新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

天皇皇后両陛下が、ニューヨークの国連本部をご訪問。アメリカの待遇を比較してみた





この記事では、昭和天皇が1975年に国連にご訪問されたときと、今上天皇が1994年に国連をご訪問されたときの様子を少し観察してみようと思います。

近い将来、皇太子徳仁親王も雅子さまと国連を訪れるかもしれませんね。そうしたら、この記事に、徳仁天皇の動画も張り付けていきたいと思います。(笑)

それぞれ様子が違っていて、面白いかもしれません。


昭和天皇(裕仁)1975年



こちらは、1975年に国連本部をご訪問された昭和天皇と香淳皇后の国連訪問の様子。ジェラルド・R・フォード大統領とベティ・フォード夫人がお出迎え?

残念ながら、昔のアーカイブということもあって、音声がないのですが、なんだかメディアの注目度がかなり高いような気がするのは私だけでしょうか?

また王室関係者でもないフォード大統領が、香淳皇后の手の甲にキスをするようなシーンもあり、尊敬の意を表している様子がうかがえる。



1975年の昭和天皇のアメリカ訪問と言えば、昭和天皇が初めてアメリカに訪問したということもあり、しかも日本経済が好調な中、日本とアメリカが戦後の友好を演出する絶好の機会であったとも思える。

音声はないにしても、かなり注目度がある動画にも思える。

平成天皇(明仁)1994年
美智子さまが着物姿で、国連の前に登場。そして出迎える人たち。

まだ美智子さんお若いですね。今のような権威的なイメージはこのころは感じられない。という率直な私の意見。やはり年を重ねられてまた皇后である期間が長くなり、また髪の毛が白髪になってくると、言葉では表せないような空気というようなものを感じるようになってくるのかもしれない…。

やはり、ただ天皇だから。とか、皇后だから。というよりは、天皇になってから何年経ったから。や、高齢であるか?ということのほうが、より権威的に見えるような気がする…。

ちなみに、言っておきますけど、ここは東京青山にある国連大学ではなく、

https://jp.unu.edu/news/news/their-majesties-the-emperor-and-empress-of-japan-visit-unu.html

ニューヨークの国連本部です…。
というのも、天皇皇后両陛下は、2015年10月に東京青山の国連大学を訪れていますので‥‥。

もしかしたら、雅子さまも皇后になられたら、こうやって国連本部を訪れる可能性がありそうですね。その際は、雅子さまがあまり好まない着物姿をまた海外で見られるのかしら…?

天皇皇后両陛下が国連本部を訪れたのは、1994年、つまり、天皇皇后両陛下が天安門事件で世界から孤立していた中国を訪問した2年後のことです。
「天安門事件後、世界で孤立した中国を天皇皇后両陛下の訪中が救った?」

Reference Site
http://www.unic.or.jp/texts_audiovisual/audio_visual/photos/3663/

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


天皇皇后両陛下が、ニューヨークの国連本部をご訪問。アメリカの待遇を比較してみた 天皇皇后両陛下が、ニューヨークの国連本部をご訪問。アメリカの待遇を比較してみた Reviewed by よこいりょうこ on 6月 25, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.