新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

ニューヨーク、東京、ロンドン、パリの緑地スペースを比較






ニューヨークは高層ビルをたくさん建ててはいるけれども、

その分緑の比率も高いところがすごいと思う。



http://traveldigg.com/central-park-the-most-famous-park-in-new-york-united-states/

という東京は、あまりたくさん公園があるというイメージはありません。あったとしても代々木公園くらいでしょうか?

けれども、都心の憩いの場所といえば、もう一つあります。

この写真をみて、一体ここってどこ?って思われた方、多いのではないでしょうか?都心のど真ん中にありながら、あまり存在感のないこの場所。この空間にいるだけで、まるで東京から離れてしまったかの錯覚にも陥ってしまうほど、素晴らしい場所でもあります。(笑)


http://www.japantimes.co.jp/news/2017/01/20/national/shinjuku-gyoen-worker-punished-not-collecting-fees-foreign-nationals/#.WJ3FZ_mLR5Q

っていう私は、現在のこの巨大な庭園の近くで仕事をしているので、毎日ここにきているのですが・・(笑)

ここは、日本最大のターミナル人口を誇る新宿駅から徒歩圏内にある新宿御苑。

都心の一等地ともいえるこの場所に、西新宿の高層ビル群と同じくらいの面積に、庭園が広がる。

実は、この新宿御苑の下にバイパスが開通するのですが、本来、新宿御苑を切り開いたところにバイパスを通す予定だったのです。けれども、それが国から許可が下りなく、何十年もたってやっと地下にバイパスを通るということになったそうです。

それだけすごい場所?ということなのだそうです。

この新宿御苑。入場料は200円。入場料がかかるというだけで、代々木公園ほど若い人は多くありません。また、お金がかかる公園なんていきたいと思う人がいない一方、静かな場所に行きたいとか、景観を保つために手入れされた庭園に漬かりたいという人たちは、お金を払ってでも何度でも足を運ぶ場所でもある。

面白いことに、入場料200円なのに、一年間のフリーパスはたったの2000円。

ある意味、新宿みたいなゴミゴミしたところに住んでいる人にとっては、フリーパスを買うだけでかなり得をするのかも?

だって、わざわざ東京の郊外に出なくても、人が全然いなく、自然が多い場所を新宿自体が持っているのだから・・。



ここは夜は出入りできませんが、明らかに代々木公園などとは違い静かで、上品。また外国人は多いかも・・?

そんな私はもう新宿御苑に病みつき・・(笑)

年間パスも買ってしまいました。。

さて、私は一瞬、新宿御苑ってなぜ入場料を取っているのだろう?と思うようになりました。インターネットで調べてみると、都民のモノなんだから入場料なんてとる必要なし!と思っている人も多いみたいですが、

もし解放されてしまったら、お酒飲んでワイワイ騒ぐような人たちが、たくさんきて代々木公園とかと全く変わらない感じになってしまうのでは?
と思ってしまう。

また入場料をとることにより、やはり新宿御苑の景観はかなりレベルが高い。
新宿御苑の中央から都内の高層ビルをみてみると、まるでニューヨークのセントラルパークにいるような感覚になるのもまた楽しい。

でも、セントラルパークってかなり大きい。(笑)から、新宿御苑はちっぽけにみえてしまうかも。

けれども、実は東京も点在している緑地区

①代々木公園
②新宿御苑
③赤坂御用地
④皇居

を合わせてみると、こんな感じ。


http://bluestyle.livedoor.biz/tag/%E8%B5%A4%E5%9D%82%E5%BE%A1%E7%94%A8%E5%9C%B0

私の大好きな高層ビル情報からの写真をお借りさせていただきました。m(__)m

そのうち、皇居や赤坂御用地は立ち入ることができません。

昔、もし天皇が京都御所に移動して、東京の緑地エリアがもっと一般の人たちも足を踏み入れられるようになったらどうなんだろう?って思ったこともありましたが・・。

最近はあまり考えなくなりました。

ロンドンも、都心の一等地に誰でも入れる公園がある。なんといってもロンドンそのものがかっこいい。

ハイドパークは私も行ったことがあるのですが、やっぱり都心に誰でも入れる公園があるというのはいいですよね。


ロンドンにまた行きたくなってしまいましたよー。。

さてさて、日本人の大好きなパリ。。は!?



もうパリと言えば、緑と上品で統制された建築物との融合がかなり進んでいる!

東京みたいにごちゃごちゃ感がないのがまたすごい!

といっても、東京は東京で、細かいところが行き届いているので良しとしよう。。(笑)


こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


ニューヨーク、東京、ロンドン、パリの緑地スペースを比較 ニューヨーク、東京、ロンドン、パリの緑地スペースを比較 Reviewed by よこいりょうこ on 2月 10, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.