多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

え?ジャンパーは、英語でセーターの意味!? jumper / sweater の謎

自称OXFORD3000研究家兼マルチリンガールのよこいりょうこです。今回私は面白い発見をしてしまいました。というのも、最近お仕事で米語や英語を使わなければならないからです。

今までは英語でよかったのですが、今回のお仕事は、米語も英語も区別しなければならないというお仕事なので、私はいま米語も英語も区別する癖をつけているところです。

日本人にとって英語と言えば、イギリス英語や米語などを総括したようなものなのですが、英語圏ではやはり未だにどこの英語かと言うのを意識しているようで、英語を学ぶ側からすると、どこの英語を学ぶか?ということも重要になってくるようです。

そんな中、私が新たに発見したものは、まさにジャンバーでした。



私たちが小さいころジャンパーは、上着のようなものだと教わりましたよね?それも、まさにセーターの上に着るようなもの。

ですが、私が入手した英語と米語の比較表には、
アメリカでセーターと呼ばれているものが、イギリスでは、ジャンバーと呼ばれているとのことでした。

https://en.oxforddictionaries.com/usage/british-and-american-terms

そもそも、アメリカやイギリスの現地に長く生活したことのない私には、知らない単語とも言えます。また、jumper という簡単な綴りから、知ったかぶり、つまりスマーティ・パンツを穿いていた。といったほうが正しいかもしれません。

「"Smarty-pants" 知ったかぶりするな!?を英語で?」

英語で "jumper" とグーグル画像検索してみると、こんな写真がたくさんでてきます。


そう。ジャンパーとは主にイギリスで使われているセーターの意味なのです。けれども、ハリウッド映画やアメリカのテレビが世界にどんどん広まっていっているので、イギリスでもセーターという単語も定着しているのだとか。

けれども、基本、イギリスではセーターはジャンパーと言うそうです(^^)/

でも、ジャンパーっていわれると、

jump する人って捉えることもできますよね?

そもそも、
jump には二つの語源があります。

①ジャンプ(飛び跳ねる)
②スカート

フランス語をかじったことのある方ならご存知だと思いますが、

https://fr.wikipedia.org/wiki/Jupe

フランス語では、jupeskirt の意味です。つまりスカートですね。語源辞書によるとそこから由来しているらしいのですが、詳細は不明です。

けれども、スカートを意味する jupe もそもそもは飛び跳ねる jumpからきているそうです。スカートのほうが飛び跳ねやすいからでしょうか?(笑)

じゃ、日本語で言うジャンパー、どうやって英語表現すればいいのかしら?

まず、日本語でも使われていますが、ジャケットですね。ユニクロでも羽根の、ダウンジャケットという名前も定着していますね。

また丈が短いものは、ブルゾンと言います。

https://en.wikipedia.org/wiki/Blouson

ウィキペディアでジャンパーを検索すると、日本語のジャンパーは英語ではブルゾンと呼ばれると書いてありますし、そのウィキペディアのページを日本語版に変えると、ブルゾンの英語版ページに移動するので、

日本語英語のジャンパー=ブルゾンって覚えておくのもいいかもしれません!

ウィキペディアでセーターと検索して英語版に切り替えても、
Sweater or jumper のようにでてきます。

ちなみに、
blouson = blouse jacket

撥音が独特なのでお気を付けを!
ˈblaʊsɑːn

ブラウさんという人が、ブラウサンを着ているイメージはどうでしょうか?

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「メールで英語対応無制限サービス(+通話授業) / 英語メンター (English Mentor)

2017年3月4日更新

え?ジャンパーは、英語でセーターの意味!? jumper / sweater の謎 え?ジャンパーは、英語でセーターの意味!? jumper / sweater の謎 Reviewed by よこいりょうこ on 2月 12, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.