新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

ガン患者の比率が多い国ランキング。韓国は8位。日本は何位?




ベルギーの勅令により設立された非営利団体で、本部はイギリスロンドンに所在する世界がん研究基金のホームページによると、

http://www.wcrf.org/int/cancer-facts-figures/data-cancer-frequency-country

意外なことが分かった。

そもそも私は現在、医薬品関連の翻訳をしているので、当然その中には抗がん剤関連のものもあり、仕事をしながら常に日本ではガンの発症率が本当に高いのか?というふうに考えていた。



これが男女関係なく、ガンの発症している人の割合が高い国をランキングにしたものです。

01位=デンマーク
02位=フランス
03位=オーストラリア
04位=ベルギー
05位=ノルウェー
06位=アメリカ
07位=アイルランド
08位=韓国
09位=オランダ
10位=ニューカレドニア
11位=スロベニア
12位=カナダ
13位ニュージーランド
14位=チェコ
15位=スイス
16位=ハンガリー
17位=アイスランド
18位=ドイツ
19位=イスラエル
20位=ルクセンブルク
21位=イタリア 
22位=スロバキア 
23位=英国 
24位=スウェーデン 
25位=セルビア 
26位=クロアチア 
27位=バルバドス 
28位=アルメニア 
29位=フィンランド 
30位=ポリネシアの一部の国(フランス領) 
31位=オーストリア 
32位=リトアニア 
33位=ウルグアイ
34位=スペイン
35位=ラトビア 
36位=ポルトガル→(ヨーロッパの中でも、なぜスペインとともに低い?)
37位=マルティニーク(フランス領)
38位=マルタ 
39位=エストニア 
40位=マケドニア 
41位=モンテネグロ 
42位=カザフスタン
43位=ブルガルリア 
44位=ポーランド 
45位=ルーマニア 
46位=ベラルーシ 
47位=キューバ
48位=日本
49位=アルゼンチン
50位=プエルトリコ

このランキングでは、中国やロシアはでてこない。データが見つからなかったかもしれませんが、

ここでポイントなのは、韓国と日本は同じようなものを食べているように見えるのにもかかわらず、これほどの差があるということ。

またデータをとった国のほとんどが先進国という事情もあるのでしょうが、とりわけヨーロッパのほうがガンの比率が高い。ということはこのランキングをみてもわかる。

これはお肉をたくさん消費する国ではないか?と一瞬思ってしまった…。というのも、スペインは低いですが、スペインやイタリアは海産物をよく食べますし…。あ、でもそしたら海産物をよく食べそうなノルウェーは逆に高いですしね…。

デンマークという、かなり先進国的なイメージのある国がなぜ1位なのか?という疑問について、軽く英語で調べてみたところ、デンマークでは喫煙者がかなり多いのだとか。

http://www.onconet.cz/index-en.php?pg=news&aid=352

長寿の秘訣は病気にかからないことというのは基本中の基本ですが、どこの国でも死因のナンバーワンはやはり癌となっています。

たとえば、以前私が書いた記事に日本人の死因TOP10を書いたことがあるのですが、老衰が死因というのは、本当に少数という驚きの事実。
「絶対に知っておくべき、日本人の死因ランキングTOP10」

つまり、ガンにさえかからなければ、長生きできる可能性がかなり高くなると言っても過言ではない。と思うのです。

再生医療の法改正で日本の医療における地位が世界でも注目されていますが、今後かなり医薬品やそのほか技術が向上していくと思いますが、やはり何よりも自然に病気にならない体を作るほうがいいに決まっている。

そういう中で、どのようにストレスをためないか、また何を選んで食べるのか。どんな生き方をするのか、など真剣に考えていくほうがいいかもしれない。

また日本の2000年の歴史から考えても、欧米の食品が日本に入ってきたのは本当に最近のことである。1800年後半くらいからではないだろうか?そうすると、必ずしも欧米の食文化が日本人の身体に合っているとも限らない。もしかしたら、韓国人の身長が高くなっているというのに、欧米の食事を推し進めていったこと。という風のも当てはまるかもしれないけれど、それが韓国のガンの比率を高くしているのかもしれない。もちろん、素人の私には、かもしれない。レベルでしか話せませんが…。

一つ言えるのは、

アメリカの超がつくセレブ、マドンナですら、日本人のシェフをつけて日本食を食べて健康維持をしようとしているくらいなので、和食が一番いいということは否定できない事実ではないだろうか。

以下は、マドンナのシェフ、西邨マユミさんの公式ホームページです。マクロビオティック・ヘルス・コーチでもあるので、ベジタリアンに近い食事を提案している方だと思います。

http://www.mayuminishimura.com/

この記事は今後も編集予定です。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


ガン患者の比率が多い国ランキング。韓国は8位。日本は何位? ガン患者の比率が多い国ランキング。韓国は8位。日本は何位? Reviewed by よこいりょうこ on 6月 21, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.