新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

なぜ、フランスではミニスカートは敬遠される?




ミニスカポリスというものが流行ってしまう日本。また、オジサンからお金を巻き上げようとする市場がある。それが日本だと私は思う。つまり、そういう日本人男性の心理をうまく利用して、若い世代の女性にミニスカートなどをはやらせる。すると、そういうトレンドという市場ができ、カワイイブームだと言って盛り上がる。

たとえば、AKBとかモーニング娘。みたいなものはヨーロッパでは流行らない。ということを見てみるとわかるのではないだろうか。

日本に来る外国人が思う、なんだろう、この変な日本の文化?という部分に、この日本のアイドル市場が大きいことも挙げられるような気がする。

私も実際に、海外を飛び回って日本に帰ってくるたび、何だろうこの文化?と思うことが多くなってきている。

ヨーロッパではミニスカートは流行らないと書きましたが、もちろん履いている人がいないというわけではない。




確かに私のフランス人の友達は日本人よりももっとカワイイ格好をしている。それこそ、たまに、メイドさんみたいなミニスカートを履いたりして歩いている。もちろん、これは日本のファッションが好きなフランス人に限る。

また日本にやってくるフランス人にも、そういうカワイイ文化、甘え文化?みたいに、肌を露出していたりする。露出するのはどこの国でもあるのだけど、なぜか日本人がそういう格好をすると、誘っているように見えてしまう。(ここはうまく説明できないけれども・・)

クールジャパンという幻想・・
確かにクールジャパンというような言葉があるように日本食はとても人気があるし、日本のファッションもほんの一部で認められている。けれども、フランスではそもそも、日本のファッションが主流でもないし、そういうかわいい文化は定着しない。

面白いのが、フランスではそういうカワイイ文化は敬遠される傾向があるということだ。フランス人は、甘えたな女性よりも、独立した大人の女性を目指す人が多いと思う。というのも、フランスという国は、女性の社会進出も多いのですが、子供の時から、社会で受け入れられるように子供に甘やかされないで育てられるからだそうです。

日本では一つの会社でずっと働くというスタイルがいまだに続いていて、つまり社長、会社が守ってくれるという感覚がまだ残っている。そうするには、男性に媚びを売って生きていかなければならないという感覚がフランスなどのヨーロッパ、とくに産業革命が日本よりも早く起きた国々よりもある気がする。

これは日本人女性の気質というより社会がそうさせている。つまり日本型のビジネスを踏襲(とうしゅう)してきた韓国でも、こういうアイドル文化が流行るワケ。男性が社会的に強い国だからです。

ミニスカートを履いていると誘っていると思われるのは本当?

ヨーロッパでもミニスカートはたくさんいますが、ミニスカートよりもどちらかというとショートパンツはOKだけど、ミニスカートは誘っているように見えるからNGみたいな雰囲気があると思う。

実際に、ミニスカートを履いている女性を電車とかで見ていると、やけに目がきょろきょろしている人が多い。これって、私って見られているのかな?と意識している証拠だと私は思っている。しかも、ちょっとおかしい人ではない限り、そんなミニスカートをはいている人の前に座りたいと思う人はいない。なぜならあんたの脚なんてみたくないんだけど、って思っている人も多いから。男性がみな、女性の脚をずっとみていたいわけではないのだ。

ミニスカートを履く女性の心理
これは、逆に私を放っておいてというサインにも捉えることができる。ミニスカートを履く人がみな同じ目的では履くとは限らない。ただ暑いからという理由で履く人もいれば、見られたいという欲求から。という人もいるし、ミニスカートを履くことで男性からの視線を逆に寄せ付けない効果を狙っている人もいると思う。つまり、ミニスカートを履ける女性というのは強そうに見えるからです。

なのでミニスカートを履く女性の心理は一概には言えなく、目的も様々。もちろん、おじさんの気を引こうとする人たちはたくさんいる。けれども、そういう女子って、意外に、自分が実はそうやって肌を露出することによって、男性の目線を楽しんでいることに気づいていない場合が多いと思う。

けれども、そういう彼女たちはこれが流行だから。とその一言で片づけてしまうのだ。

特に、若いうちは経済力もない、発言力もない、誰か年上の人に助けてもらうしかない。という状況が続く。そういう中で、肌を露出することによって、主導権を握ろうという心理があるのではないか?

私のほうが強いのよ?と、自分の身体を見せつけることで言っているようにも見える。

脚の質
なんだろう、韓国人女性もそうですが、脚を出そうとする場合、脚に自信がある人のほうが多い気もする。

日本ではただ栄養失調のような骨のような脚をだして、それが単に細いから美しいの。と思っている人も多いと思う。

また、体にお金をかけない人が多いのも特徴な気もする。

堂々としていない
ヨーロッパ人の場合、自分の身体に自信があるからなのか、ミニスカートを履いたとしても服に着せられている感じではなく、堂々と歩く。日本人女性の場合、なんか申し訳なさそうに歩く。ミニスカートの人のほうが電車の中で縮こまっている場合が多いような気もする。

こういうことを考えると、もし日本人女性も堂々とミニスカートを履いている場合だと、そういう風に誘っているようには見えないのかもしれない。

この記事では、私自身フランスのミニスカートと日本のミニスカートの心理について調査しているもので、まだこの記事は編集中です・・。

こんな記事もオススメです。
「なぜ欧米とは違い、日本人女性はミニスカートが好きなの?」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」



なぜ、フランスではミニスカートは敬遠される? なぜ、フランスではミニスカートは敬遠される? Reviewed by よこいりょうこ on 5月 23, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.