新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本では自分のことを、バイセクシャルだと気づかない人が多い?




最近よく思うことがある。それは日本では以前にくらべてかなり恋愛に対して自由になってきたのではないか?ということ。とりわけ私が関東に住んでいるからそう感じるのかもしれませんが…。

という私の地元北海道では、もしかしたらもっと自由度が高いかもしれません。北海道は離婚率ナンバーワンですからね…。と思いきや、今や沖縄県がナンバーワンになっているではないか。。

https://woman.mynavi.jp/article/150118-66/

これは、地方では娯楽がすくないので、デートをする人が多くなるというものらしい。確かに都会で生活していると、デートよりも楽しいことがたくさんある。趣味の活動だったり、ビジネスの豊富さもあげられる。

ところで、日本ではライフスタイルが変わってきている。と私は非常に感じている。

たとえば、以前のように会社に勤めるというのだけが選択肢というわけではなくなっている点。

従来のように、ひとつの会社でずっと働く。というスタイルであれば、同じ土地で同じ土地の相手と結婚するというスタイルが主流だったかもしれません。現在でも日本の多くの地域ではこのスタイルが主流だとは思います。というのも、日本人は昔から自分の地元を愛する人が多いため、そこに定住して文化を守ろうとするからです。

で、話は戻って、なぜ、私が最近バイセクシャルの人が多いと感じるのか?

ということを語ってみると、実際に私の周りの男子が、そうやって言ってくるからである。俺、もしかしてバイセクかも?…。みたいな話をです。

まあ、私はこのように言うのですが…。



私と今一緒にいる時点で、バイセクでしょ?って(笑)

特に、海外旅行に行ったことのある人、学歴が異常に高い人。などにこの傾向がみられると思う。

私は海外旅行に何度も行ってきているので、同世代の日本人やアメリカ人、また中国人、韓国人などと関わることが多い。

で、特に外国人と交流すると、語学を通して交流できるせいか、私みたいな性別不詳でも、男性に近づきやすくなる。

で、彼らはなぜか、最初毛嫌いしているだろう私に対して好感を抱くことさえあるのだ。これはまた不思議だ。

結局、男たちって、男でも女でもどっちでもいいわけ?と思ったことすらある。( ´艸`)

で、話はちょっと変わって、

面白いお話なのですが、人って自分の見たことのある異性の平均顔を好む傾向があるということです。たとえば、日本にしかずっと住んだことがない人であれば、日本のタレントのような顔は好感が持てるかもしれません。

日本のタレントといってもハーフとか、いかにも日本にいなさそうな顔の人ではなく、割と、平均の日本人にもたまにいそうな顔で整った感じの人。

けれども、アフリカで10年くらい生活していた日本人の目からすると、東南アジアとかインドくらいの女の子が、平均顔に見えたりするかもしれない。

私はこれをロサンゼルスで感じました。

明らかにカナダのトロントに住んでいた時は、トロントに住む白人と中国人をはじめとする太平洋側の人たちが真っ二つに分かれていたので、白人は白人と付き合うというような感じで、白人独特の美しい像がきちんとトロントにはありました。

たとえば、分かりやすく誰でも知っている人をあげると、アヴリルラヴィーンとかセリーヌディオン。特別スゴイ美人!っていう感じではないけど、平均に近いのかな?って思います。

当時トロントに住んでいた私は、白人と東アジア系を混ぜたような顔をしたブラジル人に一目ぼれしたという経験がある。通常私は白人男性にあまりうっとりしないのですが、その人は特別で、なぜかカフェで偶然その人に会ってしまったとき、人見知りになった経験すらある。

「ブラジル人女子が選ぶ、ブラジルのイケメンTOP5」

おそらく、ブラジルという国は日本人好みの顔が多い国だと個人的に思っています。

一方、ロサンゼルスではメキシコ人がかなりの割合でいる。もともとメキシコの土地だっただけあって、白人と言うよりは中南米のラテン系が多く住んでいる。それがロサンゼルス。

けれども、ハリウッドなどロサンゼルスの西部に行くと白人率が高くなったりする。

ロサンゼルスのダウンタウンを歩くと、日焼けしている女性のほうが、ホットに見える。けれども、そういう人がトロントの街を歩いていてもあまりホットに見えなかったりする。

ということを私は勝手に思っていました。

これって、韓国ソウルの街で日本でモテはやされそうなミニスカの女子が歩いていても、あまりホットに見えないのと同じことなのかもしれませんが、つまりここで言いたいのは、人はその土地の平均顔というスタンダードを勝手に設定しているのではないか?ということなのです。

で、話はバイセクに戻りますが、この記事では男性中心の記事になっていますが、男性って潜在意識の中に眠っているだけで、本当はバイセクの人が多いのかな?と個人的に思ったりしている。

これは海外滞在などを通して感じたものだ。

海外に滞在したことある人や、とりわけ高学歴な人は、ちょっと変わった人も多く、好奇心の強い人も多いため、

私に寄ってくる率が高い。というのも確かだし、そういう文化に閉鎖的と言われている韓国ですら、私に近寄ってくる男子も結構いた。

なので、男女問わず、色々な経験をすることでストライクゾーンが広がるのかもしれない。と私は思う。

生物学的に、生理学的に同性を愛するなんて難しいと思うかもしれませんが、実際に爺さん、ばあさんになったとき、そういうものはあまり関係なくなるので、

おそらく、人って異性だけではなく、同性にも強く惹かれていくものだと私は感じている。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」

日本では自分のことを、バイセクシャルだと気づかない人が多い? 日本では自分のことを、バイセクシャルだと気づかない人が多い? Reviewed by よこいりょうこ on 5月 01, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.