多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

アミューズのマルチリンガル・オーディションに向けて練習中

ここ最近、ずっとマルチリンガル・オーディションに向けて練習の日々です。私はもともと話す内容を覚えるのが得意ではなかったのですが、年齢が増すとともになぜか覚えるのが容易になってきました。

韓国の大学の授業の時、3分くらいのスピーチがあり、それを暗記したのを思い出します。それ以前は、暗記をすること自体、意味のないこと。などと勝手に思っていた私です。

実際に動画を撮影するとき、その場で思いついたことを言おうと思うと、あーとかうーとかで、スムーズに話を進めることができないと思います。ある程度、ここでは何を言うという風に決めなければならない。



ましてや、マルチリンガル・オーディションでは3分間のうちに、外国語力とマルチリンガル・アーティストとして活躍することに対しての熱意を伝えなければならない。

ただでさえ、日本語も含めた5か国語を話すのは簡単なことではないのに、それを3分間で途切れずに、戸惑わずに、熱意を伝える。

これができたら、今年の私の目標は達成できたことにしよう。(笑)

私が実際に、この妹から勧められたマルチリンガル・タレントのオーディションに応募しようと思ったのは、マルチリンガールになって2年経ったこのキリのよい時点で、

みんなに公開できるような5か国語の動画を作り、それで2016年を終わらせたかったからです。

なので、タレントに受かるとは思っていませんが、挑戦はしてみたい。という気持ちで動いています。性別不詳の私が何ができるのか?

そういうことを動画では語っています。

私はこの動画の最後のほうで英語で1分ほど語っているのですが、その内容を簡単に日本語で書くと、


(こちらはマルチリンガル・オーディションの動画・・・)

私は、日本が好きです。そして日本人であることを誇りに思っています。なので私は世界中の人々と、私たちの生き方についての重要なアスペクトを共有したいのです。そして日本の人々に、外の世界について発信していきたい。

特にセクシャルマイノリティやハンディキャップを持った人たちという、スポットライトがあたらない人たちの話題について語りたいのです。彼らがどのように生きているのか?など。

言語学習や多文化を通して異なる視点で物事を見ることによって、他人を励ますことができるような人になりたい。そうすることで、私は世界を少し良くすることができると思う。

と言う風に書きました。



私は、オーディションだからと言って、自分を作ることなく、本音で語ることにしました。なぜなら、自分が考えていないことを言っても、それは本当の自分ではないからです。今回のオーディションでどのような人をあちら側が探しているのかはわかりませんが、私は性別不詳というマイノリティでありたい。そして、今後も言語学習をとおして、スポットの当たらない世界を発信し続けたい。その気持ちは変わらず、またブログで少しでもそのことができていることに喜びでいっぱいです。

この内容を最初書き下ろしたとき、やっぱりオーディションでこんなこと書いたらどうだろうか・・とも思ったりもしましたが、やはりこの内容ではないと熱意をもってカメラの前で話せないと思ったのです。

今年悔いの残らないように、練習に練習を重ねてみます(^^)/


このように練習を重ねて、うまくいけばアミューズに提出するつもりです!( ´艸`)

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

アミューズのマルチリンガル・オーディションに向けて練習中 アミューズのマルチリンガル・オーディションに向けて練習中 Reviewed by よこいりょうこ on 12月 03, 2016 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.