多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

オランダ語を勉強するメリット、需要、重要性




オランダは英語が話せる人の多い国ランキングでも上位に挙がってくるほど、英語を話せる人が多い国です。それゆえ、オランダに行く日本人も基本的に英語だけ勉強していけばよいと考える傾向にある。

このオランダという国は、ただ英語が上手というだけではなく、おもしろいことに、90%以上の人たちが英語を操ることができると言われていて、イギリスが海の向こう岸にあるので当然とも言えますが…。

ちなみに、なぜオランダで英語が上手な人が多い?それは、オランダ語自体が、英語とドイツ語の中間の言語と言われているからです。つまり、英語に一番近い外国語とも言える。なので、オランダ人にとってみると、英語もドイツ語もそれほど難しい言語ではないということになります。

ちなみに、英語・オランダ語・ドイツ語は、ここまで共通している。
インド・ヨーロッパ語族→ゲルマン語派→西ゲルマン語群
https://en.wikipedia.org/wiki/West_Germanic_languages


(この地図はオラン語圏の地図です)

けれども、やはりオランダ人同士ではオランダ語を話します。オランダ語といえば、福澤諭吉さんを思い出す方も多いと思うのですが、実はオランダの南方にに位置するベルギーの人口のおよそ13%は、オランダ語のネイティブであり、
https://en.wikipedia.org/wiki/Languages_of_Belgium

またこの地図が示すように、スリナムという南米の旧オランダ植民地でも、このオランダ語は、現在も使われています。

https://en.wikipedia.org/wiki/Suriname

オランダ語は一般の人が思っているヨーロッパの小さい国で話されている言語という先入観は捨てて、二大陸で使われている言語と覚えておけばいいかもしれません。

①生活水準が日本の平均より高く進んでる 
一番関心のあるところかもしれませんが、生活水準は日本よりもむしろオランダのほうが高いと言われています。

②二千万人、九州を国際化し豊かにした感じ 
人口は1600人ほどです。関東に住んでいる人からすれば少なく思えるかもしれませんが、これくらいが国家として普通の人口だと私は思っています。九州の人口が1300人くらいなので、それより少し多くなった感じですね。

また九州と違うのは、多くの国に囲まれているので人の流入が激しいことではないでしょうか。南はベルギー、ルクセンブルグ、フランス、海をちょっと超えるだけでイギリス。また右には大国、ドイツがある。オランダ人はドイツに移住する人も多いそうで、ドイツとオランダを一つの圏とみなす人もいるほどです。

③極めるとニーズが高い言語 
どんな言語もそうですが、極めるとかなり重宝される存在になれます。 オランダ語は英語に近く入りやすい言語でもあるので、お得感は強い。 日常会話程度のオランダ語をまず初めて見ることをお勧めします。

指差会話帳のようなものなら、圧力を自分にかけることなく楽しんでその言語の入り口を開いていくことができます。




④オランダには、国際的大企業が多いことは案外知られていない

以下、日本人なら聞いたことではあろう、大企業のリスト

ハイネケン 
ユニリーバ
フィリップス→ドイツ企業かと思ってました!サムスンが日本企業にみえる感じですね!
ロイヤル・ダッチ・シェル→世界を牛耳っていると噂されるロスチャイルド系企業です!
KLMオランダ航空
ランスタッド→私登録したことありますが、これってオランダ企業だったのですね…。米系かと勘違いしていました。
イケア→イケアは、スウェーデンの企業ですが、本社はオランダです。法人税が安いので、日本企業の拠点にもなっています。

こう考えると、オランダ語と韓国語の需要は、もしかしたらオランダ語のほうが強いのではないか?とも、錯覚してしまう。

⑤イギリス離脱に向けてオランダが注目される?
イギリスの離脱に向けて、オランダに日本企業も今以上に集まると言われている。もともと、 スイス人と日本人は労働許可なしで働ける国だったオランダ 。
「オランダがスイスと日本だけに最恵国待遇を与える理由」

ヨーロッパ内のほどよい人口を持つ国、またアクセスのよさ、という点から日本人の拠点としては最適な場所である。なぜなら、日本人が貿易などでかかわりたい国、イギリス、フランス、ドイツのちょうど真ん中だからということもある。つまり、オランダに拠点を置けば、うまい具合に富が集まっている場所で商売を展開できるということになる。

⑥北海道よりも狭い土地に、北海道の3倍の人口
オランダがなぜ重要な場所であるか?というのは、この記事を読んでいても分かったのでは?と思います。オランダの港はヨーロッパでとても重要な場所となっているのをご存知ですか?つまり、上海やシンガポールのようにヨーロッパでも重要な港と言われているのがオランダにある港です。またオランダのハーグには、 国際司法裁判所などもある。

小さい国のように思えて、かなり重要な機能を担っている。

⑦オランダの王室と日本の皇室との繋がり
経済云々よりも重要なことが、歴史を通して日本と長い間、交流をしてきた国という点です。実際に皇室とオランダの王室には深いつながりがあり、今も継続中。

雅子さまが静養にオランダに行かれるっていうこともあるくらい、とても仲良しなオランダという国。

オランダはインドネシアを植民地にしていましたよね?で、日本はインドネシア軍に支援してオランダ軍を追い出すことに協力したり、インドネシアの独立に深くかかわったので、戦後オランダでは天皇陛下の来日の際に、メディアを中心にバッシングがありました。また、昭和天皇は卵を投げつけられたりしたこともあったそうです。

オランダの女王陛下が来日を試みたが、日本側の反対で中止に。ということも。

けれども、天皇皇后両陛下は、きちんとお辞儀したり、オランダ人に対する敬意を表したため、その後オランダ人の皇室に対する態度は一気に好感度UPし、両国の関係がより一層近くなったように思います。(これほどの歴史があったとは知らなかった・・)

まとめ。
ヨーロッパの言語でどんな言語を学びたい?と自分に聞いてみるとき、まずは興味のある国を考えたほうがいいです。そして次に差別化。みんなと同じようにならないようにすること。その後、そのレアな言語に対して、どれだけ今後興味を持って頑張って取り組んでいけるか?が焦点になると思います。

この記事は今後も充実させていく予定です。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「オランダがスイスと日本だけに最恵国待遇を与える理由」

オランダ語を勉強するメリット、需要、重要性 オランダ語を勉強するメリット、需要、重要性 Reviewed by よこいりょうこ on 3月 06, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.