多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

毎月10万もらいながら、英語を勉強する裏技





毎月10万円?

これで生活できるの?と思うかもしれませんが、私は一時期、毎月10万円もらいながら、ひそひそと英語の能力を蓄えていた時期があります。

案外、10万円でも生活自体はできるものですよ?

あの頃は一軒家でルームシェアしていたので、広いキッチンや広いお風呂、広いお部屋で、毎月の出費はこんな感じでした。

食費3万
定期1万
家賃・光熱費4万
と、ギリギリな生活をしていた私。あと、残り2万は一瞬でぶっ飛んでいたと思います。

こういうのは、ルームシェアジャパンというようなサイトで、探すことができる。ぜひ検索してみてくださいね。

特に女性だけの一軒家とかもあるので、男性と同居したくない女性にとってはお勧め。また女性のほうが、部屋代が安い場合が多い。

けれども、あの約半年はかなりのプレッシャーで英語を勉強しましたし、お金がない分、1年後、2年後に向けて夢を膨らませていた楽しい時期でもありました。

わたしの記事は基本的に、発想の転換を促すものである。



なかなか大胆になれない日本人とって、私のような大胆な発想は、行動に移しがたいかもしれませんが、この国では努力しようとするものを蹴飛ばしたりする人もあまりいないのは事実ではないでしょうか?努力しようと、何か達成して、社会貢献しようとするものであれば、いろいろな手を使って、お金を蓄えていく道を探していく。これは当たり前のことなのだと思うのです。

よく聞いたこともあると思うのですが、いわゆる職業訓練ですね。

いかにも、文字通り就職する前に何かトレーニングをするの?みたいな感じに見えますが、国の予算から仕事がない人たちへ職業訓練をうけさせてその間、毎月10万円補助してあげることで、国の雇用を改善しようとするものです。

ご存知の通り、国には国民の税金を集めて、それらのお金を予算として色々な分野に振り分けている。その中に職業訓練と言うものもあるというイメージ。

職業訓練で学習できる分野は多岐にわたる

以下を参考にしてみるといいでしょう。
認定職業訓練

私は貿易を学びました。というのも、将来的に海運業で英語を使う仕事がしてみたいとその時思っていたからです。貿易と言っても、貿易実務試験のようなものに合格することを目指すので、その中にある英語の勉強も必須。

貿易のクラスでは、貿易以外にマーケティング、簿記なども学ぶことができました。けれども、私がこの学校に通う目的は、

これらよりも、
韓国語の勉強でした。というのも、その半年後には韓国に留学することになっていたので、どうして貿易など、自分の特技になるものを学びながら、韓国語を学ぶ時間が欲しかったのです。職業訓練に通えば、仕事のストレスから解放されますし、仕事で覚えなければならないこととかもなくなるので、ゆっくり勉強する時間を確保することができる。

このように、発想の転換でいくらでも言語を学ぶことは可能。

せっかく日本人である以上、また税金を払っている以上、国のことについてもっと勉強することで、色々と英語を勉強する方法はある!ということをこの記事ではかきたかったのでした。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

今後もこの記事の内容を充実させていきます。


毎月10万もらいながら、英語を勉強する裏技 毎月10万もらいながら、英語を勉強する裏技 Reviewed by よこいりょうこ on 2月 17, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.