新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

証券外務員時代に教わった、手数料無料のキャッシュカードを作る裏技




私は一時期証券会社で働いていたことがある。あんた、どんだけいろんな業界で働いてんの!?って思われそうですが・・・。

ま、
・医療系翻訳
・IT系の英語対応
・船舶代理店での英文メール対応
・証券会社でのコール業務
・電子機器の認証業務

など、

一応、いろんな会社で働いて今まで頑張ってきてるんですよ…?語学も女磨きも、仕事も頑張ってきているつもりです…。

そんな私は、ある証券会社で数ヶ月働かせていただいていたことがあります。



ほぼ外資系のとある日本の証券会社ですが。。おそらくすぐに分かっちゃうかも?私はもともとSBI証券の口座を持っていたのですが、この証券会社で働く前に口座を解約しました。私は証券外務員だったので、証券会社で他者の証券会社の口座を持ってはならない。みたいな、そんな規定があったので口座を解約した。

で、うちの証券会社の口座を作らないか?と言われたのだ。それも私と同期に入った数十名の派遣社員もみなそう言われた。

実際に2、3年過ぎた今でも私はその証券会社のキャッシュカードを使っている。




というのも、土日はそのキャッシュカードが使えないのですが、平日の昼間ならセブンイレブンにあるようなATMでお預け入れも引き落としもすべて無料だからです。

なぜ無料なのか?おそらく、証券会社のキャッシュカードなので、日本のように他国よりも投資が盛んではない国にもっと普及させたいという意図もあるのかもしれない。

なので、とりあえず証券会社のキャッシュカードを作らせ、そのままいろんな商品に投資させようとしているのであろう。けれども、私はキャッシュカードを作って数年経ちますが、営業の電話なんてかかってきません。ただ、キャッシュカードとして使っているだけ・・。

これを味わってしまうと、私がいつも使っている銀行のキャッシュカードがいかに全国民からお金を巻き上げているのかが分かってくる。

ちょっと考えるだけで恐ろしいのですが、日本のコンビニに毎日100万人ATMを利用したとする。

すると、手数料が105円くらいなのだから、1億近くの売り上げになる・・。恐ろしくない!?(笑)

結局システムを作り上げた人たちのもとへ、どんどんお金が流れていく仕組みだ。普段、私も、時間がないからと思いつつも、給料が入ってくるほうの銀行カードをコンビニで理容師ながら、引き出しに105円払っているのですが、こういう1億近い売り上げになるって考えると本当にぞっとしますよね…。

なんだろう、負け組のお金がどんどん勝ち組に吸い取られていくような、何とも言い表せない感覚…。( ´艸`)

やはり、私たちの知らないところで、日本人の投資を促して、日本にある貯蓄を海外に流そうと企んでいるのかもしれませんね。上にも書きましたが、日本の投資人口は欧米に比べて低く、貯金残高も合計すると高いので…。

ま、そんな上層部の企みをうまく利用して、手数料無料でキャッシュカードを使いまくれ!と私はお勧めしちゃいますがw

そんな私は、自分で住民税を毎月1万円ずつ積み立てているので、それ用にこの証券会社の口座を使っています。

私の場合
①メインの銀行口座
②もしもの為の時の口座(証券会社の口座)
③一生手を付けない口座

でお金を整理していますので・・。

しかも、別に株なんか購入していないのに定期的に証券会社から郵送で通知書みたいのが届く。

ある意味こういう通知書って金融の勉強とかにもなるので、私は結構このキャッシュカードには満足している。

こんな記事もオススメです。
「韓国の地方都市で1ヶ月、10万円以下で生活する方法(私は5万円だったけど・・)」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

証券外務員時代に教わった、手数料無料のキャッシュカードを作る裏技 証券外務員時代に教わった、手数料無料のキャッシュカードを作る裏技 Reviewed by よこいりょうこ on 4月 10, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.