新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

ネイティブや帰国子女に劣等感?つい英語に過剰反応してしまう日本人の心理とは?

電車の中で、韓国語や中国語を聞いてもなんとも思わない日本人が、英語を流暢に話すいわゆるネイティブの前だと、思わず反応してしまう、そのくせ自分のことは棚にあげて、インド人訛りの英語をバカにして盛り上がる海外経験ありの日本人。

こんな日本人に出会ったことはありませんか?

また、英会話カフェなどで、英語があまり上手ではない日本人に対して、偉そうな態度で、”俺、アメリカに住んでたからねー!”みたいに言われたことのある人も多いはず。また、そうやって言われて、私アメリカに住んだことないから…。みたいに劣等感を感じる人も多い。

そんな筆者は、いくつもの英会話カフェで、いわゆる帰国子女に、英語をバカにされた経験があります。





たとえば、国際音声記号を中心に学んでいた数年前、"Your English is NOT GOOD" と言われた苦い経験も。というのも、私は英会話を学ぶ過程において、イントネーションやメロディであるプロソディよりも、先に一つ一つの発音をきちんと暗記していた時期があったためです。

そういう風に、人の英語をバカにする人に限って、親のお金で海外に行ってきたという人が多かったのも事実ですが(笑)

少し前置きが長くなってしまいましたが、ここではなぜ、日本人がネイティブの英語に過剰反応してしまうのか?ということ。を私の経験から分析してみた結果を書いていきたいと思います。

①英語と日本語の発音の構造が日本語と全く違う点
日本語教師も英語教師も経験したことのある私は現在、通訳として働いていますが、私が実際に英語を教えているメンティーさんに対しても、英語の話し方に対してよく忠告することがあります。

それはおでこに皺を作るということです。そして、眉を上げる。すると、鼻も浮く。そうすると、鼻からも声がでてきやすくなる。

そして、楽しそうに話すこと。またお腹や肺、のどなどをうまく使うのが英語。ただ口の形を変えればいいというだけではないのです。

こういう点において日本語と英語の発声法は全くことなるものであり、英語ができない、またはほかの外国語に精通していない人からすると、英語が耳障りに聞こえたりします。なに、あいつら大声騒いでるの?的な雑音にしか聞こえないのです。

こういう発声法を真似できない人は、ネイティブとか帰国子女と聞いただけで、つい過剰反応し、構えてしまいがち。

発声法に対する十分な知識をまず吸収してください。
「プロソディ / 発音 / アクセント / イントネーション (抑揚) 意味の違い」

②英語の発音が上手だと、お金持ちに見える点
これは、とても面白いのです。

日本人は知らず知らずに英語の発音が上手な人は収入も高いと思ってしまいます。実際に、これは一理あるのですが、このことを一般の日本人は過剰に、真剣に受け止めてしまう。

たとえば、帰国子女などは幼児期に英語ネイティブの国で暮らしたことがあるという意味ですが、それはたいてい両親が割とお金持ちだということを意味します。

なので、自分には敵わない。と勝手に思ってしまうのです。

けれども、両親がお金持ちなだけで、その人はただその環境で育てられただけにすぎません。けれども、お金持ちの両親に育てられた場合、多くの場合、同じように貧困層にはならないという統計もありますが…。

③ネイティブの意味を勘違いする日本人
もともとネイティブという言葉は、ヨーロッパにおいて、ヨーロッパ以外のヨーロッパが植民地支配しているような国の原住民を指していた。またフランスでは奴隷に生まれた女性。という意味まであった。(Etymology)

けれども、日本人はネイティブ=アメリカ人が大声でRの音を捲し立てて鼻声で言う音を連想してしまうので、ネイティブと聞くだけで、ビックリしたりする。

ちょっと、そんなにびっくりしないで!(笑)

一時期私は、東京で英語だけしか話さなかった時期があり、都庁の警備員に日本語はトイレはどこですか?と言ったときに高圧的な態度で接してきたので、いわゆる鼻声+Rの音を強調したアメリカン英語でトイレはどこ?と聞いたら、何も言わず案内してくれたことがある。私にとっては、どういう対応になるのか試したかっただけなので悪しからず・・・。

それだけ日本人はネイティブとか帰国子女、アメリカ人という言葉に弱い民族です。まず、そこを知るべきかもしれません。そして、まずはこれらの考えから脱するべきです。

そして、もし仮にあなたが帰国子女やネイティブスピーカーに英語に関して劣等感を感じるようなことがあるとすれば、その考えもすぐに捨てるべきです。

④帰国子女なら誰でも、流暢に英語を話せるというわけではありません


私は色々な国からの帰国子女と会ってきましたが、その結果、外国語が流暢に話せる人と話せない人に分かれます。それは、意識していない人はたいていの場合、どちらかの言語がメインになってしまう傾向があるからです。

もちろん、そういう環境で育ったバイリンガルの帰国子女などの多くは、再び英語圏に戻れば英語で考えるようになると思いますが、だいたい日本に帰ってくる帰国子女というのは、欧米で暮らせない事情があるか、欧米よりも日本が好きとか、日本寄りの人が多いので、だいたいは物事を日本語で考えていると思います。

そして、英語を話さないうちにどんどん忘れていきます。ここでの忘れるという意味は完全に忘れるというわけではなく、出にくくなってくる。とかちょっと話していない間にスピード感がなくなってくるというようなものです。

私のブログのフォロワーさんにも帰国子女がとても多いのですが、個人メッセージの中で、以前は英語が流暢だったけれども今は全然で、りょうこさんの頑張りを見て勇気づけられます!というものもいくつかありました。

⑤私が出会った英語が下手な帰国子女
帰国子女がバイリンガルなのは当たり前のこと。幼児期に外国で過ごしたいわゆる帰国子女の方たちが、英語やほかの外国語を話せるのは当たり前のことです。

逆に帰国子女にもかかわらず英語をあんまり話せない人に限って、私は帰国子女なの!かまってちょうだい!と自慢げに話す人さえいます。なので私は帰国子女なので英語が話せます。と自分から言うような人はちょっと人間的にどうかと思うと思ったほうがいいでしょう。

以下は、私が会ったことがある帰国子女のパターン。
◆中国人の家庭で育った中国人だけど、アメリカで育った場合。(英語のネイティブ)
韓国の英会話カフェで、数人で会話をしているとき、その彼が”俺は英語だけじゃなくて中国語も流暢に話せるよ”と言ってきました。彼の環境は、学校教育はもちろん英語で受けていて、友達とも英語で話します。家族との会話は中国語だけれど、漢字を理解していないため、感覚で中国語を話す方法しか知らないです。感じが分からないので高級単語はあまり知りません。

その場合、中国語の発音などはもちろん上手ですが、私の方が中国語のボキャブラリが強いということがわかりました。彼とは英会話交流で知り合って、私と中国語を話す前までは、中国語は流暢と自分で自信を持って言っていましたが、私と話した後、態度がまるっきり変わりました。なぜなら、中国人の家庭でも育っていない私が彼と話したとき、私の方が中国語の単語をもっと上手に駆使していたからです。(漢字の知識があったので)

◆以前の職場で、ハワイ・ブルガリアからの帰国子女
彼女は中学時代にアメリカのハワイ州で教育を受けていました。電話応対などでも、ネイティブ!?と思ってしまうようなきれいなアメリカン・アクセントで英語は流暢に話せるのですが、知らない単語などが多いタイプ。

"spontaneous" と私が発した時、知らない単語だったらしく、メモして覚えようとしていました。彼女曰く、小学生くらいの時はブルガリアにいたらしく、アメリカには中学時代くらいに滞在したからわからない英語の単語も多くあるそうです。

彼女とはよく一緒に勉強会などしてお互いの英語力を高めていました。

◆以前の職場で、マルタからの帰国子女
私が、出身どこですか?と会社の飲み会の席で聞くと、マルタよ?なんか文句ある?みたいな感じで言ってきた30代の女性がいました。

そして、いかにも私は帰国子女だから英語が上手なのよ?みたいな感じで言ってきたのですが、私が英語で話しかけてみると、実はあんまり英語できないんだよね・・と言ってきました…。

私はどんな人にでも練習がてら英語で話しかける癖があるので、彼女からしたらビックリして言葉を失ったのかもしれません(笑)

⑥ネイティブでも独特のアクセントはある
英語圏って日本語圏の何倍もある。イギリス・豪州・ニュージ―、マルタ、カナダ、アメリカ南部、カリフォルニア、アメリカ東海岸、アメリカ西海岸・・またシンガポール、フィリピンなども。

こうやっていろんなアクセントが混在しているのが英語。もちろんジャパニーズイングリッシュでも全然いいと思うのです。そのほうが個性があって逆に覚えてもらいやすい。

けれども、最低、国際音声記号(IPA)というものを覚えておくことをお勧めします。そうすることで、発音の知識が身に着けられ、実際にネイティブと話すときもドキドキしなくなります。

「国際音声記号(IPA)を知ると、どんな言語の発音でも簡単になります」

⑦ネイティブや帰国子女に過剰反応しない解決策

上の続きですが、IPA(国際音声記号)を習得すると、ずいぶん自信がつくと思います。
帰国子女と会っても、劣等感を少しでも感じないように、国際音声記号を勉強して、どの発音が正しいのかわかるようにする。と本当に面白いと思います。

じゃ、国際音声記号がわかると、簡単にどういうことがわかるの?

まず簡単な例からお見せします。

November [noʊˈvɛmbər]
vember [vɛmbər] だけ発音してみてください。

ちなみに私が "SIRI" ちゃんを使って、"vember" と発音したら、"Denver" がでてきました。(笑)

"vember"という単語は、英語には存在しません。なので、ネイティブスピーカーがこの音を聞くと、文脈で判断して、自動的に "November" と理解します。

もちろん、 in vember と言ってみると、もう12ヶ月あるなかで、こんな発音は11月しかないのですから、誰もが11月と思います。

ちなみに、このページを読んだ人で、国際音声記号を学習した人は、1%にも満たないと思います。

簡単に言ってしまえば、国際音声記号を覚えるだけで、英語はペラペラです。ここでのペラペラの意味とは文法などを把握せずとも、聞いたことに答えて、話を続けていけることです。

今まで単語の綴りで発音を覚えてきた人にとっては、IPA(国際音声記号)はとっつきにくいのですが、少し慣れると簡単になりますし、英単語すべてがIPAに変換できるようになる。これは非常に面白く、また英会話においてとても武器になります。

⑧まとめ
正しい知識をまず身に着けること。発声法から、IPA、そしてネイティブという言葉の意味は母に関係しているということをきちんと認識すること。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「外国では、バイリンガルは当たり前?英語だけでバカ騒ぎする日本人」



ネイティブや帰国子女に劣等感?つい英語に過剰反応してしまう日本人の心理とは? ネイティブや帰国子女に劣等感?つい英語に過剰反応してしまう日本人の心理とは? Reviewed by よこいりょうこ on 3月 07, 2017 Rating: 5
MULTILINGIRL. Powered by Blogger.