多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

1614年にスペインに渡った日本の末裔【ハポン姓】に皇太子殿下が面会する理由




皇太子殿下といえば、あまり日本のメディアでは注目されないのですが、世界各地を回って、ご活躍されています。それはもう本当にいろいろな国に訪問されて…。って、こんなことを書いていたら、雅子さまとご結婚される前の、皇太子さまが、英国留学されていた時の皇太子殿下のお言葉を思い出しました。

皇太子殿下は、イギリスにご留学される前までは、ずっと皇室から出たことがないような生活をしていました。けれども、そのイギリスの留学で色々な外国人と触れ合うことによって、理想の女性像が、”国際的な女性”というように語っていたのをどこだかの番組でみました。(ユーチューブにUPされていたので)

その後、雅子さまとご結婚されたんですよね。なので皇太子殿下は本当に海外交流が大好きだと思います。

話は戻って、

たとえば、ブラジルでこんなことも…
「皇太子殿下、ブラジルで海兵隊を閲兵。中韓やブラジルはどのように報道した?」

このような事実も日本国民の関心のなさのせいで、あまり知られていないという…。

そんな皇太子殿下は、スペインのコリア・デル・リオにも足を運ばれていた。ちなみに、このコリアというのは、韓国を意味する KOREA とは全く別物なのでそれは理解しておいてください。

ウィキペディアによると、
コリア・デル・リオ(Coria del Río)は、スペイン・アンダルシア州セビリア県のムニシピオ(基礎自治体)。セビリアの南方約15kmにあり、グアダルキビール川に面する。
1614年、仙台藩の伊達政宗の家臣支倉常長が率いる慶長遣欧使節が滞在したことで知られる。コリア・デル・リオには Japón(ハポン、日本)の姓を持つ人が約600人おり、使節団の一員として来訪したまま現地に留まった者の子孫とする説がある。(ウィキペディア)

説。なので、確実なことは言えないのかもしれませんね。
たとえば、日本の青森に、”西班牙 涼子”みたいに、スペインという名字の人がいたら、そりゃビックリしますよね?

つまりスペインでも同じことが言えて、スペインに”ハポン(日本)”という名字の人が600人もいるということなのです。

それでは、皇太子殿下のスペイン語訪問の様子を見てみましょう。


https://m.youtube.com/watch?v=YzzkMAK4ryY

子孫と言われる人たち。と表現していることからも、やはりはっきりはしていないのかも?けれども、この歓迎っぷりはかなりすごい…。皇太子殿下がスペインに訪問するだけで、こんなに人が集まる。

かなりの影響力ですね…。

しかも、あたかも家族?かのように、こんな写真撮影までしちゃっています(笑)皇太子殿下は身長が低めなので、ウィリアム王子とかと並ぶとちょっと、その差にビックリしちゃいますが、スペイン人は北欧人に比べてそんなに背が高くないので、

うまく収まった感もある(笑)



https://m.youtube.com/watch?v=0R1bAAw9tGo

当時1614年、支倉常長が率いる慶長遣欧使節30人の日本人が、このスペインのセビリア入りしたのですが、慶長遣欧使節の記録は断片的であり、行動、行程やその時々の人数については諸説あるそうです。

ちなみに、
”日本人 末裔”と検索すると、このハポン姓などの話題がでてきますので、そういう話題が好きな人は知っている情報かもしれませんが、日本ではこういうスペインに日本の子孫がいる!というようなことはあまり語られていない気もする。

以下の動画は、再生回数は少ないものの、この日本人の子孫・末裔のことを一番わかりやすく紹介しているスペイン語の動画です。

 

https://www.youtube.com/watch?v=b0OQ_4ITah4

確かに動画を見ると、日本人とスペイン人のハーフのようなオジサンが出てきている!この動画にはコメントがありません。というのは、スペインではハポン姓のこと自体、関心は持たれていないということでしょう。それもそのはず、たった600人の日本人の子孫か子孫じゃないかはっきりしない人たちに、関心が行くわけがないですよね。。

どうでしょう?日本政府がいきなり、スペインに渡ったハポン姓600人を日本に帰国させると言いだしたら!つまり、韓国人がウズベキスタンにいる高麗人はウリナラ(我が国)のひとたちと言っているように、ミックスはしているかもしれないけど、ハポン姓もそれくらい、日本人は関心を持ってもいいのではないか?と思ったりもするのです。

スペイン語でも、このハポン姓について書かれたものがありましたので一応リンクしておきます。
http://www.onemagazine.es/nacional-historia-por-que-coria-del-rio-es-tan-japonesa

内容は、時間を見ながら翻訳していきますね♩

今後も調査、継続してまいります♩

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


1614年にスペインに渡った日本の末裔【ハポン姓】に皇太子殿下が面会する理由 1614年にスペインに渡った日本の末裔【ハポン姓】に皇太子殿下が面会する理由 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 02, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.