多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

お金をもらいながら、賢く翻訳学校に行く方法




タイトルを見ると、一見お金をもらいながら翻訳学校に行く方法。文字通り、そのようにイメージしてしまうかもしれませんが、この記事では、私なりの考え方で、

タイトル通り、お金をもらいながら翻訳学校に行く。という近い方法で翻訳のスキルアップしていく方法を書いていきたいと思います。

日本では派遣という素晴らしいシステムがあります。通常の正社員より色々なところで働けるメリットがある分、正社員に比べて給料が安い場合もありますが、正社員以上の責任は求められません。

アメリカ人の友達と話をしていると、アメリカでは翻訳にしても電話の業務にしても、きちんとできる!レベルにならないと未経験者はどこもとってくれない。と言っていました。



けれども日本の派遣の場合、派遣されたらきちんとお仕事を教えてくれます。

つまり、言い方は悪いかもしれませんが、お給料をもらいながらトレーニングを受けられるわけです。私はこういう日本の社会が好き。本来ならばインターンとかで経験を積んでからではなれない仕事にも、就くことができる。

この時点で、日本人に生まれてラッキーだったと思わなければならない。

日本でももちろん翻訳をする前に翻訳学校に通われる方もいます。けれども翻訳にもいろいろな種類があって、高度なものから簡単なものまで幅広いので、未経験可能の求人もたくさんあるのが現状です。

そういう未経験OKの職場では、時給は安いけどとりあえずちゃんと働いてくれる人に来てほしいからです。

というのも一度高い時給で働いてしまったことのある翻訳者は、時給の低い翻訳をやらない傾向があるからです。

たとえば、医薬翻訳などで2000円もらっていたとします。でもそういう経験をした人は、ほとんどの場合、1500円の翻訳の案件には飛びつかない傾向がある。
ということです。

前に進みたいなら、マインド次第です
リクナビ派遣のようなサイトで、未経験のカテゴリで英語の翻訳を検索してみてください。もうびっくりするくらい翻訳案件がでてきます。

特に未経験翻訳者を快く受け入れてくれる業界はITです。IT企業では、社員に英語ができる人が少ない。できたとしても忙しくて英語のためにわざわざ時間を使うことができない。

会社を運営する側もプログラミングができるならそれに専念させようとするからです。

そこで、会社に数人翻訳者のポジションが存在します。そういう人たちは流動性が高く、すぐに違う職場に移動してしまったり、経験だけ積んだらフリーランスで独立しちゃったりするので、ITの翻訳者ならすぐに仕事が見つかるという現状があります。

また特許。特許と聞くと一見難しそうな感じがするのですが、特許翻訳の要は、特許の明細書。本当に数枚の翻訳で、だいたいひな形が活躍できるようなシンプルな翻訳です。

そういう特許翻訳も、未経験可能で1500円から募集しています。

けれども、私の英語なんて・・。思っている日本人が多いから、結局他の人にその仕事を奪られることになります。

私はできる!それをアピールできている人がどのくらいいるでしょうか?





派遣会社は翻訳者にとっては素晴らしい学校とも言える
これは翻訳に限って言えることだと思うのですが、通常翻訳者はいろいろな翻訳をトライして、在宅で自分の家で翻訳者になったりとかするのが一般的です。というのもたくさんの業界を渡り歩いている人ほどいろいろな書類に目を通すことになり、マルチに扱える翻訳者になれるからです。

たとえば、5年間同じところで同じソフトウェアの翻訳をしていました。というような人よりも、3ヶ月おきに違うプロジェクトの翻訳に携わらせていただきました。明らかに後者のほうが、いろいろな翻訳スキルを持っている。この人に任せたい!となるわけです。

これは、翻訳に限って言えることです。もしこれが事務作業のお仕事とかだと、なぜ何度も違う職場で同じような仕事をしてるのだ?と思われるかもしれません。

翻訳の場合、案件によって扱う翻訳の内容も違うため、色々な業界で働くほどいろいろな知識が吸収できるし、いろいろなソフトも取り扱えるマルチな翻訳者になれるというメリットがあります。

そういう意味でも、たとえ時給の安い翻訳であっても、学校!と心の中で思っておけばいいのでは?というのが私の考え。

翻訳者は、調べる時間がある


色々な業界で翻訳をしてきた私ですが、翻訳者のいいところは、ずっと翻訳の日はあまりないということです。つまり、翻訳するものがない日は、会社で待機していなければならない。その間、自分の翻訳力を高める勉強もできる。

どんな業務には波があり、担当するものが翻訳だけの人の場合、翻訳以外をやらせるわけにはいかないので(派遣の規定みたいなものがある)

翻訳の仕事がない時は、自由に今までの復習をしたりすることができる。

こういう時間に自分でいろいろなことを調べたりして、翻訳スキルを向上させるために勉強したりすることができます。


派遣会社の良いところは、三ヶ月更新というところ


また、普通の会社とは違い、様々な業界で働いた人が、採用される確率の方が高いです。これはプログラマーなんかもそうですよね。

将来的にパソコン一台で働きたい人などには向いています。

プログラミングも翻訳も場をこなしている人のほうがスキルが高い。1500円でなんて働きたくない!と思っているとすれば、それは傲慢かも。

じゃ、よく考えてみてください。

半年間仕事をしないで、翻訳学校に通いました。となると、週に一回に授業があるとしてそれを半年するだけでも、だいたい20万円くらいかかりいます。

20万円消費するなら、現場で先輩たちがどんな翻訳をしてるのかみながら覚えるというのも、アリですよね?

1500円×8時間=240000円となります。ここから保険とかいろいろ引かれると、残るのは18万円ほどでしょうか?

それでもやはり十分に生活はできる。

そして、その種を撒いた期間が将来、素敵な翻訳者になる土台となっているはずです。

1500円を我慢すれば、あとは時給が一気に上がる!

この時給の職は見習いの単価なので、未経験でも英語の資格があれば、入れます。もちろん先輩がたは、時給2000円代の場合もありますが、見習い単価なので、どんどん仕事中に実践して学べる。

わたしのマインドでは、会社は失敗が許されない学校です。

これは会社側からすると、嫌な聞こえ方かもしれませんが、そのようなマインドを持つことはとても重要と私は考えています。というのも私は、後世の人材を育てるのも会社の役割と考えているからです。また私が会社を経営した場合でも、そのようにやる気のある若者はどんどん育てていきたい。

会社に貢献しながら学べる。これって、素晴らしいではないでしょうか?

実際に今、翻訳者やプログラマは不足しているので、真剣に考えてみる価値はあるかもしれません。

こんな記事もオススメです。
「一部のプロ翻訳者が絶対に言いたくない、有料ネットワーク【アメリア】とは?」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


お金をもらいながら、賢く翻訳学校に行く方法 お金をもらいながら、賢く翻訳学校に行く方法 Reviewed by よこいりょうこ on 4月 25, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.