多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

ミャンマーで迫害を受けてきた【ロヒンギャ】についてアウンサンスーチーは、どう思ってる?




ミャンマー西部ラカイン州で治安部隊によるイスラム系少数民族ロヒンギャへの人権侵害疑惑が深刻化し、国際社会からの批判が高まっている。仏教徒が大半の同国で長年「不法移民」として扱われ、国籍も与えられないなど迫害を受けてきたそのロヒンギャの人々は、日本の群馬県館林市にもいる。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/31/rohingya-at-tatebayashi_n_14510338.html

という風に、日本にもロヒンギャは多くいる。

簡単に言うと、ロヒンギャの人たちは、ミャンマーでは、ミャンマー人と認められていない。これは、欧米などでは、人権侵害だということで、非難を受けている。けれども、日本ではこういう人権侵害系のニュースはめったに流れない。

実際に日本に住む、ロヒンギャの人たちは、ミャンマー大使館で、ロヒンギャの人たちをこれ以上、殺害するのはやめろ。と抗議デモをしている。




ミャンマー大使館ってどこにあるんだろう?って思っていたら、品川駅と大崎駅の間にあるようです。



こういうことが起こるたびに、ノーベル平和賞を授与されたアウンサンスーチーの立場はどうなのか?ということが、よく話題になったりする。

で、以下の動画をちょっと解説してみる。

「ミャンマーで民族浄化は行われていない」とBBCのファーガル・キーン(Fergal Keane)とのインタビューで言い切るアウンサンスーチー

彼女はロヒンギャ少数派に対する残虐行為は存在しないと言っています。


https://www.youtube.com/watch?v=MFEEmdKbqBE

この動画に対するコメント

1.海外の名無しさん
彼女は偉大な人物だ。私は彼女の言っていることに賛同する。実際に彼女は、ミャンマーを改善している。また 彼女は軍隊を支配しておらず、仏教過激派を支配していないので、彼女は責められるべきではないだろう。 彼女は平和をもたらそうとしていますが、軍隊はラカイン州を支配していると言われている。 なので、イスラム教徒は、これらの国の土地を支配する権利がありません。

2.海外の名無しさん
私はイスラム教徒です。一つ言っておきますが、私たちは仏教徒を責めません! このようなことをしているのは、愛国主義者の一部の過激派仏教徒です。つまり、彼らは本当の仏教徒ではない! これはミャンマーに対するテロでもあり、スー・チーは現在の地位に就いた以上、しかるべき対応をとらなければならないね。

3.海外の名無しさん
彼女はイスラムの歴史を知っているので、彼女の見解は理解できます。

4.海外の名無しさん
彼女の英語がうますぎる!悔しい!

5.海外の名無しさん
彼女は何世紀にも渡る血まみれの殺し屋です。 私はヒューマニストです。 彼女からノーベル平和賞をを取り戻してください。

ちなみに、ロヒンギャが住んでいると言われているミャンマー西部のラカイン州。


この記事は今後も充実させていく予定です。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」




ミャンマーで迫害を受けてきた【ロヒンギャ】についてアウンサンスーチーは、どう思ってる? ミャンマーで迫害を受けてきた【ロヒンギャ】についてアウンサンスーチーは、どう思ってる? Reviewed by よこいりょうこ on 6月 02, 2017 Rating: 5

1 件のコメント:

内山文夫 さんのコメント...

このことは全然知りませんでしたが非常に関心を持ちました。

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.