新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

英語を使った【外資系企業】での仕事を見つける方法





今まで私は複数の外資系企業で働いたことがあります。そのほとんどの場所で英語を使用して仕事をしてきました。

やはり日系企業と外資系企業では、職場の雰囲気も違えば、そこで働いている日本人の質?も違うような気がします。

日本人の質が違う?と言えば、個人の質とも思われがちですが、日本人はその会社のやり方に合わせるので、人の質と言うよりは、会社のスタイルがその人員の雰囲気も変えてしまうと言ったほうがいいかもしれない。

たとえば、やたらとお疲れ様です。を連発しなければならないような会社がある一方で、相手のことは干渉しない主義の、すれ違っても目が合わなければほとんど挨拶はしないスタイルの外資系もある。

正直、会社のやり方に我々は合わせているだけなのだ。

私が今まで働いた外資系は、3つあります。


証券会社系
医薬品系
IT系

おまけを言うなら、日本の会社だけど外資系と組んでいたため半外資系だった会社でも働いたことがある。

これらの職場は、とにかく仕事は自分から聞きにいかなければならない。教えてくれるトレーニング期間は与えてくれますが、基本自分からガツガツ聞いて覚えていくという形。けれどもきちんと面倒もみてくれますけどね・・最初のほうは。

こういう外資系に入りたい人は、



やはり、こういう最大の派遣サイトなどで英語の会社を検索してみるのが一番おすすめ。私の場合は、こういうサイトに登録してメールで配信される内容を確認したり、自分からどんどん検索してみたりして、

どの分野で英語を使うのか?またどんな会社なのか?といろいろググって調査する。

外資系の医薬品会社といえば、もう名前はわかってしまうでしょうが、敢えて私はここで名前を言いません。一応派遣社員だった身としては、言ってはいけないことになっているので・・。

医薬品の翻訳のお仕事でしたが、やはり世界的な名の知れている大企業と言うだけあって、派遣社員でもグローバルのトレーニングと言うものを受けなければならなかったです。

通常、グローバル系の大企業は、

①ヨーロッパ
②アメリカ
③アジアパシフィック

のように、3つに分かれていて、私の会社も③アジアパシフィックのメンバー、たとえばインドとか、中国とかの従業員と一緒にトレーニングを受けました。

しかもトレーニング全部英語なんですよ?

派遣社員でも、英語を使う仕事だとこういうのは普通だったりします・・。ちなみに私と一緒にトレーニングを受けていた別の派遣さんは、英語の翻訳系ではなくただのデータ入力だったのですが、彼女たちで得さえ英語のトレーニングを受けなければならない。

8時間ずっと英語の電話会議で講義を聴いていたりとか・・。そんなのあり得る!?って感じでした・・

ちなみに、③アジアパシフィックの従業員のために、アメリカの本社のトレーナーは夜中に電話会議で講義をしています。

私はとにかく、外資系で働くステータスよりも外資系のやり方を体験できたことに満足感でいっぱいです。別に社員にならなくても派遣で働ければ、その会社にどんな人がいるのかもわかりますし、それが今後自分で何かを始めるときのヒントになったりもする。

今後、アメリカの圧力でますます外資系の波が日本に押し寄せてくると思います。TPPに入らなくても、日米だけの枠組みで同じようなこともしようとしています。

また、東芝といえば、東大くらいのブランド力がありましたが、ズタズタ。しかも、液晶で有名なシャープなんて今じゃ中国系企業になってしまっている。

今後、日本の会社が安全とは言えるような状態でもない。

そんな中で日本流のやり方と外資系のやり方を半分半分うまく使っていけたら、いいのではないでしょうか?

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


英語を使った【外資系企業】での仕事を見つける方法 英語を使った【外資系企業】での仕事を見つける方法 Reviewed by よこいりょうこ on 4月 24, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.