多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

一部のプロ翻訳者が絶対に言いたくない、有料ネットワーク【アメリア】とは?




世の中には、インターネットだけでは知りえない情報と言うものがたくさんある。表面的なところまでは知れても、その先、つまり、もうちょっと細かい部分については、専門書などを読まないとわからないこともある。

よく、分かりやすいのが歴史の解説をしたサイトではないでしょうか。そういうものは、実際にどの文献から引用したのか?そういうことまでは、きちんと書いていなかったりします。

それは求人や不動産も同じ。

不動産の店舗の専用端末でしか見れない案件というものがあり、そのため顧客は不動産の店舗にわざわざ足を運ぶ。そんな私も引越しするときに、いい物件をネット上で見つけた!と思いきや、不動産の営業に、それよりもっと良い物件が実はありますよ?と言われて、店舗の専用端末で、もっと安くて良い物件を紹介してもらったことがある。



さてこの記事では、一部のプロ翻訳者が絶対に言いたくない、有料ネットワーク、アメリアのことをみなさんにシェアしていきたいと思います。

有料ネットワークと聞いた時点で、読み飛ばす人が多い中、この記事を読んでくださっているということは、かなり翻訳に対して強い思いがあるのだと思うのですが、

実際に、このアメリアというネットワークは、プロの翻訳家の間で知らない人はいません。こういう情報は一般の翻訳者の間ではあまり知られていないのではないかな?と思っています。

本当にざっくりいうと、
海外在住、帰国子女、ハーフなどが密かに加入しているネットワークです。

通常、普通の人が仕事探しに思いつく方法といえば、
以下のようなリクナビみたいなサイトだと思うのですが、特別大々的に宣伝をしていない影のネットワークがあります。



それがアメリア  

実は私もこのネットワークの存在をずっと知りませんでした。あの時は、仕事に対する意識が在宅翻訳に向いていなかったからかもしれませんが、医療系の翻訳経験が増えてきたあたりから、在宅で翻訳するスタイルに移行したいと思い、いろいろ調べまくって発見したのがキッカケです。

つまりある程度、翻訳技術が上に行かないとこのような類の情報には、アクセス、つまり検索すらしようとしないから、アメリアというおいしい情報にも当然出会えないのである。

会費は年間、15,000円ほどで、 私のスマホ+光回線の一ヶ月の出費と同じくらい。 私は二ヶ月間悩んだ末、登録してみることにしました。

ところで、この有料ネットワーク、アメリアに登録するメリットって何かある?

①トライアルレッスンを受け放題この場合、別途料金がかかる)
これは、どういうメリットがあるかというと、他の翻訳会社のトライアルに一発で受かる方法として、賢い一部の翻訳家に利用されている。

というのも、翻訳の仕事を探すとき、まずはトライアルをするのが普通です。トライアルをして、この人は本当に翻訳ができるのか?と判断されるわけ。そういうトライアルの傾向をアメリアは把握している。

なので、アメリアに登録すると、

出版(フィクション)
金融
特許
ビジネス実務
映像(吹替)
メディカル
出版(ノンフィクション)
日英メディカル
ITテクニカル

まだまだほかにもありますが、こういうカテゴリ別にトライアルを実施している。たとえば、あなたが医薬品系の翻訳を目指しているのなら、毎回メディカルのトライアルを受けて、自分の翻訳のどこに問題があるのか?アメリアのトライアルを通して発見することができる。そうすることで、在宅の翻訳案件に応募する際、一発でトライアル合格!という夢をかなえることができるということ。

そんな私もなんどもアメリアでトライアル試験を受けて、トライアルの傾向をつかんだ後、翻訳会社にトライアルを受けたら一発合格。(これ、かなり気持ちいいよ。お金も払って、努力した後の成果ってやつ)

今後、世界一周計画もあるので、翻訳会社と提携できるのは嬉しい。なぜなら、在宅で翻訳ができるということは、世界のどこにいても、PCだけで仕事ができるからです。

②外部に未公開の単価高めの案件


普通では知りえない求人広告を自宅から閲覧可能。通常こういうのは、派遣会社や人材紹介会社の営業の人しか見れないものですが、アメリアの場合は、会員になることで自らが閲覧可能。

また、応募。というボタンを押すと、自分の職務経歴などを書く欄があります。ここは、アメリアに職務経歴書を登録するのではなく、自己責任できちんとその案件にあって、職務経歴書を書いて送るというスタイル。

つまり、アメリアは求人情報を紹介しているだけで、別に派遣会社ではないので、あとは、アメリアに登録しているアナタと、翻訳者を探している翻訳会社、あなたたち二人でどうにかしてちょうだーい。みたいな感じだということ。

③アメリアネットワーク同士の掲示板がある
このような掲示板で情報交換が可能。普通の誰でも入れるサイトとは違い、翻訳に詳しい人からたくさんの情報を聞くことができる。お金持ち同士の繋がりのように、英語ができる人同士のつながりを、このアメリアネットワークを通じて構築することができる。また、アメリアのようにお金を払って会員になるということは、これだけお金払ったんだから仕事探してやる!という、自分への追い込みにもなる。(私はそういうタイプ)

④在宅翻訳者には強い武器になる
なにをしていいのか手をつけられない人はまずは、ここから簡単な翻訳を格安で請け負い練習することからはじめてください。
「翻訳会社を通さずに、英語を学びながらオンラインの【在宅翻訳者】になれる。その方法とは?」

今では無料で外国人が校正してくれるサービスもありますし。そうやってレベルが上がってからアメリアに登録するのでもいいと思う。なにも今すぐ登録する必要性なんてないですしね。

⑤毎月雑誌が送られてくる

(私の家に届く雑誌。物理的に満たされている私です。。)

年間15000円の会費で、毎月雑誌を郵送してくれ、また電話で無料相談もOK,非公開求人見放題。このアメリアはどこから収入を得ているのだろう?とそっちのほうを心配している私・・。

本気で、プロの翻訳を目指している人は、このネットワークに参加してみるのもいいかもしれません。まだ本気になれない人は、④在宅翻訳者には強い武器になる。のようなウェブ上での簡単な翻訳案件から入っていくのもいいかもしれません。

ここからどんなサービスなのかのぞけます。



このアメリアの所在地は、東京都港区赤坂8-5-6 翻訳会館で、まさに翻訳の中心部に存在する権威のあるネットワークです。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

2017年04月30日更新




一部のプロ翻訳者が絶対に言いたくない、有料ネットワーク【アメリア】とは? 一部のプロ翻訳者が絶対に言いたくない、有料ネットワーク【アメリア】とは? Reviewed by よこいりょうこ on 3月 14, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.