新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

「同性婚認めないのは憲法違反」西洋化する台湾【中国の反応】




未だ日本でも進んでいない同性婚の議論。日本の兄弟でもあり、西洋思考が強いとされる台湾で、最近「同性婚認めないのは憲法違反」と台湾の最高司法機関が判断し、賛成派、反対派の市民らがそれぞれ大規模な集会を開くなど、混乱が続いている状況が話題となっている。

個人的に韓国ではないにしても、中国の同性婚に対する記事を見ていると、中国でもこれから同性婚の機運が高まってくる気さえしてくる。

なんか雰囲気が渋谷みたい・・

https://www.youtube.com/watch?v=SzksizcoYhE

ということで、中国大陸ではどのような反応があったのか、調べてみることにした。中国政府と繋がっている報道機関が書いたようなニュースよりも、

WEIBOというブログの書き込みで一番注目だったものをピックアップしてみた。

説明を追加

このブログで注目する点は、5月24日に書き込まれたこのブログに6万件のコメント。しかも、16万件のいいね!がつけられている点である。

しかも、

”ついに、台湾がアジアで最初の同性婚ができる国になった!”となっていることから、中国大陸の人たちにとっては、自分たちの台湾が成し遂げた!みたいな感覚なのかもしれません。

政治的には違っても、同じ中華ということで、あたかも中国大陸に住んでいる俺たちが成し遂げたのだ!とうような感覚で要るのかな?という風に感じ取れました。

こちらは同性婚が認められる国。

以前もこのようにブログでこの話題を書いたことがあった。同性愛を禁止しているようなキリスト教の考えとは逆に西洋では逆に同性婚の合法化が進んでいる。日本は、同性愛的な要素が歴史にたくさん含まれている国なのにもかかわらず、この話は進んでいない。という不思議さ。

私の予想ではやはり、2020年の東京オリンピック前かそれ以降にかけてこの話の議論がどんどん進んでいくものと思っている。

こんな記事もオススメです。
「日本と韓国における LGBT (同性愛者)に対する意識の違い【海外の反応】」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」


「同性婚認めないのは憲法違反」西洋化する台湾【中国の反応】 「同性婚認めないのは憲法違反」西洋化する台湾【中国の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 5月 26, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.