多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

南北統一に向けた動き?朝鮮語と韓国語を統合への試みか





現在北朝鮮の核問題がある中、韓国人の胸の内は、統一したいだろう。けれども、経済的な格差や、まったく別の教育を受けてしまった国がいきなり統一してしまっては混乱するだけだし、それが現実的ではないということも彼らはよく知っている。

また、この問題を放棄して、考えないようにしようとする人さえもいる。現在、韓国の若者の間では、アメリカに目を向けている人が多い。

一部、日本好きな人もいるのですが、やはり

そういう面で日本の若者と違うところ言えば、日本は自分の国は今後もなんとかなると思っている点で、韓国人はいつ国がなくなってもおかしくないという危機感を持っている点ではないか?

なので、韓国人が英語を勉強する熱は日本人以上のものがある。なぜなら、国がいつかなくなってしまったときに、どこか他の国へ移民しなければならないからだ。

そんな韓国では、北朝鮮と韓国人が恋人になって結ばれるようなドラマが流行ったりする。けれども、実際に韓国に住んでいる北朝鮮人はそのような好待遇受けているわけでもない。



この動画によると、北朝鮮語と韓国語は同じだと思われがちで、グーグルの翻訳機でも、"Korean" で統一されているが、実際50パーセント以上の単語が違うのだという。おそらく、固有名詞に違うものが多いのではないか?と私は思うのですが…。たとえば、食べ物の名前とか…。

分断されて70年以上経っていますし、確かにそれだけ隔離されていれば、使う言葉も変わってくるのかな?とも思ったり。

また、韓国には、27000人の亡命者がいるのだそう。私は一度も北朝鮮の亡命者に会ったことがありませんが…。これを機に友達にいろいろきいて、北朝鮮の知り合いを作ってみようかしら。(笑)

この動画では、今後北朝鮮から韓国に人が流れてくることを想定しているのか、北朝鮮語と韓国語をスマホのカメラ機能で、すぐに変換できるようなアプリを開発しているのだそうです。

あたかも、この動画を見ていると、南北が統一されていくような感じがしますね。なんだろう、着々と何かを準備でもしているのか?

内情まではよくわかりませんが、この動画を見てそんなことを考えしまいました。私的には東京オリンピックが終わる前かそのあとくらいに、東アジアの情勢が変化するのではないか?と思っているので、余計にそう思ってしまう。

それにしても日本ではネガティブな報道ばかりで、こういった将来へ向かった動きが報道されないのは残念だ。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」








南北統一に向けた動き?朝鮮語と韓国語を統合への試みか 南北統一に向けた動き?朝鮮語と韓国語を統合への試みか Reviewed by よこいりょうこ on 5月 26, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.