多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

スペイン語人口が多いアメリカの都市ランキングTOP15




この記事では、アメリカの都市におけるスペイン語話者、つまりスペイン語ネイティヴの人口が多い順にランキング化していきます。

このランキング作成に際しては、以下の政府系のサイトより抜粋しました。
https://factfinder.census.gov/faces/nav/jsf/pages/index.xhtml

以下の地図はアメリカにおけるスペイン語話者が集中しているエリアです。青くなるほどスペイン語話者が多くなります。


https://www.pinterest.jp/pin/427279083368170702/

また、以下のランキングに載っている都市名は、都市そのものではなく、都市の郊外も含む都市圏の人口となります。つまり東京でいえば、東京首都圏(横浜市、さいたま市、千葉市などを含む)といった具合です。

15.アトランタ
528万人のうち、9%の46万人がスペイン語ネイティヴ。割合的には意外と少ない。

14.エルパソ


こんな人の動画を発見。エルパソを旅行しているときの動画です。顔は日本人女性にしかみえない。けど、国籍不詳である。(笑)

80万人の人口のうち、72%の53万人がスペイン語ネイティヴ。かなり多すぎ。スペイン語しか通じない都市やん!このエルパソは、歌の名前になったり、また反トランプがかなり多い都市であったり、色々な意味で有名な都市。

13.マッカレン
日本人にはほとんど知られていないテキサス州にある都市。78万人のうち、なんと、84%の59万人がスペイン語ネイティヴ。実質的にエルパソと並んで、ヒスパニックに支配された都市となります。

12.ワシントンDC
561万人のうち、11パーセントの60万人がスペイン語ネイティヴ。ワシントンはあまり知られていませんが、黒人都市としてかなり有名な場所。ヒスパニック系はかなり少ないようですね。

11.サンフランシスコ
434万人の人口に対して、16%の67万人がスペイン語ネイティヴ。正直、私にとってサンフランシスコはヒスパニック系のイメージがなかったので意外でした。けれども、441万人のロサンゼルスに比べると圧倒的に少ないことが分かります。ヒスパニック系はロサンゼルスのほうが好きなようですね。

10.サンアントニオ
215万人の人口に対して、36%の72万人がスペイン語ネイティヴ。

09.サンディエゴ
215万人の人口に対して、36%の72万人がスペイン語ネイティブ。ちなみに、ここまでサンから始まった都市名は、すべてスペイン語の都市名です…。

08.フェニックス
310万人の人口に対して、25パーセントの73万人がスペイン語ネイティブ。

07.ダラス
640万人の人口に対して、22%の132万人がスペイン語ネイティブ。


06.リバーサイド
424万人の人口に対して、34パーセントの134万人がスペイン語ネイティブ。

05.シカゴ
947万人の人口のうち、16%の149万人がスペイン語ネイティブ。それほど割合的には高いとは言えないかもしれない。けれども、やはり大都市だから集まる?メキシコからはやや遠い場所になると思うけれども。シカゴといえば、やはりアメリカの3大都市の一つでもありますしね。

04.ヒューストン
597万人の人口に対して、29%の159万人がスペイン語ネイティブ。やはり大都市にスペイン語話者が多いのは言うまでもない。またヒューストンはメキシコからも近いので、別に不思議な話ではない。米国の主要大都市にはおよそ2割くらいはヒスパニック系の人たちだという風に考えておけばいいかもしれない。

こうなると、やはりスペイン語の存在は無視できませんね。

03.マイアミ


558万人のうち、39%の209万人がスペイン語ネイティヴです。これは多すぎ。半分くらいがヒスパニック系ってことかしら?凄まじい…。

動画を見ていると、まるでスペイン語圏に来たかのような錯覚に…。

02.ニューヨーク
1891万人のうち、19%の350万人がスペイン語話者です。そりゃ、アメリカのビルボードなどでスペイン語の曲がランクインするわな…。って思ってしまいますね。

世界の中心、ニューヨークと言われるくらいの大都市の5人に1人はスペイン語ネイティブですか…。アメリカ人の中で一番人気の外国語がスペイン語というのも、納得いきます。

01.ロサンゼルス
1284万人の人口のうち、およそ36%の441万人がスペイン語話者です。やはり、もともとはメキシコの土地だっただけあって、

ロス エンジェルス自体もスペイン語ですし、またメキシコから流入してきたヒスパニック系が多いことでも有名な土地柄。

ニューヨークよりも比率的に多い。ロサンゼルスの場合、英語がわからなくてもスペイン語コミュニティで生活はしていける気もする。

というのも、スペインのマドリードよりも多いんじゃない?って思ってしまうほどの人口。と思いつつ、マドリードの都市圏人口を見たら600万人ほどいたので、やはりマドリードのほうが多い。それでも、ロサンゼルスに400万人規模のスペイン語ネイティブがいることはかなり驚いてしまう。

と、いかがでしたでしょうか。スペイン語の可能性はまだまだありますね! 参考サイト
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_United_States_cities_by_Spanish-speaking_population

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」



スペイン語人口が多いアメリカの都市ランキングTOP15 スペイン語人口が多いアメリカの都市ランキングTOP15 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 16, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.