多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

日本や韓国と違って、中国では白人が特別扱いされるとは限らない理由【中国の反応】




中国に暮らす上で、白人であることのメリットとデメリットについて、質問している人を発見したので、面白いな。って思っていて読んでいたら、あまり良い回答はなかったのも意外だった。というのも、これが日本人だったら、白人は歓迎です。のような内容だと思うのですが、中国人はメリットとデメリットをきちんと書いている気がする。

面白かったものの一つに、中国人の女性が回答しているものがあった。

白人であるということが必ずしも中国で暮らす上で、いいとは限らないよ。というのも、中国にも新疆ウイグル自治区という場所に、少数民族が暮らしているけど、彼らは白人。(Caucasian)

中国の民族は二つに分けることができる、ひとつ漢族のようなモンゴロイド系。もう一つは、純粋な白人、たとえば タジク人と、ロシア人とかね、人口は少ないけど彼らの評判は決して良くない。これ以上いうと、レイシストになるので、やめておきます。中国人の友達がいるなら、直接聞いてみてください。

https://www.quora.com/What-are-the-advantages-and-disadvantages-of-being-a-white-person-in-China-1

以下の写真は、中国の少数民族に指定されているタジク人。

https://creationsciencestudy.wordpress.com/tag/tajik/

確かに私にとってこの視点は初めてだったかもしれない。しかも、中国に2年以上住んだことのある私も、日本人や韓国人ほど、私のものー。みたいに、白人男性にくっついている男性をあまり見なかった気がする。

けれども、やはりアジアだから、女性は経済力の強いと思われる白人、特にアメリカ人やヨーロッパ人を好む傾向はあると思いますね。

そうなってくると、白人の外見が好きというよりも、経済力や世界的に見た標準の中でのハンサムさや、違う国に移住できるかも?という特典までついている先進国から来た白人は当然のようにモテるのではないか?と私は思う。

日本には、痩せ型の人が多いから、白人のようなもともと人種的に体の大きい人が多い国からの人がモテる!とかいうのはなんとなくわかるのだけど、中国の場合、身長が175cmが平均でもある、山東省以北のエリアにも、ガタイの大きい人はたくさんいるから特別、白人に執着する必要がないのかもしれない。

こんなことを中国在住の中国人男性に聞いてみたところ、面白い話を聴くことができた。彼のイメージでは、韓国人女性は白人に執着し、日本人女性は、白人というよりは内面を重視、中国人女性は、お金持ちの男性に執着するのでは?

ということだった。

確かに中国人は相手がどんな男性かというよりも、お金を持っているか持っていないか?という実利のところを重視する。と言えば、そうかも。
ちょっと納得のいく答えだったように思う。

その他に、日本在住の中国人にも同様の質問をしたけど、どちらかといえばモテないと思うと言っていた。韓国の場合、国が小さいから国籍目当てとか、女性が社会的に韓国と日本は弱いので、白人と付き合うだけで、女性の権利がある国に行けるメリットもあるし、隣に白人がいるだけで、日本人や韓国人の男性が文句を言ってこないなどのメリットがあるからというのもあるかもしれない。

中国の場合はとにかく広いし、また女性が本当の意味でもっとしっかりしている国だと私は思う。韓国のような男性に従順というのはそこまで強くないと思うし。

なのでやはり私が中国で感じた中国人女性が白人男性にあまり関心がないというのは正しいかもしれない。

ちなみに、台湾人にも白人は中国でモテるか?のような質問をしたところ、日本と同じくらいモテるという答えでした。(笑)

あと、確実に言えることと言えば、中国には少数ながら白人という民族も暮らしているという点。日本にはそれがない。アイヌでさえ、モンゴロイドなのだから。

そういう点から考えれば、日本人の場合、無いものねだりなのかもしれない。

結局、白人男性にフォーカスしてしまいましたが…。

この記事は今後も編集予定です♩

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

日本や韓国と違って、中国では白人が特別扱いされるとは限らない理由【中国の反応】 日本や韓国と違って、中国では白人が特別扱いされるとは限らない理由【中国の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 05, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.