多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

あの意外な国が?2017年世界の企業ブランド価値ランキングTOP10を比較





世の中にはいろんな会社があるけれども、その会社一つ一つにイメージがあったりする。たとえば、グーグルに対する日本でのイメージと世界全体でのイメージが若干違ったりするように、国によってそのイメージは変わってくるもの。

そういう企業ブランドのランキング、つまり企業のイメージって時代とともに変化していく。この記事では、2017年に発表されたいくつかの企業ブランドランキングを比較してみることにする。

BUSINESS INSIDER による調査

https://www.legohouse.com/en-gb/explore/blue-zone

01位ーLEGO
02位ーGOOGLE
03位ーNIKE
04位ーFERRARI
05位ーVISA
06位ーDISNEY
07位ーNBC
08位ーPrincewaterhouse Coopers
09位ーJohnson & Johnson
10位ーMckinsey & Co

8位の会社はこの記事を作成する段階で初めて目にしたものですが、以前翻訳の求人案件をインターネット上で閲覧していた時に、PwCあらた有限責任監査法人、PwC京都監査法人という何やら変わった名前の監査法人があり、これが実は8位の会社だったということが判明…。

少し意外に思えるのは、LEGOの台頭かもしれません。
(ちなみにレゴはデンマークの会社)



グーグルやナイキ、フェラーリ、ビザ、ディズニーは言うまでもないですし、NBCはテレビ局の名前。NBCは、アメリカ合衆国の三大ネットワークのひとつで、ニューヨーク・マンハッタンのロックフェラー・センター(GEビルディング)に置かれているくらいなので企業ブランド価値がかなり高い。

英語のリスニングの勉強をしたいのなら、iphone のポッドキャストで NBCって入れてみると、無料で生の英語が聞けます(笑)

ジョンソンアンドジョンソンは、医薬品メーカーですね。けれども、私はジョンソンアンドジョンソンのコンタクトレンズに不満があったので、私的にはブランド価値がないかも・・?なので、今は日本企業のコンタクトレンズをつけていますがこっちのほうが全然ゴロゴロしなくてよかったです…。

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、世界で超有名なコンサルティング会社。

Reference Site
http://www.businessinsider.com/the-worlds-10-most-powerful-brands-2017-2/#7-nbc-4

ファイナンシャルタイムズおよびブルームバーグによる調査

https://features.en.softonic.com/qq-the-msn-killer-thats-made-in-china

01位ーグーグル
02位ーアップル
03位ーマイクロソフト
04位ーアマゾン
05位ーフェイスブック
06位ーAT&T
07位ービザ
08位ーテンセント
09位ーIBM
10位ーマクドナルド

やはりグーグルは強い。このランキングではほとんどがIT系となっています。また AT&Tとは、アメリカ最大手の電話会社。つまり日本で言えばNTTドコモのようなものです。

またやはりビザが強いことと、IBMやマクドナルド、誰でも知っている会社がずらり。けれども、ここで注目していただきたいのは、日本ブランドが1つも入っていないなか、中国のテンセントがランクインしている点です。

このテンセントは、中国の最大手チャットアプリであるQQを運営する会社。中国ではQQのチャット番号を持つのは携帯電話の番号を持つほど多くいると言われていて、QQを中国でしらない人はいません。

私も以前、この記事で紹介したのですが、
「オンラインで中国人の友達を増やす方法、6つのツールの紹介」

中国の経済が伸びなくても人口の分だけインターネットサービスを利用する人が多いので、今後もこの企業は伸びていくと思うし、その分違う分野に手を伸ばす可能性もある。

Reference Site
https://ig.ft.com/top-100-global-brands/
http://www.millwardbrown.com/brandz/brandz

フォーブスによる調査


01位ーアップル
02位ーグーグル
03位ーマイクロソフト
04位ーフェイスブック
05位ーコカコーラ
06位ーアマゾン
07位ーディズニー
08位ートヨタ
09位ーマクドナルド
10位ーサムスン

フォーブスのランキングではトヨタがランクイン。調査方法によってどうやら違うようですね。けれども、日本ブランドがランクインしたと思いきや、韓国のサムスンもまだ力があるようです。

また、順位100位くらいまで見ていると、日本のブランドでは、

ホンダ>日産>ソニー>パナソニック

というように、まだまだソニーブランドも世界では知られている存在のようですね。けれども、日本人としてはソニーにはぜひとも復活していただきたい(笑)

Reference Site
https://www.forbes.com/powerful-brands/list/#tab:rank

今回の比較で気づいたのは、中国製の企業ブランドが今後ますます伸びていくという点だと思います。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

あの意外な国が?2017年世界の企業ブランド価値ランキングTOP10を比較 あの意外な国が?2017年世界の企業ブランド価値ランキングTOP10を比較 Reviewed by よこいりょうこ on 7月 26, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.