2016/11/04

sheet / shit / sit / seat / set の微妙な発音の違いを解説

この二つの単語を同じ発音だと思い込んでいる人が多いと思います。まずこの二つの単語は、イーと伸ばすことで共通しています。

sheet [ʃit]


ですが、①が日本語のシートに近い音なのに対して、

seat [sit]


②はスィートと発音するような感じです。 sweet のようには発音しないでください。なぜならこの場合、スウィートというように、ウの音が入ってしまうからです。

どちらも、日本語のカタカナで発音できる音です。ですが、やはり①は sh の音なので日本語のシではなく、子供に、

シーッっていうとき、舌を後ろに置いたまま発音するような感覚で発します。

以下の③④⑤は伸ばしません。

shit [ʃɪt]



英語の sh の音は日本語のシの音で対応できます。中国語の sh のように舌を後ろにしたまま発音するような音ではありません。ですが、気持ち舌を後ろに置きながら、 sh らしい音を出して、シットとセットの間で発音するように心がけてください。

sit [sɪt]
この音は、
set ととても似ているということはよく知られていません。シットではないのです。スィットに近いのですが、スィットとセットの中間の音と言えばわかりやすいでしょうか?



set [sɛt] 
セットとサットの間の音。これがなかなか難しいのですよ!?



こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

0 件のコメント: