる・・

Allez  → 英語でいえば go の変化形ですが、さあ!とかそういう意味に使われています。

seulement (sœlmɑ̃) → まだ。と言う意味。ソルマーと言う風にまずはカタカナで覚えておいたほうがいいかもしれない。souvent と似ている・・

billet (bijɛ) →フランス語では、 l とつづるときに、j イェの音になるときがあります。英語のようにエルの音で発音しないのがポイント。 bill は英語の紙幣という意味をあらわすように紙のことに使います。たとえば、チケットなど。



(この会話本といつも電車の中で戦っていますw)

s'il vous plaît というフランス語でよく使う言い回しがありますが、

s'il=si+il だそうです。また、 plaît は、please の意味。よって、 s’il vous plaît = si il plaît vous = if it pleases you になるのだそうです。もし、あなたを喜ばせるのならが直訳?それが、実際の意味では、お願いします。みたいな意味になるのかしら。

voilà (vwala) これは英語では there is と同じような意味があります。となると、 i l ya はどういう意味なの?両者は何が違うの?となりそうですよね・・。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1035909040

この解説によると、
voilà は、目の前にあるもののことについていうそうです! here it is のような感じ。

demain (d(ə)mɛ̃)
明日の意味です・・。どうしても英語で分野を意味する domain にしか見えなかった・・。

bisou (bizu)
キスの意味です。フランス語ではキスのことをビズと言うのですね!

bout (bu)
英語の、bit の全く同じようなニュアンスです。

From Middle French, from Old French bout ‎(“a blow”), derivative of bouter ‎(“to strike”), of Germanic origin. More at bouter. 

couloir (kulwaʀ) → corridor の意味。英語とフランス語って似ているので逆に困惑してしまいそう・・。

勉強していて思ったのですが、こういう風に困惑してしまうため、もしかしたらフランス語を学ぶよりも、全く違うインドネシア語とかにしたほうがいいかも?と思い・・。

フランス語はそんなに話せなくても読み物を楽し目ればいいと思っています。

tout → all のような意味。読み方はOK..

apporter (apɔʀte) → bring の意味。

このペースでやっていると、1カ月である程度覚えようと思ったものが、おそらく3ヶ月は必要なのではないか?と思い始めてきました。(笑) 

suite (sɥit) は、 rest の意味です。。

copine (kɔpin) →コピーかと思ってしまいました!英語のコンパニオンと同じで連れの意味です。恋人などに使うようです。ちなみに、これは女性。最後が e で終わっているので。

allez-y →英語で言うと go for it のような感じだそうです。 y なのが気になる。。 y は場所を意味するときの、それ。を表します。よって、 go there というような英語にするとすれば、どうぞ!お先にどうぞ!のような意味にもなりますよね!!

laisser (lese) → let と同じ意味で、許可表現によく使う。

sortie (sɔʀti) これは英語で言う exit です。



こうやって写真でみれば、一気に覚えちゃうかも( ´艸`)実際にこの場所には行ったことないけど、行った気になって・・w

souvent  よく。 often / frequently の意味ですね。

prendre (pʀɑ̃dʀ)
これで飲むとかの意味を表すことができる。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
フランス語単語増強ノート① フランス語単語増強ノート① Reviewed by よこいりょうこ on 11月 28, 2016 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.