もう働かなくていい?フィンランドで試験的に開始されたベーシックインカムとは?

明日からもう仕事をしなくていいよ。

と、ある日突然言われたらあなたはどう反応しますか?日本は世界でも残業大国の部類に入りますが、働きすぎからくるうつ病や自殺の問題が後を絶えません。

もう働きたくない。

だったら、スイスやフィンランドに行けばいいんじゃないの?なんて私が軽くあなたに言ったとします。そしたら、少し驚いた眼で、おそらくなぜなのか?あなたは私に尋ねてくるでしょう。

スイスでは、国民全員に15万円を毎月支給するベーシックインカムというものを導入しようか本気で議論されています。

ベーシック・インカム。直訳すると、基本的な収入。

ちなみに、日本でも密かに話題になっている。

日本の社会保障給付費は平成21年度で総額99兆8500億円であり、ここから医療の30兆8400億円を差し引くと69兆円となる、これを人口を1億2500万人として単純に割ると月額4万6000円となる。(レファレンス)

マクドナルドの時給が2000円ほどと言われるとても物価の高いスイスで、15万円の月給では食べていけないかもしれませんが、それでも、ベーシックインカムに賛成する人が多いようです。


http://travellergroup.com/wp-content/uploads/2015/03/Finland-Landscape.jpg


①フィンランドがベーシックインカムを決定しようとしている。→フィンランド、律560ユーロほど、およそ月約6.8万円のベーシックインカムを試験導入、2000人を対象に。

②スイスは国民投票をしようとしている。→2016年に反対票が多く失敗。

③オランダは試験的に開始しようとしている。→進んでいない。

今後、どうなっていくのでしょうか。これは小さい国だから実現できることかもしれませんね。

このベーシックインカムは生活保護とは違うようでホリエモンも一定の評価をしているそうです。

今後、さらにベーシックインカムについて掘り下げていきたいと思います。

(画像をクリックすると、アマゾンのレビューがご覧になれます)
 

このような概念自体が日本にはないので、タックスヘイブンのように、わからない言葉をどんどん吸収していく私でした。(笑)

普段、フィンランドのことなんてほとんど考えることのない私ですが、もっと調べたくなってきました。フィンランドは、ロシアのすぐ隣にあるようですね。



ちなみに、この地図ではヨーロッパロシアと、ほかのロシアの地域が微妙な色で区別されているのが分かる・・。

追記。

以下は、フィンランドの教育についてです。フィンランド人は、アメリカの教育はビジネス。だと断言しているところがカッコいい。フィンランドでは、日本やアメリカのような詰め込みの学習方法ではなく、もっとバランスが取れるものになっているようです。

本当の教育とは、しっかりした大人たちが支えてあげることなのだと実感しました。この動画に出ているフィンランド人の先生たちはかなり自信にあふれている。それがまたすごい。

自分も他人も尊重できるように教育しているようです。また自分で考え、何を自分でするのか考える、アメリカ的な発想も教えているそうです。



ちなみに、フィンランドの一人当たりのGDPは日本より全然上でした。

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_(nominal)_per_capita

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

もう働かなくていい?フィンランドで試験的に開始されたベーシックインカムとは? もう働かなくていい?フィンランドで試験的に開始されたベーシックインカムとは? Reviewed by よこいりょうこ on 1月 10, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.