多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

明らかな。を英語で? clear / obvious / apparent / evidence / plain / manifest / distinct 意味の違いと語源




①clear
雨雲が消えていくような感じ。片付いたような、クリアになったような感覚で、これがもっとも基本的な言葉。

②obvious 
これを連発する人もいますが、この意味をイメージできない人が多いように思います。ob は、 against とか in front of の意味があります。
ここでの意味は、in front of でしょう。そして、vious の部分が、 via ~経由でという意味でも使える単語です。そもそもこの単語の語源は、 way 
w
③way は道と認識している人が多いですが、 weigh 体重を量るなどの意味ともつながっています。
way weigh は発音が同じだけではなく、語源も同じなのです。ちなみに、 too ~すぎる!の強調バージョンとして、 way too という表現がありますが、この way  はまさに重さがかかっているイメージです。

つまり、話は戻りますが、道の目の前に何かあるくらい、明白という意味で使われるようです。

④apparent
こちらは、appearance, appear など、物が現れるという意味からきていますよね。物理的に見える。そんなくらい明白というような意味になります。

⑤evidence

こちらはフォーマル感がある単語ですが、 vidence の部分は、 visual のことです。つまり、目に見えるくらい明らかなことなのよ?と言いたいときに使ってください。

⑥plain
この単語は、水平などの意味が本来の言葉です。例えば飛行機の plane も同じ語源です。水平に何もないようなイメージ。質素というような意味にもなるのは、このためです。派手ではなく、水平に何か広がったように何もないシンプルな感じ。カーテンに色がついていないときも、plain というような単語を使うことができます。

Could you speak in plain English? といえば、ただたんに simple English だけではなく、簡単な言葉を使ってハッキリ話してくれますか?のような言い方もできます。

ここまでの単語は、英英辞書の OXFORD3000辞書でも、同じように使うことができると説明されています。

http://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/american_english/obvious?q=obvious

が、用法などには若干の違いがあるようです。

⑦manifest
これは、manual 手+-festus "struck" 手で打つというような意味になりますね・・。語源的に解釈すると、手で感じられるほど明らかな。というイメージです。

またフォーマル感のある言葉です。つまりフランス語っぽい感じがあり、かっこよい印象を与えることができます。

⑧distinct 
distinguish 区別するの形容詞でもありますが、他のものと比べて、明らかに違うということを識別することができる。という意味です。知覚で識別できるという意味合いがあるようです。

His voice was quiet but every word was distinct.

彼の声は小さかったけど、すべての単語は明瞭だった。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」



明らかな。を英語で? clear / obvious / apparent / evidence / plain / manifest / distinct 意味の違いと語源 明らかな。を英語で? clear / obvious / apparent / evidence / plain / manifest / distinct 意味の違いと語源 Reviewed by よこいりょうこ on 12月 04, 2016 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.