新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

外国人の彼氏や彼女がいたら、英語力は本当に伸びますか?





外国語学びたいなら恋人作ったほうが早いんじゃない?と気軽に言う人がいる。そういう人って結局、どれくらいのレベルで外国語を話せるのだろうか?少し前の出来事ですが、カナダにいたとき、日本人とカナダ人の交流会などで、気取った日本人女子がいかにも私の彼は白人のカナダ人よ~!?みたいな感じでわざわざ交流会に来ていたのを目撃した。

彼女といえば、私はセレブ。と完全に思いきっているタイプ。私は女王ありなのよぉ~!?みたいな…。

隣に白人の男子がいるだけで、カナダに留学している白人に相手にされない日本人女性はどうしてもみてしまうのだ。( ´艸`)
けれども、そういう場面に何度も遭遇するうちに気づいたのが、英語が話せないからそうやって白人男性と付き合っている日本人女性って結構多いのですよね。

英語が話せないうちは、どうしてもネイティブ、特に白人と付き合いたいという欲望みたいなものが芽生え始める。せっかく留学しているのだから…。みたいな感覚です。


ネイティブと付き合ったら英語力伸びますか?


答えはYESでもありNOでもある。というのも、まずは付き合う前にその人自身にどれだけ英語の語彙力があるのか?文法力があるのか?なども考慮しなければならない。

中学校英語すら復習したがらない人たちが外国人と付き合っても、そりゃ伸びません。基礎がきっちりできていることが条件で、それができていないと、ただ相手が話したことを真似するだけの真似っこちゃんになってしまう。

つまり、小さいこどもがお母さんの言っていることを特に何も考えず、真似するだけ。

けれどもネイティブの彼氏ができると、シチュエーション別にどんなことを言えばいいのかが分かってくる。たとえば、一緒にカフェに行ったら、店員に対して、これが欲しい。と言っている彼を見て、あ~こうやって言えばいいのね?とか、そういう日常生活の範囲での簡単な英会話などはすぐに真似して覚えることができる。

けれども、これが3分間のスピーチを人前でしなさい。といわれたときに、話してすぐにできるかといえば、中学校英語も復習したことのない文法などを知らない人が、ただネイティブと付き合っただけでは、きちんとしたスピーチはできない。

しかも、自分自身も文法などに自信がないため、言葉に自信がなくなり、弱弱しく話してしまう。ということになってしまう。

けれども、外国人の彼氏を作って、自分自身も日々勉強できる人は、何倍も伸びていく。

要するに自分次第ということですが…。

私の元彼、元カノで考えると…!?

私はドイツ人、アメリカ人、フランス人、中国人、韓国人など、いろんな国籍の人と付き合ってきましたが、すべて英語でやり取りしていました。けれども、恋人って話すことってだいたい決まってくるんですよね。この中で、アメリカ人は、彼女でしたが、(女同士で付き合っていましたw)

彼女も私も言うことはだいたい決まってくるので、英語を話しているというよりは、いつもお互い同じような会話をしているので、ただキャッチボールをしているだけの感覚。会話の中で、考えているということはない状態。

つまりマンネリ化してくるのです。

それだったら、英語だけの勉強会に行って、英語で議論するなどするほうが、多方面の語彙を磨けるし、自分で意見を論理的に発信する力もつくので、

さまざまな勉強会に参加することが本当に使える英語を鍛える一番良い方法だと思います。

どこまで伸ばすか?がポイント
つまり、ちょっと頑張ろうと思ったらネイティブの彼氏や彼女を作らなくてもできる範囲の日常英会話なら、彼氏や彼女を作ることで、さらに加速してすぐに覚えることができる。

基本的に、恋人と話す言葉って子どもたちが使うような言葉なので、簡単な言葉で長いセンテンスを作るようになることもできる。けれども、それで語彙数が上がる。ということではないと思う。

ビジネスで英語を使うには、簡単な単語を繋ぎ合わせて話す力と、その職種に必要な単語を把握していなければならない。要するに、どのレベルまで英語力を伸ばしたいかによると思うのです。

つまり、小学生レベルの英語を習得したいのなら、外国人の恋人を作って、たくさん喧嘩したりすることで、感情表現が豊かになれる。けれども、それ以上、先に行きたいのなら、恋人をキープしつつも、勉強会でアウトプットすることが重要と私は考えています。



外国人の彼氏や彼女がいたら、英語力は本当に伸びますか? 外国人の彼氏や彼女がいたら、英語力は本当に伸びますか? Reviewed by よこいりょうこ on 7月 10, 2017 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.