新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

世界の歌姫「シャキーラ」は、5言語を操る?スペイン語、フランス語、英語、ポルトガル語、イタリア語、アラビア語 【海外の反応】




遂にガクトを超えた!?とも言いたいところですが、レベルが違うかもしれない。というのも、シャキーラの外国語運用力はかなりのレベルに達している。

もしかしたら、シャキーラに対抗できる日本の有名人と言えば、私が思いつく限り、あのサッカー選手、川島永嗣さんくらいではないだろうか?

「サッカー選手、川島永嗣さんの英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、オランダ語を検証!」

こういうマルチリンガル(ポリグロット)には、やはり好奇心が強い人が多いというコト。



この動画で彼女が話す言語は、

①スペイン語
②フランス語
③英語
④ポルトガル語
⑤イタリア語 

と、どれもインド・ヨーロッパ語族というものに属する言語ですが、外国語を特に学ぶ必要がないといわれているアメリカ人でこれだけ話せるのはすごい。

まず、アメリカ人はが国語を学ぶ必要がないと思っているので、これだけ覚えようとするパワーは凄まじいとしか言いようがない。

って、色々調べてみるとシャキーラ様は、アメリカ人ではなく、 コロンビア人のようですね。

コロンビアってどこ?


コロンビアって、南米の一番北側に位置する国。スペイン以外で一番綺麗なスペイン語を話す国としても知られている。


でも、シャキーラといえばアメリカで活動しているイメージがありますよね?共同製作者にあの、ビヨンセもいますし…。 なんか、これだけ話せると、5つの顔を持っている感じですね…。

ポルトガル圏では、こういう顔をしたり、フランス語圏では、こういう顔をしたり、みたいに、使い分けができる賢い女性なのかもしれません。(笑) この中で、フランス語を話すときが、なんだか笑ってごまかしているようにも見える?

けれども、彼女のように、話す言語ごとに、また行く国ごとに人格を少し変えて色々な人と接する能力は、どんな女性でも欲しがるものではないか?

こういうのは、強い独立した女性に映りますよね。

また私は彼女の曲の中でフランス語版の

Je l'aime a mourir

というのがあるのですが、
この歌のタイトルを日本語に訳すと、”死にたい・・”なのですが、もちろんこの歌の歌詞に隠された内容はさておき、



この曲すごくいいんですよね。聴いているだけでリラックスできるような音程です。

この動画では、1番目を母語のスペイン語で歌い、2番目をフランス語で歌っています。この2番目のフランス語を歌う瞬間、聴衆はすごい盛り上がっています(笑)

なんだか2言語で歌うなんて、かっこいいというか、世界は変わったのだなと感じてしまう。

けれども、日本では二言語で歌う人はあまりいない気がする。たとえば1番を日本語、2番を韓国語でうたったものなら、どんな批判をされるかわからない。というのが日本という国の現状でもある。

つまり、こういうところが日本の子どもっぽい部分でもあるかもしれない。今後も融合していく西洋の歌姫、シャキーラから目が離せなさそう。

もう一つ動画を発見。


こちらの動画でも、
スペイン語
フランス語
英語
ポルトガル語
イタリア語
の語言語を話すと紹介されていますが、コメント欄を見ると、なぜレバノン出身のシャキーラがアラビア語を話せるくせに、アラビア語を話せる!とは公言しないの?というコメントにいいね!がいくつもついていました。

やはりアメリカではアラビア語はテロリストの言語だと思われているのか?

多言語ができるようになると、どんな感覚になる?
マルチリンガールりょうこはユーチューブでも公開しているように現在5言語話すことができますが、それぞれ完璧レベルではありません。英語は翻訳・通訳の経験もあり、あらゆる場面で幅を利かせることはできますが。

多言語を身に着けると、日本だけが自分の居場所ではないという不思議な感覚を持つようになります。

もちろん遺伝子レベルでは日本人ですし、日本を守りたいという気持ちもあるのですが、それとは別に、アイデンティティが日本にありながらも、他の国の土地も自分の土地と思えるような感覚です。たとえば私にとって中国や韓国は政治を抜きにすれば、友達も思い出も多いし、場所もよく知っているので、自分の土地のようにも感じます。

また英語を話せるので、どこの国に行っても大丈夫。という感覚が常にありますし、

アラビア語を学んでいるせいか、中東やイスラム文化などにも抵抗なく、ついていけるようになっています。つまり興味がなかったイスラム文化を自分から学びたいと思うようになったため、それも相乗効果になりアラビア語をもっと学びたい!ということになっているのです。

つまり単言語ができるようになると、引き出しが増えると思うのです。また引き出すが増えるというコトはつながりも増えるということなのです。

こんな記事もオススメです。
「フランス語とスペイン語は、まだ勉強するな!」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

世界の歌姫「シャキーラ」は、5言語を操る?スペイン語、フランス語、英語、ポルトガル語、イタリア語、アラビア語 【海外の反応】 世界の歌姫「シャキーラ」は、5言語を操る?スペイン語、フランス語、英語、ポルトガル語、イタリア語、アラビア語 【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 4月 19, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.