新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

日本に対してネガティブに感じる、つまり日本が大っ嫌いな国TOP10【BBC調査】





日本が嫌いな国なんてあるのか?ブログをもう2年以上も書き続けてるのにもかかわらず、そんな発想すら私はしたことがなかったのですが、ブログの記事を書いていくにつれてふと思ったのがこの、日本が大っ嫌いな国TOP20を探してみることだった。

とは言っても、なかなかソースを探すことはできなかったし、日本語で検索しても何も出てこなかった。で、色々な記事を書いているうちに、遭遇したBBCの調査。

それぞれの国について、ポジティブなのか?ネガティブなのか?というふうに答える調査方法です。

私からすると、日本が嫌いな国って聞いて、思いつくのって中国や韓国くらいしかなかった。けれども、このBBCの調査は少し参考になるかもしれない。

この調査をきっかけに、他の国から日本はどう思われているのか?ということを掘り下げていこうかなと思います。(テレビでは同じ層の人たちしか映さないので…)

あくまでも、この調査はBBCが一定の人からのアンケートでまとめたものであり、実際とは違うかもしれないということは言うまでもありません。あくまでも、参考程度に。
 
10 アメリカ(23)
つまり、アメリカでは、5人に1人は日本にネガティブ、もしくは日本のことをポジティブにはとらえていない人がいるということです。戦争を知っている年齢の人たちは、ネガティブに答える人も多くいると思うので、妥当な数字ではないでしょうか?

アメリカでは日本のことを悪く思っている人はほとんどいないと聞きますので、この数値よりも低ければ、親日認定をしてもいいかもしれません。

ちなみにこの数値より低い国名は一番下に書いておきました。

09 イギリス(24)
アメリカと同様、戦争を経験している人たちにとって、イギリスの敵は日本だったので、そういう意味でもこの数字は妥当と言える。また、そもそもイギリス自体、世界の中心国だと思っていると思うので、日本について関心がないので、別にポジティブに思う必要もないのかもしれない。

逆に、日本でイギリスに対してネガティブに思っている割合はたったの2%でした。ということは、日本はイギリスを否定していないけれども、イギリスではおよそ4人に1人は否定しているという、片思いになるのではないか?

08 メキシコ(26)
調査中です。

07 ケニア(26)
調査中です。

06 インド・オーストラリア(29)
正直、インドについてはわからない。けれども、インドに対して一番ネガティブに思っていなかった国民は、日本人とロシア人、ともに(9%)でした。にもかかわらず、なぜインドでは、日本に対してネガティブに思っている人がおよそ3人に1人はいる計算になるのか?これは、とても気になります。

→今後調査中。

けれども、オーストラリアは捕鯨問題ということと、やはり戦時中、イギリスとアメリカ同様、オーストラリアは日本と戦っていたので、そういう意味でも、いまだにオーストラリアには、そういう感情も残っているのかもしれない。まず、オーストラリア人はイギリス系の人たちが多いということや、白人だということを認識する必要があるかもしれない。彼らにとっては、東南アジアやインドなどの植民地解放のきっかけを作った日本という国に少なからずネガティブな感情があるのかもしれないですね。

けれども、やはりインドはナゼ?と思ってしまう…。

05 カナダ・スペイン (30)

日本がスペインをイジメたことなんてあったっけ?(笑)スペインと日本は友好だと思っていたのに…。

最近、皇太子殿下もスペイン王室の方々にお会いしに行きましたしね…。スペインで思い出したけれども、このBBCの調査では、イタリアという国名が出てこないのも気になるところ。(笑)

「1614年にスペインに渡った日本の末裔【ハポン姓】に皇太子殿下が面会する理由」




04 フランス(34)
日本のテレビを見ると、パリで日本食ブームだの、いつも同じようなことばかり報道している。確かにフランスには昔から現在までジャポニズムがあり、日本好きもいる。しかも、パリの街にも日本人タウンみたいな小さなエリアもあるし、日本のサブカルチャーも有名、ジャパンエキスポまで開催されているくらい日本びいきの人が多いと言われている。

一方、それだけ好きな人がいるとすれば、嫌いな人もいるというのがこの数字の結果かもしれない。けれども、34%という数字は、旅行をしたくらいではわからない数字かも知れないし、またそれほど高い数値とも個人的には思えない。


03 ドイツ(46)


これは驚きである。なんと、46%の人たちが調査で、日本についてネガティブなイメージを持っているというのである。46%といえば、人口の半分くらいだと言ってもいい。確かに私も以前、ドイツ語で日本についていろいろ調べていたら、日本について関心のない人が多いような記事を目にしたことがある。

逆に日本人は、ドイツに対して46%がポジティブに思っており、たったの3%がドイツをネガティブに思っていると、このBBCの調査報告書には書かれていますが、

つまりドイツのことを一番ネガティブに思っていない国が世界の主要国で日本ということです。けれども、それとは逆に、46%のドイツ人が日本をネガティブに思っており、またポジティブに思っているドイツ人は、28%となっている。

これが、確かであれば、日本はドイツLOVEだけれども、ドイツはそう思っていないということになる。いずれにしても、ドイツ語で私自身、今後日本に対するドイツ人の考えをもっと紹介していきたいと思います。

もしかしたら、ここにも捕鯨が数字として表れているのかもしれない。考えてみれば、ドイツはベジタリアン大国だった…。そちら側の意識が高いドイツからすると、もしかしたら日本をネガティブに感じる人も多いのか?

一応、ざっくりですが、ドイツ人の意見を英語圏で発見しましたので、こちらにリンクいたします。

「なぜドイツ国民の46%は日本にネガティブな感情を抱くのか?ドイツ人は日本が嫌い?【ドイツの反応】」

02 韓国(79%)
言うまでもないので割愛。

01 中国(90%)
言うまでもないので割愛。


アメリカよりも数値が低い国(親日認定国)
もちろん、この調査で一番日本についてネガティブではないと回答したのは、日本人である(6%)その次に、ロシア・イスラエル(12%)、ナイジェリア(13%)、インドネシア(14%)、アルゼンチン(16%)、トルコ(18%)、ブラジル・ペルー(19%)

日本では、インドネシアやトルコは親日だと言わていますが、これは当たっている。ということになります。また今回、台湾が出てこなかったのは、BBCの調査では中国に配慮したためかと思われます。

ちなみに、この調査は、2014年の調査なので、およそ3年前ですが、3年経ってもあまり国に対してのイメージというのは変わらないので、だいたいあっているのではないか?と思います。

この記事で私が改めて感じたことは、私自身、日本が嫌いな国を公にしているのは、韓国と中国だけだと思っていたのですが、ドイツがやや日本が嫌いの部類に入るという点です。

それ以外は、数値的に日本がネガティブというよりは、どちらかというとポジティブではないという人たちが回答した感じもある。

つまりまとめると、

韓国と中国にとって日本のイメージが悪いことは確かで、次にドイツはややネガティブに思っている人が結構いる、で、フランスはややネガティブに思っている人が結構いる手前まで来ている感じだろうか。

いずれにしてもドイツのこの数字はかなり気になりますね…。

FBでお友達にシェアしたところ、以下のコメントをいただきました!
Hunyakoさん
この手の統計学的手法にはかなりからくりがあるものだと思っていますけどね・・。一つには、中国や韓国のネガティブキャンペーンが実りつつあるのかも知れないですし、たとえばドイツなどでは一時のものすごい中国寄りになったことで、相対的にネガティブ票が日本に流れることになったとか、そんなこともあるのかなぁと思ったり。

一美さん
日本がどれだけ異常な国で嫌われているか知らないのは日本人だけです。「日本凄いですね番組」で悪いイメ-ジを払拭しようと躍起になっていますが、日本人は生理的に嫌いという人も多数います。

加藤さん
インドとメキシコ! 特にメキシコは意外でした。 続報期待しています。

壮英さん
なんで嫌いなのか?嫌いのレベルってあるよね。行ったことないけど嫌い。そこの国の人とはなしたもたこともないのに嫌い。行ったことあるから嫌い。いじめと一緒でみんな嫌いって言ってるから嫌いでいよう。実際みんなどんなレベルで嫌いと言うのか知りたいな。行ったことも会ったこともないけど小学生のころはソ連は大嫌いでしたね。世間のニュースも超ネガティブでした。200海里規制の頃です。北海道の漁民を苛めるソ連め!ブレジネフめ!ってふう。こんな感じでしょうか。素肌感覚でネガティブ。

Yoshikoさん
以前は、買い漁りしていた(バブル期)のが日本だったからかしらf(^^;人権配慮が足りないと見られていたり、震災の時の原子力発電事故後の対応に不信感があったりするかしら、海外でも辛口報道があったとききますが…

安藤さん(中国在住の日本人老人)
中国と言ってもちょこっとしか知りませんし、知り合いのほとんどは外人は私にしか会ったことが無いので「テレビの抗日ドラマに出てくる日本人とは違うな。トレンディドラマに出てくる、やたらにお礼を言ったり、いちいち[はい]とあいづちをうつ日本人だな」と思われています。 従って「本物の日本人は付き合いやすいな」とのご評価をいただいています。日中交流が進めば親日割合は確実に増えると思います。

ドイツに関しては日本を嫌う理由は以下の項目だと考えます。


1.第一次世界大戦でドイツの植民地を取り上げた。(中国の青島や京橋区大宮島←現在のサイパン島)

2.ドイツ人が蛇蝎(だかつ)のごとく、嫌うユダヤ人を皆殺しにしたかったのに、日本陸軍はシベリア鉄道、南満州鉄道などのユダヤ人の運賃を負担して大量のユダヤ人を満州経由、神戸経由、上海などに逃がした。
ベルリンの大島大使経由で何度もユダヤ人の引き渡しを依頼したが日本陸軍は頑として応じなかった。悔しい。

3.日本のテレビ放送開始のときにドイツの特許を買わせたかった。
ところが国会でNHK側の高柳博士は、讀賣側の正力松太郎が連れてきた東北大学の八木秀次博士との論争に負けて、NTSC方式(ラスターを525本で飛び越し走査するやりかた。アメリカのゼニス社の特許をRCAなどが改良したやつ)を採用しやがった。ちきしょー許せん。
(安藤注:しかも八木秀次博士の八木アンテナをイギリスに使われてレーダーの性能でドイツはイギリスに負けたから、ロンドン空襲のときドイツ爆撃機はイギリスのスピットファイア防空戦闘機にいっぱい撃墜されちゃったじゃないか。ばかやろーという怨みも重なったと(勝手に)想像しております。)

Majkoさん
嫌日国というと、わたしオランダかな?と思っていました。ドイツなんだ…!インドは、友達のインド人(日本人以上の日本語おしゃべり)が「俺たちみたいな親日国は…」とか言ってたので、ああインドって日本好きなんだ、嬉しいなあ( ̄▽ ̄)と思っていたらまさかの逆転(笑)

安藤さん
私もオランダだと思っていました。なんせダッチワイフなどというオランダ女をバカにした製品名の抱っこちゃんを一番生産していますからね。不二ラテックスのゴム製品は抱き心地も良いし。ほんと意外でしたね。

Majkoさん
たしかにダッチワイフはトルコ風呂並みに失礼ですよね(^_^;) そしてダッチワイフの由来がものすごく気になって来ました(笑)さらに不二ラテックスが心地いいんですね、情報量がすごいです!

Mitsuoさん
まだ20代の時、オーストラリアに一人旅したときのことなんですがモノレールでオランダの同い年くらいの女性と立ち話してたんですがその女性がモノレールの降り際に「日本人は戦争でひどいことをしたから大っ嫌いだ!」と捨て台詞的にいわれて口あんぐりした覚えがあります。たった一人の女性の意見でこういっちゃぁなんですがオランダ人って日本人に対してよく思ってないんだなぁとその時は実感しました。

Majkoさん
それまで立ち話をしていた女性から捨て台詞を言われたのですか・・・(^_^;) 確か天皇陛下がオランダ訪問された際、かなり大規模な反日パレードがあったとも聞きました。このオランダが10位以下というのは、興味深いですね・・・

千鳥さん
ドイツと日本って産業構造にてるのもあるかもしれませんね。

和美さん
うーーん。未だに海外では日本と韓国と中国をごちゃまぜにする人が多そうだしな・・。

武田さん
嫌われていると思うと、悲しくなってしまいます。 2位から10位のみに共通して言える事は「世界の紛争地に、数多くの兵士を送り、死者を出しているという事」すなわち「日本だけ、世界平和の義務を負わず、金儲けしている」という事ではないでしょうか。

柳樂さん
ドイツ人が日本人をあまり好ましく思ってない理由はわかる気がします。いま、ドイツのメーカーとやりとりしていますが、彼らは論理的で率直な議論を好むように思います。逆に言えば、その場逃れの欺瞞を嫌うとも言えますが、日本人はとかくそう言う面が目立ちますよね。しかも、そうした要素が韓国人や中国人ほど無邪気で分かりやすいウソでなく、過剰な修飾子と形容詞で小綺麗に飾った、その割にはウソであることが分かりきった欺瞞なので、いっそう不快ととられるのかもしれません。まあ、何れにしても欺瞞は北アジア民族の特性でしょう。ただ、そうした傾向も必ずしも全体的で内容で、一部には「アメリカ人か?」と思うくらい良い加減な言い逃れをする人々も居ますね。

竹内さん
ニュースソースの信頼性を担保する要素が欲しいところですね。

Mieさん(オーストラリア在住)
ドイツは原発と汚染では?多分。311の後原発辞めたのでしたか? オリンピックに選手送らないって一旦宣言したし。今はどうなのか知らないけれど。あの原発事故日本より海外の方が報道内容詳しかったし爆発した内容も海外の方がしっかり報道していました。フランスに原発作って汚染物は引き取ると現安倍政権は言っていますね。知識人から見ると狂気の沙汰だと思います。。。が。。。結構あの事故大きい反響だったのですよ。欧米のアジア本部は英国系は香港に米国系はシンガポールに移転したし、実は,,,言いにくいけれど事故直後日本人がそばに来ると汚染が怖いって言っていた人いたのですよ。持ち物などに近づけないと。日本の製品を受け入れなかった国も当時は多かったし。結構大騒動でした。まだ海外の方が風化していないのではないかと思います。汚染に対しても施策なくダダ漏れって今も時々放映されているし, 安倍内閣の信じられない発言はきちんと報道されているので呆れられています。アベノミクスは昨年2月に失敗したとの報道が全世界であったのですが、日本では最近他の件で不信感ですよね。一部マスコミはアベノミクス成功していると書いていますし。裸の王様みたい。海外の方がシビアかもしれません。国際政治実は時々流れるので、失態ばかり知れ渡っているかも。(アメリカ人は中国と韓国と日本人の区別付いていない人多いですよね。分かっているかな)

日比さん
オーストラリアに五年住んでましたが、やはり日本人は(理性のある賢い生き物である)鯨を殺して、食べるのが嫌わられる要因の一つです。後は観光にダサい恰好できて、メガネかけてカメラぶら下げて、ウロウロする。👎イメージです。そして英語も喋れない、何が言いたいかよく分からない、しかし鯨は食う、金はある。意味不明な民族。過去に戦争の時に攻め込んできた。こんなイメージでしょうか。

シンジさん
小生30代の頃世界約30ヶ国50回渡航し外側から見る日本にほぼ失望してました。つまり日本人は概して井の中の蛙、自己中、民度が低いと痛感しました。それ以上に日本社会、政治の民度は最低なんです。30年以上も前の事です。今も何ら変わりないです。自らの落ち度や、欠点を棚に上げいいとこ取りがこの国風。あのCool Japan とか言う犬HK の典型的超バカ番組には空いた口が塞がらない。負の歴史の教訓や反省から目を背ける日本社会、刻々と変化する世界情勢からも深い関心を寄せない稚拙なメディアを見れば一目瞭然。更に亜細亜蔑視の人種差別国家なのです。

Taroさん
ドイツも日本同様に、WW2敗戦国で、戦前をまとめてポイしたいはず。なので、ナチスドイツと同盟した枢軸国の日本には、拒否感があるのではないかと想像します。それと、ドイツ人は背が高いのが多いけど、日本人は体格面では貧相、距離的に遠く、良く知らないのではないか?

井原さん
ヨーロッパ人に関しては、人種差別的な視点も一つ、考慮した方がいいと思います。やはり、黄色人種に対して、いいイメージを持ってない人が多いでしょう。日本が嫌いという感じではなく、アジア人に対する蔑視かもしれません。
毎回、このような調査や統計でいうのですが、中国は、人数に関しては、統計学的に比較できないと思います。90%嫌日でも10%親日なら、それだけで、各国の親日100%(仮)が数国束になっても敵わないくらいの人数(およそ1億人)になりますからね。

永丼さん
カナダとメキシコは住んでましたが、数字が正しいと言う実感はありませんでしたね。

Yasushiさん
中国、韓国はわかりますが、ドイツは意外でした。

金さん(日本在住の中国人)
ほぼ政治上ですね、気にしない気にしない笑

中森さん
好きでいてくれる国・人たちにもっと好きになってもらえる努力した方が健全。

岡本さん
なんとなくの感覚的ですが、わかる気がします。自分は日本人で日本に住みながら、現代日本人気質が大嫌いですから。

松枝さん
ドイツは、もの作りではいい意味でのライバルだと感じてます(中韓とは違う)仕事上、お互いに感じるイライラ感はあっても、ネガティブには感じないけどな、少なくとも自分は

坂本さん
韓国と中国の嫌いが、全然違うと思います。 彼等は置いておいて…仕事上の問題でライバルだったり日系企業で働いてとかあると思いますが、それだけ日本という国、日本人が認識されたんじゃないですかね、日本人も近くに韓国や中国、北ありますが、最初は知らなくて嫌いじゃなくても、知れば嫌いになったりしますからね。それだけ遠くの国などにも影響を与えたり興味を持ってもらえる事になったからだと思います

Meikoさん
りょうこさん、これは非常に興味深いですね!森鴎外がドイツ留学中のことを書いた、いわゆるドイツ三部作を読んだりすると、なんとなくそういうこともあったのかな~ってカンジ。実際、森鴎外は日本のことを馬鹿にした博士と公開論争したっていいますからね。それにしても森鴎外はすごいですね!帰国後にドイツからおっかけてきたドイツ人女性もいたというw

Sahoriさん
戦争当時の日本軍の在り方、その後の対応がいつまでも非人道的だ、というイメージは払拭できないのでしょうね。
また、単一民族で横並び教育を受けてYes.Noが言えない、改革やチャレンジングな事に着手せず、常に見ないふり、真実は政府とマスコミでグルになって揉み消すなど、マイナス面があまりにも強烈過ぎて異常な国と思われる部分はあるのかもしれませんね。留学中、日本人の心も日本社会もテクノロジー以外は後進国と言われた事があります。
ボロクソに言われて国外生活初だった私はビックリしましたが、今となると同感できる部分もあります。でも、他国も同じような部分は多かれ少なかれ持っていると思うので、どうしたら良い国が作っていけるのか、日々疑問を持ちながらどうやって社会を動かしていくか、などを考える日本人でありたいし、諦めず前に進みたいと私は思います。少なくとも、私の周囲の外国人は個人的には友達として私や家族と一緒に楽しみサポートしあい、と共に楽しんでくれます。

青島さん
これが日本人の悪い癖というべきものなのか、とにかく海外からの評価に対して異常なほど敏感。別に相手がどう思ってようが関係ない。そんなこと気にしてたらアメリカなんて国はとっくに滅んでるわけで。結局そういうところがまた外国人が嫌いな理由でもあると思います。仮に気にするのであれば、自分が接した人、一人一人に良いイメージを持ってもらえるように自分が努力すれば良い。まぁこれも結局国籍とか人種に捉われた見方なので、そんなものは関係なく人として当然のことだと思います。その上で「日本人」というインターナショナルな枠組みの中で再構築してもらえれば幸いってことで良いんじゃないんでしょうか?
乱文、長々と申し訳ありません。

柳田さん
僕は欧米のレディーファースト文化が大嫌いですけどね。欧米で男に生まれなくて本当に良かったって思いますね。デートは男が奢るのが当たり前の文化って考えただけで本当寒気がします。

山本さん
cool japan きもすぎる あと you は何しに日本へ? あほすぎる ちなみに私は、右寄りです ・・・・・・

Reference Site
http://downloads.bbc.co.uk/mediacentre/country-rating-poll.pdf

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」





日本に対してネガティブに感じる、つまり日本が大っ嫌いな国TOP10【BBC調査】 日本に対してネガティブに感じる、つまり日本が大っ嫌いな国TOP10【BBC調査】 Reviewed by よこいりょうこ on 7月 18, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.