多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

なぜ差別されなきゃならないの?テロリストに間違えられたイスラム教の韓国人が、韓国のテレビで本音を暴露!【韓国の反応】





日本に住んでいる外国人と違い、韓国にはイスラム教の国からきている外国人が多いのが特徴。

私が以前作成した記事ですが、これをみると、日本に住んでいる外国人のTOP10には、イスラム教国家の名前がないのに対して、韓国にはウズベキスタンと、インドネシアがランクインされている。その数、合計およそ10万人程度。

「韓国に住んでいる外国人ランキングTOP10」
「日本に住んでいる外国人ランキングTOP10」

ソウルに行くと、ヒジャブをかぶった人たちをよく見るのは、そのためだと思います。さて、韓国でも日本のように、多様な人たちを受け入れようという空気もあり、このように韓国の番組でも、外国人などを頻繁に出演させて、この小さい韓国という国も多様化するべきだと、いう風に植え付けられている感じがあると思います。

そんな中、結構タブーとされているイスラム教徒=テロリストという話題を、韓国在住のイスラム教徒が自ら発言し、韓国中で話題に!


https://www.youtube.com/watch?v=vA7CcAvhpoI

11:00 から見てみてください。”テロリストではないんだけど!”とキレ気味のイスラム教徒が…。

動画の内容は以下に集約されます。

現在32歳で2人の子どもを持つ、ウズベキスタンから来て9年が経つというハナさん。2年前に韓国人になり、名前もハナに変えたのだという。もちろん、韓国人が見ても上手!というくらい韓国語が流暢。

韓国にきたきっかけはドラマなどが理由だそうで、最初韓国にやってきたときは有頂天ですごく夢のようだったけれども、だんだん住んでいると、ドラマで出ているような韓国人は、ものすごく礼儀正しかったり親切だったりするけど、そういう人たちはテレビの中でうまく描写されただけで、実際の生活にはそんな人たちはいなかったという。

そして、彼女はいくつもの差別に遭遇する

韓国に来たばかりの時、レストランでウェイターに、お代わりを頼んだら、そのウェイターがキッチンのほうに行ったかと思えば、他の韓国人にお代わりを提供していた。こっちが先にお願いしたのに。

なぜ差別されなきゃならないの?私が韓国人に見えなくても、同じ人間だから平等でしょ?と強く思ったそうです。

またこんなこともあったそう。

靴屋さんで靴を買おうと思っていたところ、たまたま見ていた靴が高価なもので、購入しようか迷っていたら、”アンタ本当にお金あんの?”と言われたそうです。

また、もっとすごいことに、

外を歩いていたら”ヤー、お前何をかぶってんだ?”と男性に指をさされたり、ある時はスーパーで買い物をしていたら、知らない女性が近づいてきて、ヒジャブをつかんできて、脱がされた。という苦い経験も。

その近づいてきた韓国人女性は、こういったそうです。
”ここは韓国なの。脱ぎなさい!”

このイスラム教の女性は、四ヵ国語話せるそうで、英語、ロシア語、韓国語、ウズベキスタン語を使って現在通訳として働いているそう。

けれども、通訳の現場でも、差別があるようです。

外見の違いから、仕事場で会う韓国人に、こういう風に言われたことも。

”あんたここで働く資格あるの?”
”ここで一体何しているわけ?”
”どこの国からきたの?”

このように質問攻めにあうのだという。

で、番組の人に、”ちょっと馬鹿げた質問かも知れないけど、ヒジャブをかぶらないで生活するのは絶対にダメなの?”と聞かれると、

彼女は4ヶ月くらいヒジャブをつけなかった時期が実際にあったそうだ。けれども、外国人特有の天然パーマであったせいか、知らない人から勝手に触られたり、引っ張られたりすることもあったのだそう。

また、一番ショッキングで心が傷ついたことは、役所にビザかなんかの手続きのためにドキュメントを提出しに行ったとき、女性の職員が、

”テロリストじゃないよね?”

と真剣な声で叫ばれたことだそうです。この内容には、番組に映っている韓国人たちも苦い顔をしていました…。

この動画に対する反応をざっくり見てみましょう。

1.韓国の名無しさん(キリスト教徒)
俺はイスラム教徒じゃなくて、クリスチャンだけどさ、すべての偏見のあるレイシストを代表して謝らせてください。彼女たちがかぶっているヒジャブは美しい。だから、ヒジャブを脱ぎしてようなんて絶対に思わないで!→(1000以上のいいねがついている。韓国でも共感した人が多かったのでしょうね。)

2.韓国の名無しさん(イスラム教徒)
この動画のコメントをみて、かなりビックリしているわ。私はムスリムだけど、こんなコメントが溢れているなんて想像してもみなかった。ムスリムとして、こんな素敵なコメントを残してくれた非ムスリムの人に心の底から感謝いたします。

3.韓国の名無しさん
最近のニュースで読んだんだけど、韓国ってムスリムに対してもっと住みやすい環境を広げているそうよね。ハラルフードを扱ったレストランも結構多い。っていうのも、マレーシアとインドネシアで韓国文化が人気だからだよね。ムスリムに対しての環境づくりは着実に成果をあげている気がする。

4.韓国の名無しさん
なぜレイシストの人たちってヒジャブについて、あーだこうだ。言うんだろうね。お前たちにそんなこと判断する権利はないだろうがって思うけど!私たちはさ、みんな他の人たちの宗教をリスペクトするべきだし、常に親切であるべきだよね。

5.韓国の名無しさん
なんてこっちゃい。私はマレーシアに住んでいます。マレーシアはイスラム教国家だけれども、多くの人種が暮らしていて、互いに尊重し合っているよ。私はムスリムじゃないけど、彼女のことが心配でしょうがない。みんな、私はまだ10歳だからもし間違っていたこと言ってたら許してください…。

マルチリンガールの感想
日本では、人の髪の毛を勝手に触ったりするとかはあり得ないと思うのですが、韓国では日本と違いパーソナルスペースが狭いため、知らない人とでも近距離で話したりすることもありますし、髪の毛を引っ張るというのも、分かる気がする。またイスラム教徒が多い韓国でのこういうストーリーは日本では思いもつかないことなので、この内容を書いていて、私自身も勉強になりました。

みんながみんな、韓国の人たちがレイシストではないのだけれども、日本人に比べて韓国人は思ったことをハッキリ言ってしまうので、そういうことに遭遇しやすいのかもしれませんね。(笑)

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」







なぜ差別されなきゃならないの?テロリストに間違えられたイスラム教の韓国人が、韓国のテレビで本音を暴露!【韓国の反応】 なぜ差別されなきゃならないの?テロリストに間違えられたイスラム教の韓国人が、韓国のテレビで本音を暴露!【韓国の反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 04, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.