多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

なぜ米国のオバマ大統領が、日本の天皇にお辞儀しなきゃならないんだ?【アメリカの反応】




あまり日本で報道されなかったことなのですが、オバマ大統領が大統領として初来日した際に天皇陛下と面会されました。(日本側から言えば、いわゆる謁見)

このオバマ大統領の初来日は、2009年11月13日でした。もう5年以上も前のこと。けれども、このときアメリカでは、なぜ?なぜ?なぜ?の嵐だったことをご存知でしょうか?



問題はこの動画の50秒の場面です。オバマ大統領が天皇陛下に対して深くお辞儀をしていたことに対して、日本人なら普通に見慣れている風景なので、何とも思わないでしょう。けれども、アメリカには深くお辞儀する文化というものもなく、日本人同士が、お辞儀をし合ったり、会釈しあったりして意思疎通を図っているという文化自体が理解できないので、

なぜ、米国という世界一の国のTOPであるオバマ大統領が、アメリカから見て日本人からみた台湾程度の小さな国のTOPに頭を下げなければならないのだ?という風に思った人が少なからずいたのです。

またそういう心理を知っている側が、このようにたくさんこのオバマ大統領がお辞儀した場面を報道しました。

これに関してはアメリカでも賛否両論がでていました。



この動画では、ジョージ・W・ブッシュが大統領だった時に、第46代副大統領だったディック・チェイニーでさえ、お辞儀はしていないということを引き合いに、なぜオバマがお辞儀をする必要があるのか?ということを述べている。

ちなみに、以下の写真を見ると、いかにも対等。という風に受け取れる写真。



今までアメリカの大統領で、こんな風に天皇にお辞儀をした人たちはいなかったので、アメリカでは、なぜ?という議論になったわけです。

しまいには、こんな比較動画まで作成されてしまっています。



この動画をみると、オバマ大統領のお辞儀がやりすぎ!という風にも思えてくる。いいね!の数が多いけれども、よくないね!の数もその分多いので、受け入れられないアメリカ人も多いのが現状だと思います。

以下、アメリカの反応を解釈してみます。

01.アメリカの名無しさん
1.天皇は1945年に彼自身が神ではないということをすでに言っている。
2.チェイニーは完全に竿なので(ディックチェイニーのディックは英語でそういう意味がある)、なぜ彼をオバマと比較させなければならない?彼は完全に戦争犯罪者だ。

ヨーロッパ中心主義から見れば、アメリカもお辞儀をしない国だと思われているんだろうね。日本でお辞儀するということは尊敬の意味だけではなく、単なる挨拶でも同じだよ。これは握手するということと同じ。

FOXニュースはもっと教育を受ける必要がある。

02.アメリカの名無しさん
オバマはきれいにお辞儀していたけれども、同時に握手をする必要はなかったように思う。つまり、手を側に置き、ゆっくりとお辞儀する。これだったらもっとかっこよかった。

なぜオバマが明仁にお辞儀をすることがそんなに大事になるのか?

彼は日本の文化を尊重していただけで、しかも日本の皇室は世界で最古の、それも遺伝的に継続され続けているということを知らない人も多いのではないか。

そういうことを考えればお辞儀をしないほうがおかしいと思います。またオバマは日本にいた。つまり

When in Rome, do as the Romans do
ローマではローマ人のする通りにせよ。の原則に従ったのではないか?

彼はそういうルールに従う人だと思う。

このビデオは、アメリカの愚かさ、無知、傲慢さをまさに表している。”私たちアメリカは、常に正しい”という考え方です。アメリカ人として非常に恥ずかしく思います。

03.アメリカの名無しさん


なぜオバマはお辞儀したんだ?ボケ!もし俺だったら絶対にお辞儀はしなかった。神以外にね。(アメリカでの神とはキリスト教、ユダヤ教、イスラム教の3宗教が同時に信じている一つの神のことで、日本人が思っている仏教や神道の神とは違います)

God→キリスト教、ユダヤ教、イスラム教
Deity→仏教、神道、ヒンズー教

実際に、ビルクリントン大統領も、天皇にはお辞儀していないじゃないか!

04.アメリカの名無しさん
お辞儀をするのは日本で普通なのでアメリカ人の私としても別に何とも思わないけれども、ひとつ言えるとしたら、90度のお辞儀ではなく、45度のお辞儀で別に十分じゃなかったか?くらいでしょうか…。

05.アメリカの名無しさん


この編集、笑える!この件で前例を出すならば、ダイアナ妃でしょう。彼女は天皇に向かって素晴らしいほどの跪礼(きれい)をされていた。

ダイアナ妃は女王ではなかったので、ヒエラルキーに従ってきちんと curtesy した。ただそれだけのことさ。

この反応をみての感想
アメリカからすると、日本は昔はアメリカの敵だった国が日本ですから、当時の昭和天皇の印象が強いことは間違いないと思います。そして、なぜ天皇にお辞儀をしなければならないんだ?と思う人も多いはず。アメリカには王室などがないため、ヨーロッパよりも、王室のマナーやエチケットに疎い人が多い。

ましてや王室と皇室が違うということすら、英語では区別すらされていない。日本では王室と皇室の違いとして、皇室はエンペラーがいる、という風に区別しているけれども英語で歯、王室も皇室も Royal family でひとくくり。

アメリカ人が動揺するのもおかしくないけれども、コメントには冷静なものが結構目立っていました。

ちなみに、オバマ大統領はサウジのアブドラ国王にもお辞儀しています。
「オバマ大統領が、サウジのアブドラ国王にお辞儀した理由」

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」







なぜ米国のオバマ大統領が、日本の天皇にお辞儀しなきゃならないんだ?【アメリカの反応】 なぜ米国のオバマ大統領が、日本の天皇にお辞儀しなきゃならないんだ?【アメリカの反応】 Reviewed by よこいりょうこ on 6月 17, 2017 Rating: 5

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

またまた面白い記事をありがとうございます。自分がもしアメリカ人なら気にしませんね。日本ははっきり言ってアメリカの属国なので形式や体裁上の上下関係にはこだる必要がないと考えます。

でももしこれがトランプなら陛下に対して尊大な態度をとるかもしれませんね(笑)。

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.