多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

クルド語を勉強するメリット、需要、重要性




クルド語と聞いてしっくりくる方も多くはないと思いますが、クルド語というのは、主に中東で話されている言語のひとつで、約1600万人~2600万人ほど話者がいるとされている。日本ではクルド語の情報はほとんどありませんが、簡単にいうのなら、トルコで話されている言語と言ってもいいかもしれません。

クルド人問題といい、トルコでは日本人が在日朝鮮人・韓国人を排斥したがるように、トルコ国内でもクルド人という少数民族であるクルド人が差別の対象になっている。

といっても、トルコには、日本に住んでいる在日朝鮮人・韓国人よりもはるかに多い人口のクルド人が暮らしている。
   
トルコ=1430万人~2000万人
イラン=820万人~1200万人
イラク=560万人~860万人
シリア=200万人~360万人

https://en.wikipedia.org/wiki/Kurds

クルド人は、イスラエル建国前のユダヤ人のように、国を持たない民族です。国を持たない民族の中でも、かなりの人口を持ったクルド人は、中東ではいつも恐れられている。

というのも、クルド人が結束してトルコ、シリア、イラン、イラクのちょうど真ん中あたりに、クルド人の国家を作ってしまう。と、常に恐れられているのです。

そんなクルド人の言語であるクルド語を話せる人は、日本にはたしているだろうか?アラビア語ですら、日本ではきちんと話せる人がいないのに、クルド語といえば、もっと少ない、いや、見つけるほうが難しいかもしれない。



この地図は、クルド人が多いエリアを地図で示している。ほとんどがトルコ東部に集中。また、イラク北部、そしてイランの西部に集中している。

あまり、知られていないというか、日本では中東に関心のある人がそもそも少ないので…。イラクの北部は現在、クルド人のエリアになっています。

ちなみに、なるべく私は易しい言葉でわかりやすく説明している。つまり、イラク戦争というのものがありましたよね?それによってイラクは戦場と化してしまいましたが、その一方で、イラクに住んでいたクルド人たちをイラク北部のクルディスタン地域というエリアに集め、しかもその地区には米軍が駐留しているという、アメリカがお墨付きのエリアがイラク北部にできてしまったのです。これは本当に知られていないことですね。

また言いますが、日本人はそもそも中東に関心がない…。



こちらはイラクの地図ですが、その北部の赤い箇所が、クルディスタン地区です。そして、もっと驚くことに、イラクという国に存在するクルディスタン地区は、超平和な場所でもある。

この映像をみれば、クルディスタン地区が本当にイラクにあるのか?と目を疑ってしまうだろう。

ちなみに映像は、クルディスタン地区の中心地、あるビールという街のものである。あんな大きな池に、しかも整備された住宅、緑豊かな街、歴史的なものが数多く残り、新旧が融合している街である。

本当にイラク?と疑いたくなるかもしれませんが、これが現在のイラク北部にあるクルディスタン地区のアルビールの現状なのです。



将来、もしかしたらここがクルド人の国になり、トルコやシリア、イランにいるクルド人をみな集めて、イスラエルが建国したように、クルド人国家ができるかもしれない。と中東では言われている。

そうなると、クルド語人材も必要になるわけ。この街で普通にクルド語を使ってクルド人たちと話してごらん。

想像しているだけで、カッコイイと思わない?(笑)クルド語を挨拶程度話せるだけでも、私クルド語話せるのよ~って、話のネタになること間違いなし。

だって、クルド語自体知っている人が少ないからね…。



ちなみに、クルド語ってこの人たちが話している言語です。クルド語って言われても、まずは動画とか見て聞いてみないと、しっくりこないものですよね。

こうやってクルド語放送の動画は結構あります。またクルド語と聞くと、どうしてもアラビア語と似ているのでしょう?と思われそうですが、アラビア語とは言語学的には関係なく、インド・ヨーロッパ語族に分類される。ちなみに、クルド語の発音はややアラビア語を連想させるような発音だというふうに個人的には感じる。



この写真はインド・ヨーロッパ語族の言語をいくつかのブランチに分けたものです。

たとえば、フランス、スペイン、イタリア語は同じ色になっていますが、これはロマンス諸語だったり、ドイツ、イギリス、北欧などは、ゲルマン語派。でクルド語はインド、パキスタン、イランなどと同じ、インド・イラン語派に分類される。

などで、エジプトやサウジアラビアをはじめとするアラビア語とは違う。
で、話は戻るけれども、

新たな世界を探しに行く!

とすれば、クルド語も選択肢としてはいいかもしれない。私も挨拶くらいは勉強したいなと思っているところであります。

その前にアラビア語をある程度完璧にしなきゃ…!

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」


クルド語を勉強するメリット、需要、重要性 クルド語を勉強するメリット、需要、重要性 Reviewed by よこいりょうこ on 7月 07, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.