新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

韓国に対してポジティブに感じる、つまり韓国が大好きな国TOP5【BBC調査】




以前、このような記事を書きました。
「韓国に対してネガティブに感じる、つまり韓国が大っ嫌いな国TOP15【BBC調査】」

結構、見てくださる方も多かったので、逆に韓国に対してポジティブに感じる、つまりつまり韓国が大好きな国TOP10をご紹介することに決めました。

今まで私自身の考えでは、韓国が好きな国ってないのではないか?と思っていました。というのも、考えたことも調べたこともなかったし、日本語で調べてもなんだかよくわからないソースしか見つけられなかったので、今回も依然と同様イギリスのBBC(信ぴょう性があるかどうかは別…)のデータを頼りにTOP10をご紹介いたします。


01.韓国(68)
韓国。。。やっぱりウリナラ(我が国)って私もよく聞いていたので、自分たちの国が大好きなんでしょうね。けれども、韓国の場合、自分の国が大好きな一方、大嫌いな人の割合も多いのが特徴。そういう人はオーストラリアやカナダに移住したいって言ったりします。(私の周りで)

02. ガーナ(63)


ガーナ。これはね、とても不思議なんです。韓国語でも英語でもなぜ、ガーナが韓国に対してポジティブに感じているのかの理由を書いているものはありませんでした。

けれども、実際私が韓国に留学中仲良しだった友達の一人がガーナ人だったし、彼は韓国でこれからも働きたいと言いながら、韓国語も流暢だった。彼は敬虔なクリスチャンでしたが、もしかしたらガーナのクリスチャンと、韓国のクリスチャンが繋がっているとか!?

ちなみに、ガーナの人口は、2500万人と韓国よりも少ない。しかも英語が通じる場所。今後、韓国の親友=ガーナとして定着していくか?そこがカギかもしれない…。

03. オーストラリア(62)
オーストラリアでは、日本・中国・韓国をメインに考えている人が多い気がする。(貿易・政治上で)一方、オーストラリアは文明的には西洋国家なので、興味のあるのはヨーロッパやアメリカが多いという感じではないか?

けれども、オーストラリアで韓国に対してポジティブに思う人が多いのは、なぜなのかは、わからない。以前、オーストラリアで日本語がすごく人気!というような現地の記事を読んだことがあり、記事化したのですが、
「なぜオーストラリアの日本語学習者は、親日国の台湾や同盟国のアメリカよりも多いのか?」
韓流は割とオーストラリアで受け入れらているにもかかわらず、韓国語学習者の数は全然伸びないという現象があったそうです。



04. アメリカ(55)
同盟国という部分が大きそうですね。特に北朝鮮に対して、韓国とアメリカの絆は深い?4位と5位の間にはかなり差があるので、この辺をボーダーラインとしてもいいかもしれません。つまり、4位より上は、韓国に対してポジティブに感じていると思ってもいいかもしれない国。となると、アメリカは同盟国としては当たり前ともいえるので、韓国の親友はガーナとオーストラリアということになろうだろうか?

05. カナダ・インドネシア(48)
カナダにはカナダ系韓国人もいるので、割とポジティブな人が多いのか?またインドネシアではKPOPなどの韓流や、また、いまだに本当の意味の先進国入りをしていない韓国に対して、インドネシアからすると目標というか、近づきやすい位置にあるのではないか?と勝手に想像。

ナイジェリア(46)、英国(45)、フランス(42)、中国(40)、
トルコ(38)、ケニア(36)、ロシア(35)、ブラジル・ペルー(32)、パキスタン(31)、インド(30)という結果になりました。

ちなみに、日本(13)、イスラエル(11)と、この二か国ではかなり韓国に対してポジティブに関する人の割合が少なかった。イスラエルはなぜ?他の先進国に比べてイスラエルの数字が結構気になる…。

Reference Site
http://downloads.bbc.co.uk/mediacentre/country-rating-poll.pdf

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」




韓国に対してポジティブに感じる、つまり韓国が大好きな国TOP5【BBC調査】 韓国に対してポジティブに感じる、つまり韓国が大好きな国TOP5【BBC調査】 Reviewed by よこいりょうこ on 7月 30, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.