多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

眞子内親王の婚約、世界はどう報じたか?【海外の反応】





Princess Mako engaged で検索してみたところ、正直それほどこの話題について世界で関心はほとんどもたれていないようである。

NHKの英語版のニュースは9万PVくらいあったが、それ以外はあまり目立った動画はなかった。なんだか、日本で無理やり連日報道している感があるけれども、海外にはあまり関係のないことなので、報道されないのでしょうね。

けれども、このユーチューブ動画にはかなりのコメントが寄せられているので、私なりの解釈で翻訳させていただくことにしよう。

世界の反応を見てみよう。



1.海外の名無しさん
つまり親王の場合、一般人 (commoner) と結婚しても称号は消えることはないが、内親王(Imperial/Royal princess)→(女性の場合は内親王です!)の場合は、称号を捨てなければならない。

2.海外の名無しさん
日本の皇室とイギリスの王室は全く意味が違うよ。

3.海外の名無しさん だれが気にするっていうの?私には関係ないし。

4.海外の名無しさん 純粋で真実の愛! 心から二人の幸福を祈ります。
→私も賛同するわ!

5.海外の名無しさん 愛は山をも動かせる。

6.海外の名無しさん 愛のほうがもっと重要。これは自然の原則なんだ。

7.海外の名無しさん 彼は観光系の仕事だけじゃなくて弁護士でもあるのよ?

8.海外の名無しさん 彼は弁護士なんかじゃないよ?ただのパラリーガル。アシスタントさ。しかも、大学院生。

9.海外の名無しさん
恋っていうのは魔法だよね、しかも国境もない。二人の本当の愛を応援し続けてるよ!

10.海外の名無しさん 日本人にとっては、相手に”こうするべき!”っていうのは、ちょっと失礼に当たるんだよ!

11.海外の名無しさん 彼女はかわいい。だって彼女が赤ちゃんだったころのことを思い出すくらいだし。もう結構時間たったんだね。彼女の興奮を願うわ。

12.海外の名無しさん ちょっと整理すると、日本ではどんなにお金持ちの大富豪でも結局は平民なんだ。だって、貴族でも貴種でもないんだからね。ま、女性差別って感じがするね。

13.海外の名無しさん 伝統なんかの奴隷にはなりたくない。

14.海外の名無しさん 称号なんて、誰が気にするっていうの?幸福がキーなのよ?彼女は絶対に幸せになり続けるにきまってる!お幸せに!

15.海外の名無しさん めっちゃ似合ってる!

16.海外の名無しさん てか、以前、皇室内で、追い出された人いたよね?
→うん、天皇の娘、紀宮清子内親王だよ。(外国人のほうが意外とこういうの詳しいんですね・・)

17.海外の名無しさん 長い目で見れば、彼女はきっと後悔するだろうね。

18.海外の名無しさん 眞子、いい決断だったわ。お幸せに生きるのよ。

19.海外の名無しさん そうだよね、まったくその通りだよ。彼女が幸せだと思った道を選ぶこと。おそらく将来、法などが変わって女性がTOPになる日も来るだろうね。

こんな感じでコメントを簡単に和訳してみました。
和訳していて思ったのは、日本ではもちろん、今まで何百年も続いてきた男性の天皇を継続させたいという人が多いと思うのですが、西洋から見ると女性差別のようにみえていたり、伝統の奴隷にはなりたくない。という風に思っている人がいたりするということもわかる。

というのも、日本は伝統がとても強い国なので、外国と日本との考え方には違いがあるのは確かだろう。

けれども、やはり誰もが思うこと。それは好きな人と一緒になることが一番いいということだった。

世代が変わってくると、もしかしたら女性天皇の話の議論も本格化していくかもしれない。また台湾が同性結婚を合法とする方向に向かっているように、アジアの西洋化が止まらない気がする。今後も、日本の女性の働き方改革からはじまり、女性天皇の議論も進んでいるのではないか?

皇室がなくなってしまうと、日本は二流国家になってしまうという声も聞こえてきますが、私もそうだと思っていまして、今後の皇室のあり方などは本当に気になってしまうところであります。

こんな記事もオススメです。
「紀子さまの手話に対する、国民の反応」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


眞子内親王の婚約、世界はどう報じたか?【海外の反応】 眞子内親王の婚約、世界はどう報じたか?【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 5月 23, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.