新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

【社会的促進心理】?カフェや電車の中では勉強が捗り、集中できるワケ




私はいつも不思議に思っていることがあった。
それは、電車の中で語学系の辞書を読んでいるとかなり集中できるという点。これは家の時ではあまり発揮できないのですが、誰かがみている電車の中だと、私は勉強していますよ?というものを見せつけたいがために、周りが見えなくなるくらいに勉強に集中できてしまう。

私自身わかるのは、誰かにあの人は勉強熱心なんだな。って思われたいという欲求があることです。また、別に誰も周りの人が私が勉強している姿を見ていなかったとしても、私は電車の中で30分ほど勉強することによって私は勝手に快感を得てしまっている。たいていいつも朝の電車の中でこういう勉強法をしているので、この朝の時点でなんらかの満足を得ているということになる。

なので、私は横浜に住んでいるのですが、今までわざわざ1時間ほどかかる新宿や、日本橋付近までの通勤が苦にならない。むしろ、自分自身では勉強する時間を作り出すことが苦手なので、こうやって朝早く起きなければならない環境に身を置き、電車の中で誰かの監視のもと、勉強をするということで、私の語学力はかなり向上してきた。

あのマルチリンガルで有名な東大院生の秋山さんも単語は電車の中で勉強するもの。と言っていましたが、まったく私のやっていることと同じだということを知ってびっくり。

ちなみに、こういうのを心理学で社会的促進心理というのだそうです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Robert_Zajonc

つまり、公共の場などで何かをすることでいつも以上に能力を発揮すること。たとえば、上司が近くにいて常にみられていることで働かなきゃ!みたいなものを感じ、家にいるときよりも何倍もの集中力で処理できる。というようなこと。

つまり、基本的には私は在宅ワークにはあまり向いていないということになる。このようなブログ記事も、カフェで編集したりすることも多いですし。(笑)

私にとって、勉強が集中できる場所は以下です。

①カフェ
特に私は東京駅周辺の落ち着いたカフェを好みます。あまりカップルが多くなく、同じように勉強しに来るような人が多いカフェがあるのですが、そういうところに行くと、電車で勉強しているようなくらいの集中力を発揮することができる。

②電車
これは上記で述べたので・・。

③風呂
お風呂に入っていると、リラックスしているからなのか、普段思いつかないようなことを思い出すことがあるので常にスマホをタオルにくるんで、思いついたらすぐにアイデアを書き込むことができるようにしています。
そういうものが、ブログの記事になっていたりします。

④歩いているとき


電車の中でもスマホ、トイレの中でもスマホの私は、歩いているときはスマホをみていないせいもあり、色々なことが頭の中で整理されているのが実感できます。私は思うのですが、この歩いていることって一番重要なことなのかな?と思うのです。
というのも、本などから吸収した知識は歩いているときに、うまく整理されていくのかな?と思います。というのも、歩きながら頭の中で復習しているのがわかるからです。

以上、語学の勉強法として役に立っていただければ幸いです。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
【社会的促進心理】?カフェや電車の中では勉強が捗り、集中できるワケ 【社会的促進心理】?カフェや電車の中では勉強が捗り、集中できるワケ Reviewed by よこいりょうこ on 3月 03, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.