多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

日本の子どもは甘やかされすぎ?戦場の子供たちから学べること




この動画を見て驚いた。なんと、8歳。私が8歳の時って、いったい何を考えたいたのだろう?と振り返るだけでぞっとするような気がしてくる。

いわゆるイスラム国が運営していた学校に通っていた少女。スカーフをかぶりたくないのに、強制的にかぶれ、などと言われて、暴力などを振るわれたと語る少女。



日本のテレビを見ていると、海外の情報などはでてきても、どれも楽しそうに生活している人たちの映像ばかりで、実際に今世界でどんなことが起きているのかということをあまり報道していない気がする。

まさに情報は探そうと思えば探せる国なのに、その国民のほとんどは、表面的なものしか見ない。

こういう動画を見ていると、いかに日本人は恵まれているのか?という風に考えてしまう。なんだろう、安全な島に逃げ込んできたような感覚。

もともと日本で生まれたかというよりは、私の場合海外生活も長かったので、日本列島に避難しに来ているというような感覚。

日本からインターネットでこうやって世界の現状を知る。ただみていることしかできないのですが…。

今後、日本でももっと海外のことを意識できる若者が増えていくと期待していますが、そういうこともあって私もこのブログを充実させて、実際に世界で何が起こっているのかを発信していきたいと思います。

戦場の子供は強い


この動画を見ていて思うことは、常に信じ続けている。明るい将来を思い描いて、常にいろんなことを考えながら生きている。ということがわかる点。

日本も戦争を経験した人たちが一致団結して日本を立て直した。その恩恵を今の世代の人たちは受けていたりする。確かに働きすぎでの過労死など、たくさんの問題が出てきたのだけれども、実際に戦後、復興したときに頑張ってきた日本人のおかげで今の生活ができる。ということも忘れてはいけないのでしょう。

今まさに、イラクやシリア、イエメンで多くの若者がこのような戦場を経験している。けれども、それが終わったとき、きっと彼らはお医者さんや先生になるだろうし、2050年くらいには、今はこうやって戦場で生活している子供でも、アメリカやほかの国で大成功している人もどんどん出てくるかもしれない。

私は今後、中東のこのような子供たちがもっと改革を進めていくと思っている。

子どもに限らず、夢を諦めない心を持つことが重要。
①常に自分を信じ続ける
②周りに優しさを与える
③毎日を幸せに生きる

戦場の子供よりも、日本の多くの人がハッピーにみえない。と思うのは私だけだろうか?

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


日本の子どもは甘やかされすぎ?戦場の子供たちから学べること 日本の子どもは甘やかされすぎ?戦場の子供たちから学べること Reviewed by よこいりょうこ on 5月 23, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.