多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

日本人が礼儀正しいのは偽り?それとも本心?【海外の反応】




日本人ってなにかと頭を下げたりする人が多いですよね。会釈すると、お辞儀するは意味が全く違いますが、日本人はお辞儀だけでなく、会釈もよくする民族だと思います。

私からすると、何か考えて会釈しているというよりは、それがこの国では当たり前になっているので自然と頭が動くのかな?と思ったこともある。

たとえば日本では、ありがとうございます。を言わなくても、ただ会釈して目で訴えかければ、相手がわかってくれる。

このように私も一瞬、外国から帰ってきた直後に違和感を覚えたり、またもっとハッキリ言葉に出したらいいと思ったりもする。けれども、これが日本なのだ。と、この良さが私は好きでもあります。

さて、英語の掲示板に日本へ旅行にいったと思われる質問者が、このような質問をしています。

"日本人のあの礼儀正しい感じは、心からのものなのか、それとも偽りなのか?"

というようなものでした。以下、簡単にコメントなどを紹介したいと思います。




01.海外の名無しさん
1つ言っておくけど、すべての礼儀正しさには嘘もある。とも言えることができると思うよ。

たとえば、中国人の友達は英語ネイティヴが、
How's it going とか、what's up とか言うシチュエーションで、

你吃饭了吗? = ご飯食べたの?

と聞いてくるんだけどさ、もちろん最初は食事にでも誘ってくれているのかな?と思ったんだけど。君だっておそらく、ご飯食べた?と聞かれたら、そう思うよね?もし中国の文化を知らなかったら…。

これは中国のある一部の地域で流通している挨拶の決まり文句なんだってさ。中国も広いから地方によってどんな常套句を使うかは、違うんだろうね。

けどさ、アメリカ人が連発する how's it going? っていうのも実はドイツ人からしたら、なぜそんな個人的な質問を何度も聞いてくるのか?と思うらしい。少なくても個人的な経験からだと、僕はそう感じたんだ。

もちろん一般のアメリカ人であれば、どのように返答していいかわかるけどね。

それぞれの文化圏で、物事がうまく進みやすいように、そういう常套句が存在すると思うんだ。その文化にしかない、彼らにしかわからない細かいエチケットのルールがね。
そういうものが、彼らを守ってくれるんだと思う。

時折そういうものは、その文化に属さない人からすると、少し奇妙に思えるかも知れないけれど、もしその部分に違和感を覚えたなら、まず自分の文化ではどのような言い方をするのか考えてみるのもいいかも知れないね。じゃないと間違ってその文化を解釈してしまう可能性もあるし。また、どの文化が自分に合っているのか?ということも重要かもしれない。

02.海外の名無しさん
個人的に言うと、礼儀正しいとか、マナーがある。ということには2つの意味があると思います。

1つ目は、相手を尊敬するという意味。
2つ目は、あなたと同じように礼儀正しい人だよというメッセージ。

つまり、同じような人間だよ。と教えてあげることで相手に安心感を与えるのだよ。なので、もし礼儀正しさや、マナーがの良い人間をみたときに、それが偽りと感じるのなら、もう彼らの礼儀正しさや偽りだ!なんていう考えはやめてくれ!

03.海外の名無しさん
今まで30ヶ国くらい回ってきた。で、お辞儀をしたり、頭を下げたり、握手をしたりしてきたり、色んな人と会ってきましたよ。なかなか全部は思い出せないけどね。

その中でも1つくらいは、偽りと感じるものもあったかもしれない。けど、それくらいさ。ほとんど偽りの礼儀正しさや親切さなんて感じなかった。

日本人のお辞儀は日本独特の表現方法。

私は肩が悪いけど、日本人にお辞儀されれば同じようにしてあげますね。これは、ドイツ人にグーテンタークと言われたら、同じような返答をするのと同じなのさ。

中国語における、ご飯食べた?という常套句には、貧困だった頃の名残が残っていると思うよ。

また、話は日本のお辞儀に戻るけれど、もし乞食(こじき)が私に近づいてきても、私は彼にお辞儀するだろう。それはどこだかの社会が近づいてきても同じさ。

社長も乞食も同じように人間なのさ。

人間としては、この対照的な2人は同じように価値がある。だから、僕はすべての人に両親から教わった礼儀正しさというもので彼らを平等に扱いたい。

マルチリンガールの感想
実際に外国人の視点を読んでいて発見することは多かった気がする。特に、他の人たちに比べて人をあからさまに見下したりする人が少ない日本の文化は素晴らしいと思う。一方、日本だけではなく、他の国にもそういう文化はあるかもしれない。とも思ったりする。

これを読んで私が感じたのは、どの文化にも独特の表現方法や態度があり、日本人が特別異質な文化を持っているというわけではないということ。また日本がわざわざグローバルスタンダードに合わせようとすることもなく、独自の独特な文化を続けていくことで、海外の人たちがなぜ?と思うように、その独特さを極めていったらいいと思いました。

日本では目上の人の目をじっと見たり、はっきり発言すると、目上の人が不快な思いをしたりするという文化も今もなお残っている。それはそれでいいかもしれない。と思いつつ、バランスよく、時と場合によっては、ハッキリ言葉を伝えられたり、会釈でごまかしたりしないで、ミックスさせながら対応するというのもいいかもしれない。

また、一部の外国人旅行客などからは、日本人が心のこもったおもてなしと思っているOMOTENASHIが、マニュアル化して機械のように見えたりする場合もあるので、心からのオモテナシがもっと日本中に広がっていくと、いいなと思っています。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


日本人が礼儀正しいのは偽り?それとも本心?【海外の反応】 日本人が礼儀正しいのは偽り?それとも本心?【海外の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 12, 2017 Rating: 5

1 件のコメント:

河村甘 さんのコメント...

私は礼儀やマナーとは先ず形から入るものであると考えています。
勿論、形に伴って内心も向上すればそれは素晴らしいですが、世の中そんなに聖人君子が溢れかえる程一人ひとりの人生は等しくありませんからね。

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.