多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

クメール語を勉強するメリット、需要、重要性

普段ニュースにほとんど登場しないカンボジア。私だけが知らないとか?いつもグーグルニュースしか見ませんし、テレビなんてめったにつけないので・・。この写真を見たとき、カンボジアってこんなに発展していたのか?と目を疑いました。高層ビルとかはないのですが、明らかに低層ビルなども、他の発展途上国に比べてまともな建物が多いような気がする。という点。

カンボジアって、タイとベトナムの間に位置する国なので、あまりピンとこない人が多いのではないか?と思う。



ま、アンコールワットが凄く有名なので、アジアのみならずヨーロッパからもたくさんの観光客が訪れるとは思いますが。



想像していたように町は結構きれいに見える。 なんでしょう、ベトナムとかの写真をみるよりも、もっと整備されているような気がするのは気のせいでしょうか?

東南アジアの中でも求人が多い


私の大好きなカモメという海外求人をみてみると、カンボジアでは毎日なにかしらの求人が募集されている。しかも、ほとんどはスカイプ面接なので、気軽に現地に行くこともできそう。現地採用だと思うので、日本より給料は高くないかもしれませんが、貴重な海外生活を満喫できることは間違いなし。

②東南アジアの穴場的な位置にある


なんだろう。多くの日本人がタイだのベトナムだの言っている間に、ひっそりカンボジアで暮らすのもありかも知れない。この地図を見ると、驚くことにマレーシアの半島部分よりも面積的にも広い。

しかも、ホーチミンからバンコクまでの高速道路を建設中なので、その中間に位置するプノンペンが今後、より発展すると予想される。

③文字がカワイイ


アラビア語やヒンディー語に惹かれる日本人女子も多いのですが、このクメール文字も、かなりお勧め度高め!クメール文字の場合、タミル文字と同じく、丸い感じがあって、かわいいです。何かの暗号、秘密の日記などに活用できそうな感じもする。

④まとめ。
今後、東南アジアで日本人がもっと活躍する時代ですが、その中で現地の言葉を一つくらいは覚えておいたほうがいいというのが私のオピニオン。

なので、ベトナムでもタイでも、マレーシア・インドネシアでもいいかもしれないけれども、誰にも真似されない点でいえば、カンボジアのクメール語はホットな言語と言えるのではないだろうか?

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
クメール語を勉強するメリット、需要、重要性 クメール語を勉強するメリット、需要、重要性 Reviewed by よこいりょうこ on 3月 13, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.