新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

フランスで最も話されている外国語は、ドイツ語?アラビア語?



私の大好きなフランス24

このニュースはアラビア語でも放送しています。面白いことに、

北アフリカを中心とする

モロッコ
チュニジア
エジプト
レバノン
など、中東の多くの地域でフランス語を話す人が多く、中東とフランスとのつながりはかなり強固なものになっています。

一方で、フランスでは新しい政党が台頭し、移民を排除しようとする動きもでています。けれども、実際にフランスには多くの移民が住んでおり、またその中でも、アラビア語を話す移民が多い。

この動画を見ていると、まるでフランスがアラビア語の国家になってしまったような錯覚を受けてしまう。(笑)

また、それもそれで面白いのですが・・。



この動画、たまたま見つけたもので、トランスジェンダーの人が出ています。いつも思うのですが、中東の人はお化粧がとても上手ですよね。もともとがいいからかな?…

https://en.wikipedia.org/wiki/Languages_of_France

こちらのソースによると、隣国のドイツ語を話す人が90万人~100万人いるとされていて、アラビア語もドイツ語を話す人と同じくらいの人口がいることを示しています。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
フランスで最も話されている外国語は、ドイツ語?アラビア語? フランスで最も話されている外国語は、ドイツ語?アラビア語? Reviewed by よこいりょうこ on 12月 25, 2016 Rating: 5

1 件のコメント:

rimrom789 さんのコメント...

かっての植民地化政策の影響もあるんでしょうね。

ところで、第二外国語って・・・大学で習得する単位しか知りません。
公用語に関連とかかな?

multilingualさん
楽しいお正月と素晴らしい来年を過ごせますように。

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.