多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

川崎宗則さんのカタカナ英語が、アメリカ人から評価される理由【アメリカの反応】




驚くことにこの動画の、いいね!の数がハンパないことに気づくと同時に、このカタカナ英語を話す川崎宗則さんの伝えようとする熱心な態度が、人を惹きつけていることが分かる。

ちなみに、いいね!の数は1万を超えている…!(驚)

シャイさを前面に出し、中途半端なネイティブをマネた発音で英語を話す、一部の日本人にはできない、その魅力さを川崎宗則さんは持っている。

私は、このムネリンと呼ばれている川崎宗則さんのことに詳しいというわけではないのですが、この動画を一回見ただけで、もう忘れないくらいの印象を持ってしまっている。

マルチリンガールのブログでは、色々な有名人の英語力を紹介させていただいているのですが、たとえば、この鈴木亮平さんと比べた場合、
「鈴木亮平さんは、日本語・英語・ドイツ語・中国語のマルチリンガルだった?」

明らかに私の記憶にとどまってしまうのは、川崎宗則さんのほうだ。なんだろう、そのインパクトが違うのです。

鈴木亮平さんの場合は、なんか自分で言いたい!というよりも、プロモーション活動として英語を話しているような感じがするのに対して、ムネリンさんの場合は本当に自分を表現しているような感じがする。

実は私はこの以下の動画を見る前に、NHKのインタビューでアメリカで試合をしているムネリンさんにNHKのリポーターが日本語で質問したところ、ムネリンさんはその日本語の質問に対して、つたない英語で返事をしました。

”Here is America" みたいな感じだったと思います。ここはアメリカなのだから、英語で返答しますよ!という感じで、どう考えても普通のシャイな日本人には真似ができない、決意?というか、ケジメみたいなものを感じた。


https://www.youtube.com/watch?v=Jm9bEizIGBE

西洋の世界では日本人は度胸がない、静か、受動的のように思われている中、川崎宗則さんがこんなにも自ら英語を話そうとする姿勢が、逆に新鮮に思えるのかもしれない。

おそらく、こういう動画を見ると、ネイティヴスピーカーからも、かなり "impressive" に映るのではないか?日本人にも、こういう強烈なインパクトを残す人がいるのか・・。みたいな。

最近は、ネイティブの発音だの、なんだのと、色々な宣伝がやけに目につきますが、実際にネイティブの発音ができる日本人でも、外国人の友達が少なかったり、英語を使う仕事に就けていない人も多い。英語を発信する力はもちろん重要だけれども、発信だけできてきちんと聞けていない人も多い。

それよりは、聴く力。がまず重要。だと思うのです。

このインタビューでは、川崎宗則さんの発音がそれほど上手ではないと思われているかもしれませんが、インタビューアーのあの早い英語を即座に聞き取って、英語で返答している。

リスニングができないと、受け答えができないのは言うまでもない。

最近、アメリカでも、人の話を聴く力。というのが問われてきていると聞いたことがあります。まずは相手の話をきちんと聞いてそのうえで主張・返答するという意味です。

アメリカ人が日本人を見るときと、日本人がアメリカ人を見るときでは若干違う気がする。日本人はアメリカ人を少し尊敬の目で見ていると思う。日本より進んだ国の少し頭の様さそうな人たちという目で見ているのに対して、アメリカ人は、経済は進んでハイテクだけど、ライフスタイルが進んでいない若干遅れている日本人という目で見ているのかもしれない。

なので、ここでは敢えてシンガポール人で例えてみた。

もし、シンガポール人で日本語が下手な人が、一生懸命、動画の中で単語とかを繋ぎ合わせて日本語を話そうとしたら、

こちら側も一生懸命見ようとする、または返答しようとする。そう思いませんか?

日本人には勘違いしていることが一つある。それは英語を完璧に話さなければならない。と思っていることである。

けれども、外国語を話す上で、カッコつけたりとか、アメリカ人の若者みたいに、ペラペラしゃべろうとする必要性は全くない。

心のうちにある気持ちを伝えようとしたいか、伝えようとしたくないか。ただそれだけのことだと思うのです!

また、以下の動画も注目です。こちらはハフィントンポストで見つけた動画ですが、なんと、

川崎宗則のスピーチ、アメリカで「伝説に残る」と讃えられる



という風に紹介されている。ムネリンの両わきにいるリポーターは、苦笑いしながら質問しているけれども、これがまたおもろい!まるでお笑い番組を見ているのかのようで笑いを誘う!

100万以上の再生があり、また、いいね!の数も2000以上。この強烈なキャラはアメリカでウケるのでしょうね!(笑)

http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/16/kawasaki-munenori_n_8317914.html





これらの動画に対する海外のコメントを少しご紹介しますね!

1.海外の名無しさん
俺の日本人の相棒、お前のことを尊敬するぞ!練習を続けて!

2.海外の名無しさん
彼はいいやつだよ!

3.海外の名無しさん
彼の英語はさ、彼にとっては第二言語なんだぜ?彼の英語をバカにするやつに言うけど、じゃ、お前の日本語はどなんだ?

4.海外の名無しさん
たくさんのアメリカ人(アメリカ国籍)は英語を話せないのも事実。たとえば、ヒスパニック系の人口が多いネバダ州や、テキサスでは、スペイン語しか話さないやつも多いのに。

5.海外の名無しさん
彼は自分が英語を話すというよりも、面白くユーモアを持たせているのだと思う。他のアメリカにいるコメディアンよりも、優位かも?

6.海外の名無しさん
ただバットを振れ、ただボールを投げろ、ただボールをキャッチしろ、で、ただ勝て!なんという伝説なの!

7.海外の名無しさん
伝説になったフレーズ→
"We are not afraid.... Just Swing, Just Throw, Just Catch, No thinking, Just WIN!"

8.海外の名無しさん
この男、見るたびにイケてきてるわよね、私は彼が好きよ

9.海外の名無しさん
この男、いつも私に笑いを誘ってくれるの。本当に愛らしいわ。

10.海外の名無しさん
このままの英語でいてほしい。と願っているのは俺だけだろうか?

この動画を見てのマルチリンガールの感想
結局は伝えたいことを熱意をもって伝えようとする姿勢がまず大事なのと、単語力をそこに乗っけて、ある程度マシな文法で話す!

また、英語を聞き取る力を、話す力よりも伸ばすことが重要なのかもしれない。と思いました!

この記事をフェイスブックでシェアしたところ、さまざまなコメントが寄せられました。
Erikoさん
おはようございます。私も同感です❣️日本🇯🇵人は日本語という難しい言語を話している上で、第2カ国として英語を話しているのですから、卑屈になる理由などありません❣️アメリカ🇺🇸には英語しか話せない人も沢山います。発音にアクセントがあるのも独自性があっていい❣️やはり話そうとする熱意と人格、あとは知性だと思います。

👍。❤️す。


橋本さん
こちらに専門性があり、相手がこちらの話を聞きにきてるなら、よほど酷い発音でない限り相手はこちらの話を聞こうと努力すると思います。文法の何も関係ないですね。こちらが先生なんですから。
I am a teacher. You are students. that's all.

にしくみさん(クロアチア在住)
ほんとさー、カタカナ英語ってバカにする人は自分はどうなのー?って思うよね!インドとか中国とか、英語ネイティブじゃない人たちの英語人口がどんどん増えてる中、ネイティブの発音じゃないと…とか言ってる場合じゃないと思います(^_^;)言葉は道具なんだから、それを使ってどうコミュニケーションを取るかということが大事ですよね。アメリカでは「私は日本語が話せないから英語を話してくれてありがとう」って言ってもらえることが多くて嬉しかったけど、日本では外国の人に「日本に来たら日本語話せよ」と言う人(直接じゃないけど)が多くて引きます…(・・;)

Kawaiさん
少し別の観点で。発音を気にしてる日本人は、英語を習得できない言い訳が欲しいだけだと感じます。おそらく、「発音は気にしなくていいんだ!」という認識が拡がっても、今度は別の英語を習得できない理由を探してくると思います。

Hiroeさん
難しい事を考えすぎず が一番だと思います。私は、ムネリン大好きですよ(笑 というか、私もお友達と こんな感じなので 呆れられながらもメゲずにです。

岩崎さん
言葉って伝わることが大事だから、上手い下手は関係ないんですよね〜🤗コミュニケーションしようとしてるかどうかが一番大事ダァ〜日本人の何もしないで、わかって欲しいは通用しません!😫


竹本さん
あはは!わたしみたい!私とても「話せます」のレベルじゃないと思いますが「相手も人の子、なんとかなる」と懐に入っちゃいます!ある程度外国人慣れはしてるので、なんとかなるもんです。ムネリンは発音どうのより、伝えるのが上手いですね!人間が好きなんでしょうね!

玉さん
自分がこの動画から改めて感じたのは、如何に聞き取り(昔風ならlistening、今風だとcomprehension?)が大切かと言うことでした。言いたいことはまあ、何とか成るものですが、相手の言うことを理解出来ないと、お手上げかなと。
今だに英語もですが、最近始めた中国語でも、聞き取りに難渋しています。 (^o^)v

北原さん
論より証拠。川崎選手素晴らしい!!立派な表現者です。大相撲の外国力士の日本語も、達者なものです。帰化する力士も多いですけど・・・

Makikoさん(ドイツ在住)
この方の英語は未だ未だですが、しかしながらこう言う風に体当たりで、ユーモアとガッツが有るタイプの方は伸びるんですよ。頑張れ〜

西地さん
私も色んな国の人と話しをさせてもらってます。韓国語は話せないし、英語もほとんど話せない。中国語ならなんとか…のLevelだけど、確実にコミニュケーション能力は上がりましたよ♪あと、韓国人を笑わせる魔法の言葉とか。習うより慣れろ!ですかね?たわいもない話しをし続けてるうちに自然と話せる様にるんだなぁ〜って。実感です。

木村さん
インタビューアーの質問に即答できているから、リスニングはできているようですね。

Takashiさん
早くマスターするには頭よりも度胸かな。めちゃくちゃな英語でもガチンコでひるまずにしゃべっている人の方が早く喋れるようになっている気がします。

播磨さん(スペイン語通訳者)
世界中の人が母国語訛りで英語を話すのだから、最近はネィティブの英語に寄せて話すことよりもいろんな訛りで話される英語にある程度ついていけるだけの英語を聴く能力が必要だと確信しています。
日本の英会話学校はネィティブにこだわっている所が多いですが、それもどうなんですかね(・・?そりゃ英語を母国語とする人から発音学ぶのに越したことはないのでしょうが、USとUKじゃかなり違いますしねぇ(^_^;)。

山田さん
言語を問わず、相手に伝わるのは真剣さとユーモア😘なんですね!

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」






川崎宗則さんのカタカナ英語が、アメリカ人から評価される理由【アメリカの反応】 川崎宗則さんのカタカナ英語が、アメリカ人から評価される理由【アメリカの反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 5月 31, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.