多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

日産自動車の会長、カルロス・ゴーン氏に気に入れらた通訳者、森本由紀さんの英語力!





カルロス・ゴーン氏と言えば、3つの国籍(フランス、ブラジル、レバノン)を持ち、6言語を操ると言われていて、そのうち英語とフランス語はもうビジネスレベルやネイティブレベルを超えるほど流暢とされていて、

現在、

①日産自動車会長
②三菱自動車工業会長
③ルノー取締役会長兼CEO

でもあるので、パリと東京を行き来する生活が続いているそうです。そんな中、ゴーン氏の日本語は限りがあるので、通訳を必要としています。つまり、ゴーン氏はフランスやブラジルなどで活躍するときは、別に通訳なんていらないけれども、日本では通訳を必要とするわけ。ここがポイントですね。

フランス語や英語を操るゴーン氏からすると、まったく言語の種類が異なる日本語を操るのは、時間も労力も必要となる。なので、日本には、森本由紀さんという専属の通訳者がいる。

で、この通訳者は結構、海外では話題になるほど、日本人離れした女性だということもポイントです。(笑)

こちは、日産のチャンネルの動画なのですが、とにかくすごいのです!



https://www.youtube.com/watch?v=BhQ48Zpi_KQ

この動画はユーチューブでは再生回数が少ないものの、アメリカでもかなり有名な "JALOPNIK" というサイトで紹介されており、この記事だけで16万人ほどに見られていることが分かる。

http://jalopnik.com/5929060/watch-nissan-ceos-hilarious-interpreter-become-nissans-ceo

この動画を見ているとパワーをもらいますね。また知的なニオイが画面の向こうから伝わってくるのが分かります。

動画を見ていると、普通の日本人女性の身振り手振りではないくらいに、熱弁している様子がうかがえる!

彼女がこの動画で語っていることの一部を書くと、

ゴーン氏に "Good job!" と最初言われたときに、森本さんは、ただのリップサービスだと思ったそうです。けれども、ゴーン氏をよく知る人物から、森本さんのことをかなり褒めているよ。ということでした。ゴーン氏はお世辞とかを言う性格ではなく、ダメなものには何も言わないのだそう。けれども、ここで褒められたということは、本当にすごいと思ったという意味だということです。

というのも、ゴーン氏からすると、森本さんが通訳しているのは、まさに自分が話しているような感覚で話してくれるので、空気のような自然な感じがするのだそう。つまり、化学。ケミストリー。

もっとシンプルに言えば、

相性が合っている。

ということなのだと思います。

つまり、英語ができる!できない!というのも、もちろん大事なことだとは思うのですが、人間性だったり、本当に伝えたい!と思う姿勢があるのか?など、ゴーン氏はみていて、それで、森本さんはまさにピタっとそこのハマったのでしょうね。

通訳と言っても、たとえば帰国子女で英語がペラペラに見える人がなれるもの!とばかり思っている一般の日本人も多いと思うのですが、どれだけ、その会社の分野を理解しているか?または理解しようとするか?という強い気持ちも必要であり、そういうところが、プロの通訳者に森本さんを押し上げたのでしょう。

これだけ情熱を注いで通訳の仕事ができる!という、まさに彼女にとっても天職なのではないか?と今回この動画を見ていて思った次第です。(笑)

こんな記事もオススメです。
「一部のプロ翻訳者が絶対に言いたくない、有料ネットワーク【アメリア】とは?」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」





日産自動車の会長、カルロス・ゴーン氏に気に入れらた通訳者、森本由紀さんの英語力! 日産自動車の会長、カルロス・ゴーン氏に気に入れらた通訳者、森本由紀さんの英語力! Reviewed by よこいりょうこ on 6月 06, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.