多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

インドネシアのバリ島と、台湾かマレーシア、フィリピンに、同時にたった3万円台で行く方法

3万円?これは東京から沖縄に往復で行く料金よりもっと安い金額!本当に約7時間もかかるバリ島。。つまり異国の地に、そんな二時間ちょっとでいける沖縄よりも安い金額で行けるわけ!?

しかも、

クアラルンプール
台北
香港
フィリピン

どれか乗り継ぎすることもできる。というおまけ付き。



これは日本とバリ島の間に、いくつものハブ空港があるからという理由もあります。

特別仕事をしていない人なら、かなり美味しい話ではありませんか?

さて、どのようにしたら、格安でバリ島に到着できるのか、その裏技?を書いて見ちゃいます♩

まず、
このように、"成田 デンパサール 格安"
と検索していると、たくさんでできますね。

バリ島と検索するとより、航空券の場合はデンパサールと検索したほうがいいです!



①成田→マニラ(フィリピン)→バリ島(インドネシア)
②成田→クアラルンプール(マレーシア)→バリ島(インドネシア)

このように、①は、往復3万円台という信じられない安さ。けれども、マニラで3時間ちょっと飛行機を待っていなければなりません。

私だったら、②のクアラルンプール経由にします。というのも、クアラルンプールで15時間待たなければならないので、市内観光ができるから。

こういう情報って、簡単に見えて意外と仕組みがよく分からなくて途中で検索することとかやめちゃう人といるのだけど、諦めず検索し続けてちょ!

それにしても、日本人はこの辺の東南アジア諸国は行きたい放題かもしれません。とにかく日本に比べて物価が安いので。

私は以前、台北経由の格安航空券も見つけました。

台北の場合、深夜の乗り継ぎが多いようで、つまり中途半端な時間をホテルで寝るか、屋台などて夜遊びするか。という選択肢になる。私だったら屋台とかでご飯食べながら酔っぱらったりするかも?(お酒あまり飲まない人ですが旅行では飲んじゃいますw)

いろいろ回りたい人には、絶好のチャンスですね。

また、バリ島に行ったのなら、インドネシア第二の都市でもある、スラバヤに行くというのも手。

最近はLCCという、簡単にいうと格安航空会社がかなり進出しているので、とにかく安いですよね。

インドネシアのバリ島を目指しているなら、ぜひ参考にして見てね♩


こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」



インドネシアのバリ島と、台湾かマレーシア、フィリピンに、同時にたった3万円台で行く方法 インドネシアのバリ島と、台湾かマレーシア、フィリピンに、同時にたった3万円台で行く方法 Reviewed by よこいりょうこ on 3月 19, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.