多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

英語で複数形になる国(フィリピン、オランダ、アメリカ)には理由がある

以前メンティーさんがフィリピンにご旅行へ行かれて、その時のお話を英語で言ってもらったことがありました。それで、メンティーさんがフィリピン人って言うときに少し戸惑いだったので、もしや、

Filipino

Filipina

どちらを使えばいいのか迷ったのでは?と思いこの記事を作成することになりました。

これはラティーノやラティーナにも当てはまるのですが、

こういうのって

アメリカ人や日本人
American, Japanese

にはないですよね?男性と女性を区別するみたいな感じ。



フィリピンはスペインによる植民地時代も経験しているのでその名残では?と思っています。スペイン語では男性と女性を語尾を変化させることによって区別したりしますので。

実は私も

Filipino, Filipina どちらを使えばいいのか迷っていた時期があります。そして自分自身で調べた後にアメリカ人にも聞いた結論は、

Filipino で大丈夫とのことです。女性だから Filipina って言いたくなるところですが、このFilipino だけでOKとのことなのです。

けれども、こういうラテン系の文化を受け継いでいる地域で、このように男性用と女性用の言い方があったとすれば、

やはり

女性には Filipina と呼んであげるほうが適切だということです。

けれどもとっさに出てこない場合、Filipino で十分です。

ちなみに、前置きが長すぎましたが本題に入ります!

フィリピン留学に行かれた方でさえ、フィリピンを英語で

Philippine

と言っていますが、それは間違いです。



日本+フィリピンの地図。海洋国家連合っぽいですね(笑)なんか、台湾も含めると、日本列島が長くなったような・・w

というのは、さておいて、フィリピンというのは日本人からしてみれば日本のような一つの国家に見えるかもしれません。なので Japan のようにフィリピンもフィリピンと思いがち。

けれども、フィリピンはもともとスペインの植民地であり、フィリペ2世という国王が存在していたことも事実。

日本にはジパング。またはジャパンという名前があるのに対してフィリピンにはない。

Japan Islands.



このお方が、フィリペ2世です。これからはフィリピンと聞いたら、貧困とかバナナをイメージするのではなく、歴史を直視し、フィリピ2世を思い浮かべるようにしましょう!

つまり、フィリピンには名前がないのですから、そのスペイン時代の国王だったらフィリペを複数形にして、つまりフィリピンの島々を統一したイメージで複数形にするということです。そして この世に一つしかない意味合いを持つ the でくくったのが

The Philippines というわけなのです。。

次にオランダ。

オランダには Holland, Netherlands という言い方がありますよね?

ネザーランド。は複数形になる。けれども、スイスの英語名である Switzerland は複数形になっていない。これって一体どういうこと?

まず Holland と呼ばれる理由は、

オランダの沿岸部地区には北ホラント州、南ホラント州という州があり、ここがオランダの中心部だからです。ここには、オランダの都市がいくつもあります。

アムステルダム、ロッテルダム、ハーグなど、誰でも名前がきいたことのある都市があるのです!



写真はオランダのロッテルダム。

オランダって台湾くらいの人口しかない比較的小さな国なのですが、その人口に比べて経済が良いことで知られていますね。

Netherlandsnether は英語にもたびたび登場してくる either の否定バージョンと同じです。

この neither の語源は、ゲルマン語族からなのですが、 lower という意味です。低いですね。つまりオランダは沿岸部ですし、アムステルダムの街並みを見ても分かるように、低地にある国です。農業が盛んなことでも知られているこのオランダの国名は、

低い土地が集まった国家ということになります。

オランダは小国ですが、州があり日本とは少し違う。という点でいくつもの集が重なったというニュアンスもあるのでしょうね。

最後にアメリカ。

アメリカに行ったことあるよ~って日本人がいうとき、

I have been to America.
I have been to the States.

このどちらかだと思います。

後者の the States はネイティブが好んで口語で使うアメリカです。

というのも、アメリカといえば、南アメリカもあるし、中央アメリカもあるし、またアメリカ大陸全体をアメリカと言うことすらある。

ましてやグアムやハワイはアメリカ大陸にはない。(笑)

the States はご存知の通りアメリカ合衆国の意味です。

つまり合衆国に行ってきたよー。っていう感じですね。けれども日本語の合衆国のような漢字で読むような感覚はありません。気軽に使える言葉なので使ってみてください。

アメリカは大きく分けて本土に4つの時間帯があり、また50の州があります。州によって法律も違うアメリカは、50の州が一つに括られた状態。
なので、 the States というのです!


おまけ。。フィリピンの初代大統領の画像は、


こんな感じだそうです。イケメンさんですねー。(笑)


エミリオ・アギナルドさんといい、私のFB友達で、エミリオ・アギナルド大学に通っている方もいます。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

「メールで英語対応無制限サービス(+通話授業) / 英語メンター (English Mentor)

英語で複数形になる国(フィリピン、オランダ、アメリカ)には理由がある 英語で複数形になる国(フィリピン、オランダ、アメリカ)には理由がある Reviewed by よこいりょうこ on 2月 14, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.